出典 https://twitter.com

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)最近も、一橋大学ロースクール(法科大学院)3年の男子学生が、同性愛をLINEで暴露され自殺をしてしまうという事件。皆さんの記憶にも新しいと思います。テレビではオネエと呼ばれる方々が活躍していますが、実際、LGBTへの偏見は今だに根強いものです。

もし、友人だと思っていた人に告白された時、あなたはどうしますか?

LGBTとは?

出典 https://ja.wikipedia.org

レインボーフラッグはLGBTのシンボル

性的少数者を限定的に指す言葉。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの人々を意味する頭文字である。LGBという頭文語は1980年代中期頃から使われ始め、Tを加えたGLBT(LGBT)という言葉は日本では、1990年代頃から使われ始めた。

出典 https://ja.wikipedia.org

同性婚を認めた国は20カ国以上、インドでは最高裁が第3の性を法的に認めると最高裁が判決を出したとのこと。

Twitterユーザーの岬千皓さんが投稿した『あなたに知ってもらえるだけで心が楽になるんです』という漫画が今、話題になっています。

同性に好意を寄せる自分自身に戸惑っている人は確実にいます。家族にも相談できずに今も悩んでいる方もいると思います。

悩みに悩んで、きっと死ぬほど悩んで告白。その勇気って凄いと思うんです。当事者ではないけれど、恐怖すら感じるのではないかなと考えてしまいます。そして、告白されたあなたも悩むと思うんです。でも、分かり合えることって大切なのではないでしょうか。

出典 https://twitter.com

大好きな友達に隠し事をしたくない。思い切って告白したら…去られたと思った瞬間、戻ってきて「どういう子がタイプか教えてよ」自然に受け入れてくれた友達。そして、安心した表情の女子。

「好きだからこそ、本当の自分を知ってもらいたい」ただそれだけ。お付き合いするとか特別な関係になるとかではない。等身大の自分を受け入れてもらえる安堵感。これだけでも一人悩み続けた孤独感から解放されますよね。

この投稿は大きな話題を呼び、15,000以上のリRT、20,000以上のいいねがついています。このツイートをみた人達の反応は?

※権利者の許可を得て掲載しています。

短い漫画の中にたくさんの気持ちがギュッ詰まっています。

受け入れる心の余白はいつも持っていたいですね。

「私とは違う。でも、こういう人もる」と認めることって大切だと思います。

ホント失礼。みんなそれぞれタイプがあるんです。

素晴らしい!

電通におけるダイバーシティ(多様性)課題対応専門組織「電通ダイバーシティ・ラボ」(以下、DDL)は、この4月に全国69,989名を対象に、LGBTを含む性的少数者=セクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT層)に関する広範な調査を実施しました。その結果、LGBT層に該当する人は7.6%

出典 http://www.dentsu.co.jp

日本国内のLGBT人口は全体の7.6%。セクシュアル・マイノリティに関しては世界中でいろんな調査がありますが、概ね人口の3〜5%と言われています。これは、100人いれば3~5人、30人いれば1人はセクシュアル・マイノリティであるという確率。
しかし、筆者もそうなのですが『周囲にこのような人がいない』と思うことありませんか?それは…

いま私は、自分のセクシュアリティ(レズビアンであるということ)を家族や友人など周りの人へカミングアウトせず、必死に隠して学校へ通っている。
「彼氏いないの?」と言われるたびに、何と返事をしようか悩みながら、「今は恋愛に興味がない」とか「勉強の方が大事だから」と返事する。それでも「いい男の子紹介するよ!」などと熱心に言われて困った時は、「遠距離恋愛中の彼氏がいる」とありもしない嘘を言う事もある。
そこまでしてても「LGBT当事者であることを隠さないといけない」と感じる空気が、この日本にはまだある。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

LGBTへの理解が深くなってきたと言っても実際はこのように自分のマイノリティーを隠しながら生活している方々が多くいます。

周囲にいないのではなく『隠して生活している人達が多い』その理由は、やはり偏見の目。彼らが悩んでいるのは偏見の目を作り出す社会なのかもしれません。乗り越えなければいけないのは、そういう空気を作り出す社会。

「気持ちが悪い」「ちょっとおかしい」という人も実際、筆者の周囲にいます。けれど、男子が男子に恋をしても、女子が女子に胸をときめかせても、それはそれで素敵なこと。人にも個性があるように、愛にもいろんなカタチがあるって言うじゃないですか。

否定する必要もなければ、正解も必要ではない気がします。思い切って打ち明けた時、岬さんの漫画に出てくる友達のように「どういう子がタイプなのか教えてよ」この一言がどれだけ救いになるのか…

セクシュアル・マイノリティの問題はとてもデリケート。けれど、これから広く理解していく必要があります。「偏見の目を作り出すのは社会」その社会を乗り越えなければならない。そういう社会って単純に"ダサイ"と思ってます。

そして、幼い子ども達の中にも「ちょっと自分は人と違う」と悩んでいる子が確実にいます。いじめにも繫がる危険があります。まずは、「偏見の目を作り出す作りだす社会」ここから終わりにしませんか?皆さんはどう思いますか?

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス