落ちていた財布を見たら、あなたはどうしますか?こうした社会実験が日本でも海外でもよくありますが、海外ではまず落としたら戻ってこないと思うのが一般的です。万が一財布が手元に戻って来ても中身が空っぽだったりというのはよくある話。

ところが、この男性は違いました。このほど、タイからとてもほっこりするニュースが伝わってきたのでご紹介しましょう。

エルメスの財布を拾ったホームレスの男性

Pinned from metro.co.uk

タイでホームレスとして暮らしていたワラロップさん(写真左)、44歳は、ある日道に落ちていた財布を拾いました。当時のワラロップさんの所持金はわずか9タイバーツ(約26円)。財布の中を見てみるとクレジットカードと現金2万タイバーツ(約5万9千円)が入っていました。

ワラロップさんは財布をそのまま警察へ届けた

中には自分が当分凌げるだけのお金が入っていたにも関わらず、ワラロップさんは手を付けずに財布をそのまま地元の警察へ届けました。

警察から連絡を受けた落とし主は…

Pinned from metro.co.uk

「自分が財布を落としたことさえ気付いていなかった」というのは、ニーティさん(30歳)は、中身に全く手を付けずに警察へ届けてくれたワラロップさんの正直さにいたく感動し、謝礼を一割渡そうとしました。でも、彼がホームレスということを考慮して仕事と住処を提供することを思いついたのです。

二ーティーさんはバンコクのある工場の社長だった

Pinned from metro.co.uk

ワラロップさんは、地下鉄ホームへと向かう階段の近くで、ニーティさんが財布を落とした瞬間を見たそうです。距離があったために、財布を拾い追いかけたものの見失ってしまったのだとか。

二ーティーさんはバンコクで工場を経営しており、ワラロップさんに工場での仕事と住処を提供。そして二ーティーさんの恋人はSNSでワラロップさんの正直さは、今の私たちに最も必要なことではないかとその行為を称賛したメッセージを投稿しました。

ホームレス暮らしから脱出できたワラロップさん

Pinned from metro.co.uk

現在、ワラロップさんはメタル製品を扱う工場で仕事をしており、1万1千タイバーツ(約3万2千円)の給料をもらって生活しています。住む場所も無料で提供してもらえて仕事も見つかったワラロップさんは、「人生をやり直すきっかけを与えてくれた二ーティーさんには深く感謝しています。綺麗なシーツがかけられたベッドで寝ることができるのは、何より幸せです」と語っています。

「僕だったらきっとお金を盗っているだろう」

Licensed by gettyimages ®

今回財布を拾ってもらった二ーティーさんは「僕がホームレスで同じ状況だったら、きっとお金を盗んでると思います。きっとそうする人がほとんどでしょう。ワラロップさんのような正直な人がいるということを、私たちはもっと広めるべきです」とメディアのインタビューで語っています。

「正直者は損をする」という言葉もありますが、正直な人の行為はきっとどこかで誰かが見てくれているはず。ホームレスという立場でありながらも、善意を示したワラロップさんには、今回、仕事を与えられる価値があるというものでしょう。頑張って人生をやり直して、少しでもいい生活ができるようになればいいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス