海外生活をしたことがある方なら1度は必ず経験するであろう文化の違い。驚きの面白おかしいその数々の違いについてご紹介してきます!

■ゴミ収集車

出典 https://www.youtube.com

驚きましたか?これはオーストラリアのゴミ収集車です。

このロボットの様な車の仕組みもそうですが、ドライバーさんの技術が素晴らしいですよね!

技術こそ必要ですが、日本のように人が巻き込まれてしまう事故の恐れもないし、直接ゴミに触れることもないので、清潔で安全です。

出典 YouTube

ゴミ収集車が来たときは今でも私は彼のようにはしゃいでしまっています。

■食器洗い

Licensed by gettyimages ®

そんなものに何の違いがあるの?と思いますよね。私がオーストラリアで生活するにあたって、1番驚いたのは食器洗いと言えるかもしれません。

基本的にお皿やコップ等は食器洗浄機を使うのですが、その他フライパンやまな板などは手で洗います。その際、シンクに洗剤を入れてお水を溜めて、洗うものを付け置きして、軽くスポンジでゴシゴシ洗って、お水から引き上げて終了です。

皆さん何かおかしいと思いませんか?

そうなんです。洗剤のついたお水を洗い流さないんです!!

泡がたくさんついたまま水が切れたら、ササっとふいてはい出来上がり。それ出来上がってないですよ!身体に悪すぎる!と衝撃でしたが、郷に入れば郷に従え、、です。

■食事中のマナー

Licensed by gettyimages ®

ズルズルズル!麺をすするこの音を聞くと、私達は逆にお腹が空きそうですが、これはご法度です。

ただオーストラリアにはアジアンレストランがたくさんあるので、場所によるといったところでしょうか。

こちらでズルズルと麺を食べるのは非常にマナーの悪いことなので、オージーの中で音を立てることがそもそも出来ない方が大勢いらっしゃいます。

少し内容がそれますが、レストランでは日本の様に大きく手を振って、すみませ〜ん!と大きな声で店員さんをよぶのは非常に失礼なこと(多くの、特にアジア人がやってしまいがち)ですので、こちらも注意が必要です。

■風邪をひいたとき

Licensed by gettyimages ®

皆さん、風邪をひいちゃったな~鼻水が止まらない!ジュルジュルー!っと鼻をすすってしまいがちでは?

オーストラリアでは絶対にやってはならない行動ベスト3ぐらいでしょうか。

これは非常に不愉快と思われる行動なのです。

すするのではなく、思いっきりフーーーーン!っと出したらいいじゃない!と男女、年齢問わず、皆んな豪快にフーーーン!っと鼻をかみます。

たしかにそのほうがスッキリしますよね?!

■清潔への意識

Licensed by gettyimages ®

日本人は本当に綺麗好きで、家、外出先と清潔に関して心配なことはあまりないですよね?

ここで、私と彼の部屋の天井に穴が開いてしまったときのお話しをします。

工事の方がやってきて準備が整ったしりからドーンと天井を壊していきました。ベッド、かけてあった衣類、もちろん部屋中が粉まみれです。

帰り際、ベッドカバーは洗ったほうがいいよ~バーイ!っと帰っていきました。

その光景が冗談かと受け入れられずしばらく動けなかったことを覚えています。日本人が神経質すぎるのかオーストラリア人がガサツすぎるのか。。。

■挨拶

Licensed by gettyimages ®

日本での挨拶はお辞儀、握手をすることが多いと思います。

オーストラリアでは初めて会う方は初めましてで握手、お別れの際には“ほっぺに一度キスとハグ”(男性と女性、もしくは女性同士の場合)が基本です。

もし過去に会ったことのある方なら、最初も最後も“キスとハグ”(同じく男性と女性、もしくは女性同士の場合)で挨拶をします。

キスといってもチュっと音を鳴らすだけのものですが、長く住んでいる間にある変化に出会ったのです。

60歳台前後の方(彼の親族など)の中で口にキスをしてくる方が!さすがに女性同士でですが、初めは衝撃でした。でも親しくなった気持ちをこめてしてくださっているので今は嬉しく感じています。

■バス

Licensed by gettyimages ®

オーストラリアのバスはアナウンスがありません。

電光掲示板ももちろんありません。

みんなどうやって降りる所はここだと分かる技術を持ち合わせているのでしょうか。
魔法か何か使ってるの?と不思議で仕方ありませんでした。

みんな初めてのところへ行く際は、必ず運転手さんに目的地へ行くバスかどうかを聞いておきます。

そうすると、その場所が来た時に運転手さんが教えてくれるはずですよ!

ご安心を。

■フロアの数え方

Licensed by gettyimages ®

オーストラリアでは日本の様に1階のことをファーストフロア(1階)とは言いません。

1階のことをグランドフロア、2階のことをファーストフロア、3階のことをセカンドフロア、と2階以降は言葉での階数がずれていきます。

混乱してしまいがちですが、現地の方との待ち合わせをする際は要注意です。

セカンドフロア(オーストラリアでは3階)で待っているよ!と言われてい2階に行き、どこにいるの?とお互い待ちぼうけをした経験があります。


いかがでしたか?
国が違い、文化が違うと、たくさんの"違い"が生まれます。

でもその違いから人々の個性が生まれ、その違いがあるからお互いを認め合うために人が優しくなり、尊敬し合える。

そう思うと人間の深さを感じますね!

それでは皆さま
Have a lovely day!!xx

この記事を書いたユーザー

Nyamel このユーザーの他の記事を見る

海外生活、ご飯、お笑い→私◎
オーストラリアと日本を行き来してます。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス