え?入院ですか?

みなさんこんにちは。2児の母りいままです。突然ですがお子さんが風邪などの病気で入院されたことありますか?

我が家は長男が2歳7ヶ月、3歳11ヶ月の2回、次男が生後26日で入院しました。長男の1度目の入院はRS肺炎。かかりつけ医に何度か受信していたのですがだんだん症状が悪化し胸の音が悪いから、と総合病院を紹介されました。

そこでレントゲンを撮ると白い影がハッキリと見えて「肺炎ですね。このまま入院しましょう」と。‥え?!入院?

訳がわからなかったです。今まで私自身も入院を切迫早産と出産以外したことがなかったので子どもが入院とか考えもしなかったのです。

入院と言われ、普通のお出かけ分しか荷物を持っていなかったので「荷物を一度取りに行ったら戻ってきます」と伝えると「ダメです。このまま入院です。子どもさんには24時間付き添いが必要ですので誰かに荷物は持ってきてもらってください。」と。
仕方なく母親にお願いして荷物をお願いしました。

基本何もない入院施設

産婦人科での入院しか経験がなかったので何が必要かあまりわからなかったのですが、ティッシュもタオルもお箸やスプーン、そして付き添いの食事‥何もありませんでした。

ちなみに2度目の肺炎での入院は、熱が長引き咳もひどく夜もほぼ寝られなかったので「これは入院だろうな」と思い入院グッズを持参して総合病院へ行きました。

3度目の次男ですが、基本的に3ヶ月未満での発熱は大きな病気が隠れているかもしれないということで入院させられます。なんとなく入院が頭によぎりましたが、母も主人も「大丈夫やって〜」という言葉を鵜呑みし入院グッズは準備せずに行きました。

里帰り中だったのでまた母にお願いして持ってきてもらいました。ちなみに次男は幸い大きな病気はなく長男の風邪が移っただけでした。

入院グッズ‥子ども編

着替え‥病室は適温に保たれているので薄着で大丈夫です。点滴を付けているので着替えは看護師さんを呼ばないといけません。あまり汗をかかさないためにも秋頃までは半袖か薄手の長袖。冬も薄手の長袖に上からフリースなどを羽織れるようにすればいいと思います。
赤ちゃんは我が子の場合まだ寝返りもしなかったので、点滴の管を首元の方に回してくださり着替えもすぐ出来ました。長肌着やコンビ服が扱いやすかったです。

紙オムツ、お尻ナップ‥長男はトイレで排泄できる年齢でしたが体調不良でのトイレは大変ですよね。お部屋にあればいいですが、ない場合は共同トイレまで行くにはまた点滴が厄介です。2歳3歳くらいならお子さんが嫌がらなければ紙オムツを履かせてあげるのも1つの選択だと思います。

赤ちゃんも沐浴が出来ずお尻かぶれが心配だと伝えると緑茶でお尻を拭く方法を教えて頂きナースステーションで頂いていました。おかげさまで乳児湿疹やお尻かぶれもできずに過ごせました。

ミルクとミルクグッズ‥お湯や熱湯はありますが消毒グッズなどはないです。

タオルやガーゼ‥何にでも使えます。多めにあっても困りません。

スプーン、フォーク、お箸、コップ、お皿、ストロー、歯ブラシ‥食事は出ますがお箸などはないので準備が必要です。

おもちゃ‥短期間の入院でもだんだん元気になってくると退屈してきます。肺炎など感染の疑いがある病気はプレイルームなどには行けなかったので病室で遊べるおもちゃが重宝しました。但し相部屋の場合は音があまり出ないもの。

お菓子やジュースやフルーツやふりかけなど‥食事制限がなければちょっとしたお楽しみで準備してあげると喜びます。

DVD‥病院によってデッキがないところもあります。

サンダル‥移動にすぐ履けるものが便利です。

入院グッズ‥付き添い編

保険証、診察券、母子手帳、印鑑、筆記用具‥入院手続きに必要です。

小銭や1000円札‥自販機やテレビカード、洗濯用に便利です。

着替えや下着‥ルームウェアなど軽装が楽です。カーディガンなど羽織りものもGOOD。

サンダルと靴下‥移動に便利です。

洗顔セット‥タオル、メイク落とし、洗顔フォーム、ボディソープ、シャンプー、リンス、髪ゴム、化粧品などです。

バスタオル、タオル、BOXティッシュ、ウェットティッシュ、マスク

サトウのご飯‥付き添いの食事はつきません。レンジは給湯室にあるので重宝しました。

インスタントラーメンやインスタント味噌汁‥お湯も給湯室にあります。

パウチされているおかず、お箸、スプーン、お皿、お椀、コップ、サランラップ、ペットボトルのお茶、スティックコーヒーや紅茶など。

お菓子やデザート、暇つぶしグッズ‥ちょっとした息抜き、お母さんも必要ですよね。

携帯電話、充電器、めがね、コンタクト用品

頭痛薬や胃薬など‥夜に頭痛が起きてしまいましたが近くにドラックストアもなく病院は診察しないと処方してもらえないので結構辛かったです。

生理用品、清浄面‥次男の入院時はまだ悪露があり授乳中でした。しかしシャワーは入院初日は使えないし日祝日も使用できなかったので清浄面は便利でした。

スーパー袋やナイロン袋‥ゴミ袋や着替えを入れたり便利でした。

看病続きでの入院は大変ですし、兄弟はどうしよう?仕事の引き継ぎは?習い事や保育園、幼稚園に連絡しなければ!荷物を持ってきてもらう人に持ってきてもらうリストを書き出さなきゃ!など短時間で決めなければいけないことがたくさんあります。

でも病院だから‥という安心感はあるし何より元気になっていく我が子に勇気をもらえます。いつもよりぐったりしているな、咳が酷いな、熱が長引くな‥何かいつもと違うことがあれば「念のための準備」をしておくと焦らなくてすみますね。

この記事を書いたユーザー

りいまま このユーザーの他の記事を見る

元保育士で現在4歳児と0歳児の母親。アラサーです。
京都生まれ京都育ち、現在は滋賀県在住で自然豊かな環境でのんびり子育てしています。
食べること、お出かけや旅行すること、楽しいことが大好き!!

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら