記事提供:Conobie

ああ…子供って、やっぱり親のすることをちゃんと見ているのですね…。

ある日、長男が末っ子を愛でていました

上から6歳・4歳・2歳・0歳の我が家の子どもたち。その中でも0歳の末っ子は家族のアイドルです。特に長男は末っ子が可愛くて可愛くてたまらないらしく、一緒に遊んであげたり、甲斐甲斐しく面倒を見てくれたりします。

そんな長男が、いつものように末っ子を愛でていました。

鼻の下を伸ばしながら、甲高い声で「うふん♡きゃわいいね~♡」「こっち向いて♡んふふ♡きゃわいいん♡」今日はいつになく愛で方がハードだな…。と思いながら様子を見ていると、

次第にエスカレート…。満面の笑みで笑いかけると、にこっと笑い返してくる末っ子。末っ子の笑顔が見たいあまりに、怪しすぎる動きをする長男。

興奮状態の彼はこのあと更にエスカレートし、

「けいちゃん!!こっち向いて!!」

「クンクン…ああ♡いい匂い♡」

「けいちゅわん♡ほらっ!!ほら見て!!きゃっ♡笑った♡」

と甲高い奇声を発しながら、末っ子の周りをガサガサと動きまわる長男。兄の「異変」に気づいた長女が、

と報告しに来てくれました。

そうだよね…。兄ちゃん、ちょっとおかしくなってるよね。でもね、しょうがないんだ。

母ちゃんも同じことしちゃってるから。声の高さ、調子、顔つき、動き。全てにおいて母の「完コピ」だった長男。ああ…よく見てるのね…。

(そうか、母ちゃん、こんなに異様な状態なんだねいつも…。)

と我が子に気付かされました(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス