質問者さんが怒ったのはふざけた息子さんに対してでしょうか。

それとも、ふざけた息子さんによって『親である自分が恥をかかされた』と感じたからでしょうか。

気になったのは息子さんの行動でしょうか。

それとも、先生や周囲の人の目でしょうか。

息子さんは英語の授業好きですか?

授業についていけていますか?

ふざけたのは、その日だけですか?

それともいつもですか?

どんなタイミングでふざけ出しましたか?

それによっても、息子さんの行動の理由や気持ちを探るヒントが見つかったり、息子さんへの対応は変わってくるかなぁと思うのですが。

ふざけてしまった息子さんに対して「叱る」ではなく、「怒って」しまったのでしたら。

しかも、あなたがお子さんを怒ったことで、こうしてあなた自身も傷付いてしまうような怒り方をしてしまったのなら。

ふざけた息子さんの何が許せなかったのか、掘り下げて自分に質問していくといいと思います。

『どうしたの?』って。

『なぜそれが許せないの?』と自分に聞いて、そこから出た答えにも、『なぜそう思うの?』と繰り返し芋づる式のように、自分にまず聞いてみてあげて下さい。

そしてその怒りは本当に「あなたの」怒りだったのか。

あなたが過去に経験した「誰かの」怒りではなかったか。

その価値観は本当に自分のものであったのか。

探してみて下さい。

ふとしたところに「大丈夫だよ」と言って欲しかった昔の自分が隠れているかもしれません。

そして自分のコントロールできない怒りはどんな時に起こるのか、自分のパターンを見つけてみるといいと思います。

今回の質問者さんも、コントロールできないほど怒ってしまう場面は他にもないか…。

書き出してみて視覚化するだけでも、ちょっと意識の向け方が変わるかもしれません。

コントロール出来ない感情があるのなら、まず向き合うべきは自分自身の気持ちだと私は思います。

気付いたら、変われます。

大丈夫です。

息子さんに英語の授業が好きか膝の上で抱きしめて聞いてあげて下さい。

息子さんがその日出来たことを見つけて「こんなことも出来るんだね!頑張ってるね!!」と声をかけてあげて下さい。

そして「でも、あなたがふざけたり騒いだら先生の話を聞きたい他のお友だちはどう思うかな。きっと困っちゃうんじゃないかな」となぜ授業中にふざけてはいけないのか、息子さんと一緒に意見を出し合ってみて下さい。

何かを注意する時に、ひとつ相手を認めてあげる言葉があると、より相手のこころに届きやすくなると思いますよ。

イライラと子ども

「叱る」と「怒る」

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス