911エマージェンシーコール

2016年8月19日(金)の朝、カンサス州ドッジ市の 消防署Ford County Fire & EMS (通称:FCFD)に、トイレにはまって出られなくなった生後3週間の子猫を助けてくれという通報が入りました。

出典 https://www.facebook.com

駆け付けた消防士たち

厳しい状況

母親が目を離した瞬間に、2歳の息子が子猫を母猫から取り上げ、トイレに流してしまったというのです。

消防士が到着した時、トイレの奥から子猫の鳴き声が聞こえてました。

消防士たちは、まず、トイレを取り外し、床板もはずしました。

でも、状況はなかなか厳しいものがありました。

出典 https://www.facebook.com

すべて取り外してみたものの

パイプの屈折

子猫はパイプの入り口から4フィート(約1m21センチ)の所にいるのが、カメラにて映し出されました。パイプは屈折しているので、救出は難航しました。

出典 https://www.facebook.com

懸命に子猫救出にあたる消防士たち

救出

パイプを切断して、中に詰まった汚物を取り除き、2時間半後にやっと子猫を取り出すことに成功しました。

子猫は、かなり弱っていました。飼い主が汚れた子猫の体を洗い、タオルで拭いた後、子猫を母猫の所に戻しました。

出典 https://www.facebook.com

2時間半後にやっと救出された子猫

ミラクル

子猫はその日のうちに元気を取り戻したそうです。

トイレに流されながらも、奇跡的に生き延びた子猫には、飼い主が「ミラクル(奇跡)」という名前をつけたということです。

出典 https://www.facebook.com

ミラクルと名付けられた子猫

こんなケースは初めて

救出にあたった消防士は、「我々はこれまでたくさんの動物たちの救出を行ってきましたが、トイレに流され救出したのは、初めての経験でした。」と語っています。

最後に

無事、救出されて良かったですが。。

今回、一番問題なのは、子猫を母猫から取り上げてトイレに投げ捨て流してしまった2歳のお子さんです。

いくら2歳児と言っても、そのような行動をしてしまうのは、ちょっと心配です。猫を飼っていらっしゃるみたいなので、今後も目が離せないと思います。

小さいうちから、命の大切さをちゃんと教える必要がありますね。。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス