オリンピック選手にとって、メダル獲得は言うまでもなく彼らの夢であり、ゴールでもあります。その夢のために日々惜しまない努力を続けている選手たち。メダルを獲得できた瞬間の喜びと感動は、私たち視聴者にもひしひしと伝わってくるほど。

このほどブラジルで行われたリオ五輪でも、多くの選手が活躍し夢のメダルを獲得しました。そんな中、ある一人の選手はメダル獲得後、競売に賭けたのです。

円盤投げで銀メダルを獲得したポーランド人選手

出典 https://www.facebook.com

ポーランド人選手のピョートル・マラホフスキーさん(33歳)は、円盤投げで見事銀メダルを獲得。ところがその輝かしい功績を讃えるメダルをオークションで売却してしまいました。

それは…一人の少年を救うためだった

出典 https://www.facebook.com

マラホフスキーさんのFacebookによると、現在3歳になるポーランド人の男児を救うために、自身のメダルを競売に賭けたそう。

この男児は、眼窩腫瘍を2歳から患っており手術はアメリカ、ニューヨークでないとできないそうです。ところが手術費や渡航費用が高いために、余裕のない家族はマラホフスキーさんに「一生のお願い」をしたと言います。

「あなたがメダルを取ったら、どうかそれで息子の命を助けて下さい」

普通に考えれば、同じポーランド人であっても互いに知らない者同士。にも関わらず、ポーランド人のオリンピック選手に「あなたがメダルを取れば息子のためにそれを売って治療費を助けて下さい」とはなかなか言えることではありません。

ところが、事情を聞いたマラホフスキーさんは「運命を感じた」と思ったそう。「この男児のためになんとかしてやりたい」と。そして彼はFacebookにこう綴っています。

「私は今回のリオ五輪で、金メダルを取るために戦いました。しかしながらそれはかないませんでした。でも、私は金メダルを獲得する以上に価値のあることで戦ったのです。」

メダルは84,000ドルで競売にかけられた

出典 https://www.facebook.com

男児の治療費のため、オークションにこの銀メダルを84,000ドル(約855万円)から賭けたところ、ポーランドの有名な実業家の一人がこのメダルを落札したそうです。いくらで落札されたのかは明らかにはされていないとのこと。

「今、私の銀メダルは、私がこれを獲得した時よりも価値のあるものとなっています。このメダルが3歳の子供を救うことになるかも知れないのです。」とマラホフスキーさんは言います。

寄付金サイトでも男児のために支援を募っている

出典 https://www.facebook.com

アメリカで手術を受けるのは高額です。男児の場合も126,000ドル(約1280万円)の手術費用がかかるそう。マラホフスキーさんは、大手オークションサイト「eBay」でメダルを売却できたことを「オークションに参加してくれた全ての人に感謝したい」と述べました。

男児のために設置された寄付金サイトでも、順調に募金は集まっている様子。マラホフスキーさんのあまりにも「無欲」な姿勢に感動した人は決して少なくないはずです。きっとマラホフスキーさんを知って、男児への寄付金に協力しようという人もいたのかも知れません。

なかなかできないことをできる勇気は素晴らしい

出典 https://www.facebook.com

きっと全ての選手は、メダルを獲得するために血の滲むような練習をしてオリンピックに挑むことでしょう。自分への頑張りがメダルとなって返ってきた気持ちだけを心に留め、メダル自身を、全く見知らぬ誰かのために売却するというマラホフスキーさんの潔さと勇気には頭が下がります。

「アメリカでの手術がどうか無事に成功してほしい。」オークションに参加した人たちの気持ちと共に集められた寄付金は、男児と彼の家族への何よりの励みになることでしょう。手術がうまくいくといいですね。そして男児がいつの日か、マラホフスキーさんに直接「ありがとう」と言える機会を持つことができるといいなと思う筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス