記事提供:しらべぇ

「鍋焼き」といえば、うどん。と、全国では相場が決まっているが、高知県にはちょっと変わったB級グルメがあると言う。それが、「鍋焼きラーメン」だ。

■須崎市が押すご当地ラーメン

ラーメンなのに「鍋焼き」というこの変わったメニューは、高知市ではなく、東西に長い高知県でも中西部の須崎市の名物。絶滅したニホンカワウソが最後に目撃された、自然ゆたかな地域だ。

そこで、しらべぇ取材班は道の駅「かわうその里すさき」でオススメの店を聞き込み。さっそく訪れてみた。

■おみやげも空港で売られる「橋本食堂」

鍋焼きラーメンの元祖は「谷口食堂」だが、現在は閉店。こちらの橋本食堂は、空港や高知県アンテナショップなどでおみやげが売られる、歴史ある人気店。

昼どきはかなり行列するが、取材班は惜しくも間に合わず、この日は営業終了。また、近くの名店「まゆみの店」も、この日は定休日。

■高知市内でも食べられる

須崎取材は空振りに終わったが、高知市内にも鍋焼きラーメンが食べられる店はある。須崎市に本店がある「千秋」もそのひとつ。

メニューは、鍋焼きラーメンとご飯のみという潔さ。ちなみに、「並=少なめ」「大=普通サイズ」なので、注文の際は気をつけよう。

■本当に「土鍋」で出てくる

オーダーして出てきたのは、まさに「鍋焼きうどん」の見た目。しかし、フタを開けると…

たしかにラーメンだ。具は青ネギとチクワ、細かく切った地鶏肉。真ん中に生卵が乗っている。ストレートな細麺で、鍋焼き状態で食べるためか、やや硬めだ。

■「卵の混ぜ方」がポイント

卵の混ぜ方を間違えると、スープが白く濁ってしまうため、一度スープや麺に卵をひたし、うまく半熟状態にしよう。微妙に火が通った黄身に麺をからませると、コクが出て絶品。あっさりとしていながらうま味がある鶏ガラスープともよく合う。

ご当地ラーメンとしての知名度はまだ今ひとつだが、他ではなかなか食べられないため、ラーメン好きにはぜひオススメしたい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス