秘境ツアー、パワースポット巡りなどでもてはやされ、既に掘りつくされてしまった感のある日本国内の穴場スポットたち。

本当の意味で“秘境”と呼べそうな場所はもう見当たらない、そんな風に思っていたのですが…

なんて絶佳!まるで「シシ神の森」に迷い込んだ錯覚に襲われる…

出典 https://twitter.com

森の精霊が現れてもおかしくないような絶佳に吸い込まれてしまいそう…。

まるでジブリ映画『もののけ姫』に登場するシシ神の森を思わせる光景ですが、ここは山形県飽海郡遊佐町にある「丸池様」という場所です。

地元の方でさえ、この場所の存在を知らないという人も多いそうですが、まさに秘境と呼ぶに相応しいスポットなのです。

丸池様は、直径20メートル、水深5メートル、湧き水だけで満たされた池、水の色は幻想的なエメラルドグリーンです。光の加減により微妙に色を変えていきます。

透明な池を見ていると、底の方からボコボコと水が湧いている様子が見られます。後三年の役(永保3~寛治元年/西暦1083~87年)で、鎌倉権五郎景正が敵に目を射抜かれ、三日三晩その敵を探し求め見事に討ち取ったあとにこの池で目を洗ったため、この池に住む魚は、鎌倉景正に敬意を表して“すべて片目である”と言われています。

鳥海山大物忌神社の境内地であるため手つかずの社叢(しゃそう※神社の森)が残っています。地域住民からは古くから信仰の対象として大切にされてきました。

出典 http://www.mokkedano.net

いまにもコダマが頭をカクカクさせながら、あなたのすぐ傍を通りすぎる。そんな幻想の世界へといざなう、丸池様の魅力を紹介します。

訪れるたび様相を変えるエメラルドグリーンの水面

古くから池そのものをご神体として崇められてきた「丸池様」。この池は鳥海山からの湧き水だけで作られており、冷たく澄みきったその池の水は、美しいエメラルドグリーン色。

差し込む光の影響でその色味を微妙に変えるので、訪れるたびに様相を変えます。さらに池底には倒木が腐ることもなく、まるで水竜のようにうずくまっているように見えるのです。

なぜ池なのに“様”という敬称が付いているの?

出典 https://www.facebook.com

“池様(イケサマ)”という言葉の響き的にこんな感じのイケメンを想像してしまいましたが、“様”の敬称で呼ばれるのは先述にもあったよう、この池自体が神社のご神体になっているからです。

神様がお住まいになっている神聖な場所であることから、地元の方たちも敬意を払ってそう呼んできたのだそう。

「シシ神の森だ。そこでは獣はみな大きく、太古のままに生きていると聞いた…」という『もののけ姫』のジイジのセリフが脳内をよぎります。この場所は、太古のままで時が止まってしまったかのように感じられるのです。

ちなみに丸池様は、JR吹浦駅から車で5-10分ほどの距離ですが、観光用スポットとして整備された土地ではありませんので、十分な備えをしたうえでお出かけくださいね!

これほどに幻想的な場所、何かご利益的なものを期待してしまう…

Licensed by gettyimages ®

日々の仕事や学業、育児、家庭、恋人、人間関係と、現代人は疲弊しきり、心も身体も常にデトックスを要求しています。

近年、丸池様はパワースポットとしても大人気なので、パワー不足を痛感しているのならその御利益にあやかって足を運んでみるのもいいですね。

「目の神さま」としても信仰されている

Licensed by gettyimages ®

記事の最初の方で少し触れていますが、この池に住む魚は鎌倉景正に敬意を表して「すべて片目である」と言われており、目にまつわる伝説から「目の神様」としても信仰されています。牛渡川に隣接する神聖な池の水を目につけると、目が良くなるなんて言い伝えがあるくらい。

毎日のようにパソコン使いで目を酷使されている方は、サプリや目薬に頼るよりも此処の水でパシャパシャしたらもしかして…。

昔のまま、美しい状態を保全している丸池様

出典 http://www.mokkedano.net

出典 http://shonai-yamagata.com

こちらは丸池神社本殿。

神池を拝むような形で配置された丸池神社本殿。縄文時代から現代に至るまでの、様々な水にまつわる信仰文化が残る貴重な史跡です。

出典 http://shonai-yamagata.com

立て看板でも紹介されているように、丸池様は自然の湧き水のみを水源としており、その水温も一定に保たれています。「けっして魚など捕ってはなりません」とあるよう、人の介入で池を汚すようなことがないよう呼びかけられており、地元の方は当然にしても県外から訪れる観光客たちも、そのマナーを遵守されています。

耳をすますと聴こえてくるのは、風で木々が揺れる音、地面に落ちた葉っぱを踏み鳴らす音、小鳥のさえずり、それくらいのもの。そんな場所に長時間居ると、まるで自分が森と一心同体になったような不思議な感覚を覚えます。

そうした雰囲気から、池そのものがご神体とされていることも頷けてきます。「あ、此処には間違いなく神さまが住んでいる」そう感じさせる自然の迫力が物凄いのです。

それゆえ、あなたもくれぐれも荒らし汚すべからずです…。

丸池様を訪れた人たちの声も紹介します

Licensed by gettyimages ®

・ここはオススメ、行ってみてくれ

・水が透き通っててやばみだった

・(´;ω;`)美しい…

・満足だった

「パワースポット」といった言い方は、どこか陳腐な表現に聞こえてしまいそうですが、オフを利用して此処でゆっくりとしたひと時を過ごせば、日頃の疲れもどこかへ吹き飛ばしてくれそう。

そんな開放感と、都会の喧騒のなかでは味わえない穏やかな静けさが、あなたを待っています。

丸池様で、夏を締めくくってみては?

出典 http://shonai-yamagata.com

住所:飽海郡遊佐町吹浦字七曲堰東56
TEL:0234-72-5886 (遊佐町企画課観光物産係)
アクセス:JR吹浦駅から車で5-10分 日本海東北自動車道 酒田みなとICから車で25分

この記事を書いたユーザー

hiraku このユーザーの他の記事を見る

ヘタクソながら執筆してます。読み手の発見、驚き、笑顔につながるような内容を心がけています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス