こんにちは。イケダハヤトです。

移住して一週間が経ちましたが、いやー、いいですよこの生活!

トマトが安い!メシがうまい!

何がって、もう食材が違いすぎるんです。特に野菜。値段が安いのはもちろんなんですが、いちいちおいしいんです。にんじんはホクホクだし、キャベツはバリバリだし、にんにくは香りが強烈だし、トマトは甘くて濃厚だし…高知暮らしなら「ベジタリアンになれ」といわれても、割と普通に受容できそうなレベルです。あ、もちろん果物もやっすいし美味しいです。

そして何よりトマトが安い。これはヤバい。これまで見た最安は、4kgで680円という投げ売り価格でした。さすがにこれは多すぎるので買えませんが、概ねこんな価格で買えます。100円で2〜3玉は普通。東京はトマト1玉100円とかだったので、生活が変わりますね。

もちろんカツオをはじめとする魚介、そして肉類も美味しいです。お肉はすでに安い肉屋を見つけました。魚介はまだ激安と言える場所を見つけてないんで、ひきつづき探索します。

食事って毎日のことじゃないですか。旬の食材が安く手に入るというのは、本当にQOLに影響を与えますね。東京のみなさんはトマトの値段を見てビビってください。

街が小さくて超便利!

移住前からわかっていたことですが、やはり高知市街はかなりのコンパクトシティで、利便性が高いです。中心部は坂道がほとんどないので、自転車を買うと非常に快適。雨と直射日光だけ対策が必要ですが、大した距離ではないので何とでもなります。

田舎は車がないと無理だ!みたいな声は多いですが、高知の市街地の生活に関しては、それは必ずしも妥当ではありません。遠方に行こうと思ったら車はどうしても必要ですが、普段の生活では車は不要です。これはもう、何気にレンタカーだけでいけるんじゃないかなぁ…。

あ、もちろん満員電車とかないですよ。イベント会場とか、飲み会もチャリで行けます。コンパクトシティってすばらしい…。

カフェがいけてる!

高知は人口に対するカフェの密度が全国トップらしいです。なのですばらしいカフェがたくさん!

「光の種」が早速気に入ったんですが、なんと酵素玄米が食べられます。オーナーの方をインタビューさせていただいたんですが「手間が掛かりすぎるんで、普通のお店では無理ですよ!」と力説なさっていました。後日記事をアップするのでお楽しみに。一押しですよ。禁煙ですし、家族連れでも来店できます。

こっちはいわゆるノマドワーカーが少ないので、日中のカフェはかなり空いています。ほぼ貸し切り状態。電源とWi-Fiがないのでそこは注意ですが…。

自然がすばらしい!

いやもー、自然環境がいいんですよ。山からの風ってすごい気持ちいいんです。目の前は山だし、ちょっと歩くと大きな川だし。なんですかここは。半端ない別荘感。毎日幸せすぎる。

食に加えて、風景という観点でも、四季を身近に感じることができます。東京ではなかなか難しいことですよね。山が色づく秋が楽しみです。

日が長い!

これ面白いんですが、高知ってけっこう日が長いんですよ。この時期だと7時半くらいまではなんか普通に明るいんです。調べてみた感じ、東京より20分くらい日の入りが遅いみたいです。なるほど、どうりで。

移住した高揚もあるかもしれませんが、日の入りが遅いせいか、活動時間が長くなるんですよね。この原稿書いてるの23:30なんですが、東京で暮らしていた時分はこんな遅くまでパソコンを開くことはありませんでした。

仕事量を減らすために移住したのもあるので、何気に目的とはズレているんですが、まぁ気持ちよく働けているので結果オーライとします。読書時間に使おうと思います。

どんどんつながる!

人とのつながりもバシバシ増えておりまして、早速県知事と一緒にイベントに出たり、移住担当の方と繋がったり、土佐山アカデミーの方々に巻き込んでいただいたり、まぁ高知の方々はなんとオープンなのでしょう。ホントみなさんありがとうございます。コミュ障なので大変助かります。

高知県への移住希望者に、県内の空き家一軒プレゼントします–。こんなユニークなイベントが6月7日、都内で開催された。主催は高知県のNPO法人・土佐山アカデミーで、会場には高知県の尾崎正直知事も駆けつけた。このほか、高知への移住を発表し、Yahoo!ニュースはじめネット上で話題を集めたブロガー・イケダハヤト氏も登場した。

出典 http://www.advertimes.com

近所の方々とのつながりもできつつあり、うまく地縁を作れそうです。東京に出張する際、ぼくが家を空けることになるので頼れる人と近くに作っておきたいですね。

知事がイケてる!

地味にいいのは、高知県知事がかなりイケてるんですよ。知事コンの際にちらっとお話しましたがキレッキレです。それでいて人間味も豊かな方で、この人はヤバい!と一気に引き込まれました。

地元に住む方の話を聞くに、やはり尾崎知事になってからは色々変化が起こしやすくなったそうで。まぁ、「知事コン」とかやっちゃうわけですからね。ノリが違う。高知県としても移住促進は本気でやっていくそうなので、ぼくもコミットしていきたいと思います。いやー、いいタイミングで移住したなぁ。

観光スポットだらけ!

高知ってそもそも観光地なので、見所がありすぎてヤバいんです。毎日のように開かれる露天市(街路市)、ひろめ市場、海、山、川。レストランのクオリティも高く、イタリアンが妙にうまいんですよ。人口比でカフェの件数が日本一らしくて、いけてるカフェもたくさん。カフェ巡りが好きな人にはたまらない土地だと思います、ここ。

こちらは高知のブロガー、Uさんに連れて行ってもらった「五台山」。あまり観光客は訪れないスポットだそうですが、すばらしい場所です。植物園もあるので、丸一日観光を楽しめます。車で市街地から15分くらい。

徳島、香川、愛媛と近隣の県の観光もできるわけですし、なんというかこれは感動に値します。週末は毎週四国観光できちゃいますね。すんばらしい。

予定が入らない!

すばらしすぎて泣ける!これがぼくの7月のカレンダーです。ヤバい!こんなガラガラでいいの!?

東京にいるとどうしても人と会う機会が発生したり、断りにくい面白い仕事が入ってしまったり、まぁどんどん消耗していくわけですね。高知に越したおかげで、のんびりと創作活動に打ち込めそうです。ぼくに会いたければ高知まで来てください。えぇ。

移住のデメリット…は皆無ですね

とりあえず現時点においては、移住したことによる悪影響めいたものは微塵も感じておりません。ホント、移住してよかった。こんなにすばらしいとは思ってませんでした、逆に。

PCとネットさえあれば生きていけるクリエイターたちは、マジで一度移住してみるといいですよ。まずは一週間ほど滞在して、次は二拠点居住からでも。きっと「東京より全然いいし!」と気に入って高知県民になるはずです。

ぼくは高知市にいますが、高知県は広いので、他にも面白い場所がたくさんあります。梼原、土佐山、香美あたりがいい感じですね。土佐山と香美はお試し移住のプログラムも用意しているので、雰囲気を感じたい方は気軽にトライしてもよいでしょう。

あ、土佐山は起業家向けに「半年無料」でシェアハウスに滞在するプログラムも始まりました。気になる方はぜひ。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス