動物でも人間でも、互いに支え合っている関係というのはとっても素敵ですよね。ある一匹の犬が、両目を失った時に支えになった存在が新しく迎え入れた小さな一匹の犬でした。それ以降、二匹は離れられない存在に。心が思わずほっこりしてしまう二匹の写真をInstagramに投稿しているのは、二匹のママである米ワシントン州在住のポーリーンさん。

11歳の時に両目摘出手術をした「Hoshi」

緑内障を患っていたHoshiは、11歳の時に両目を摘出する手術をしました。それ以来全盲の生活。Hoshiの手術の約半年前に、ポーリーンさん夫妻は一匹のチワワを拾いました。雪の降るワシントンの市内に捨てられ彷徨っていた泥と汚れにまみれた小さな犬に障がいがあることがわかったのは、それからすぐのことでした。

「Zen」と名付けられたチワワ

Zenは心臓が肥大していた他に肺水腫を患っており、気管も狭く歯の状態も最悪だったそう。そんなzenを一目見て大好きになったというポーリーンさん夫妻。きっとHoshiといい関係を築くのではないかという思いがあったと言います。

ところが半年後、Hoshiの両目を失うという悲劇が起こってしまったために、ポーリーンさんは「辛い時期を過ごしたHoshiが、Zenに対してどんなふうに接するか心配」という気持ちがありました。

でも、そんな心配は必要ありませんででした。目が見えなくなったHoshiと特別なケアが必要なZenはすぐにその絆を深めたのです。

小さなZenは、Hoshiの目が見えないことを理解しているようで、いつもHoshiの傍にいて行く先々をリードするようにサポートしているとポーリーンさんは言います。ZenのおかげでHoshiも安心してどこに行けばいいのかわかっている様子。二匹の間に生まれた信頼関係が、「親友」と呼ぶにぴったりの絆を生みだしてくれたようです。

最初、Zenを引き取った時には捨てられたトラウマからか、怯えてなかなかなつかなかったそう。でも、そんなZenの心を解きほぐしたのがHoshiでした。そして今度はZenがHoshiの両目となって日々生活しています。

Hoshiの目が見えなくなっても、ポーリーンさん夫妻は二匹をハイキングに連れ出します。Instagramには、雄大で美しい自然を背景にポーズを決めるHoshiとZenのショットがたくさん収められています。

苦難はあっても、一緒に支え合っている二匹

病を抱え、特別なケアを必要とするZenと、盲目のHoshi。生きていく上での苦悩はありますが、二匹が一緒にいる限りそんな苦悩も吹き飛ばしそうです。そして何より、ZenとHoshiを可愛がり、惜しみなく愛情を注いでいるポーリーンさん夫妻のもとで飼われているからこそ、幸せに暮らすことができるのでしょう。

動物のこうした姿からは癒しを与えられるだけでなく、私たち人間も、人や動物、全ての生き物に対してどのように接するべきかを教えられている気がします。日常生活の中で大切なことを伝えてくれているのは、今あなたの横にいる可愛いペットなのかも知れません。

出典元:https://www.thedodo.com/blind-dog-best-friend-1986882839.html

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら