出典AID/Thinkstock

帰宅した家の窓明かりに、鼻をくすぐる夕食の香り、キレイに掃除された部屋。夏休みやお正月に帰省して、たまに実家に戻ってきたときに「やっぱり居心地良いなぁ…」と心が安らぐのを感じたことはありませんか?

実家を出るとなんだか自由になったような気持ちになりますが、その反面ふとした時にもの足りない気持ちになることも。

それはもしかすると、お母さんのさりげない愛情に気付いた時かもしれません。

離れて分かる、お母さんの愛情

夜のごはん・・ありがたい実家ごはん

出典 https://www.instagram.com

実家のごはんって特別なメニューではないのに、実家を出てみるとそれが、かけがえのない味だったと気付かされます。

働いていると、洗濯するタイミングが難しいですよね。今日は晴れてると思って洗濯機を回した日に限って雨が降ってくることも。

毎日のお弁当はお母さんの努力の賜物!

家に“おやつ”があるのもまた、母の愛。冷たい物や甘い物がふと食べたいときに家にあるのは、当たり前じゃないのです。

掃除してくれることのありがたさに、実家を出て気付いた人も多いはず。

素足で自分の部屋を歩いたときに実家とはなにか感覚が違っていて、今まで気持ち良く過ごせていたのはお母さんがやってくれていた“部屋の水拭き”なんだ…とふとした瞬間に母の愛に気づく。似たような経験がある人も多いのではないでしょうか?

実家みたいに水拭きしてキレイな床で過ごしたいなと思っていても、つい部屋の水拭きは後回しにしがちですよね。

床で寝ころぶあの頃が懐かしい…

出典Jack Frog/Shutterstock.com

疲れて家に帰ったときや、お休みの日にうたた寝しようかなと床に寝ころんだとき、ふと実家の床とくらべて感触が違うような気がする…なんて経験はありませんか。

それは、お母さんが床を水拭きしてくれていたからかも。実家のいつ寝ころんでもピカピカだった床を思い出し、「ちゃんとお母さんみたいに水拭き出来ていたら気持ち良いのに…」と水拭きの大切さを実感します。

けれど、仕事や子育てに忙しい女性にとって、水拭きは優先順位が高くはなく後回しになりがちに。しかも手や服も濡れるし時間もかかるので、かなり大変です。

出典Jovanmandic/Thinkstock

お母さんがしていた水拭きをするとなると、バケツに水を汲んで、ぞうきんを絞ってかがんで床をゴシゴシ。こう考えると、床を掃除するのはどんなにか重労働だったことだろうと、今になってお母さんのありがたみを感じますね。そんな重労働、忙しい自分にできるかな…と臆することはありません!

手軽に水拭き生活がはじめられる心強いパートナーとして、忙しい人に代わって水拭きをしてくれる床拭きロボットブラーバ ジェット240と生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

お母さんがしてくれたように、キレイに床を水拭きをしてくれるブラーバ ジェット240がオススメな理由とは?

1. 簡単な操作で手も汚れない!

ルンバを開発したiRobot社が作ったブラーバ ジェット240は、なんとボタンひとつで水拭きをしてくれるんです!お母さんのしてくれていた水拭きの重労働さに比べて、なんて手軽!

使い方はとても簡単で、3種類のクリーニングパッドから、拭き取りたい汚れに最適なパットを装着し、CLEANボタンを押すだけ!清掃モードなど細かい選択しなくても、パッドの種類を認識し自動で最適なモードで清掃します。

拭き掃除が終わった後のクリーニングパッドは、ボタンひとつでゴミ箱に捨てることが出来ます

水拭き中はもちろん、終わったあとも使用済みのパッドに触れる事がないので準備中や後片付けをするときも手も汚れません。

お母さんが丁寧に水拭きをしていた時のように、ぞうきんを洗ったり絞ったりすることもないので、手も汚れず使いやすいのが嬉しいですね。また、お母さんが実家でやってくれていた大変さに思いがおよび、自然と感謝の気持ちが浮かんできます。

2. どんな汚れも残さずキレイに

汚れに応じてパッドを変えると3種類のモードを使い水拭きができるので、ブラーバはどんな汚れもキレイに拭き取ってくれます。

水色の専用パットを装着すると、キッチンのベタベタ汚れ(写真左)に最適なウェットモップモードに。

ジェットスプレーで水を噴きつけて汚れを浮かび上がらせたあと、同じ場所を中央、両サイドと3回念入りにY字に動いてこびりついた汚れもスッキリこすり落とします。

ヘッド部分のパッドには洗浄剤がふくまれており、見落としていた食べこぼしやこぼれた飲み物のベタつきも、キレイに落とせますよ。

また、動きにもガンコな汚れを落とす仕組みがあります。

このように、クリーニングヘッドを振動させながら拭き取るので、床に残ってしまったガンコな油汚れもしっかり落ちるのです。

オレンジのパッドを装着すると、こぼしてしまった牛乳など日常的な汚れやホコリ(写真中央)を落とすダンプスウィープモードになります。

少なめの水量でピンポイントを集中して、水拭きしてくれるので手早くにキレイにしたいときにオススメです。

水拭きだけでなく、お部屋のホコリなどをから拭きができる、ドライスウィープモードもあります。

クリーニングヘッドを振動させながら同じ場所を直線的に2度拭き。日常的なホコリや汚れ、ペットの毛などをキレイに拭き取ります。

洗浄剤を使って、水拭きのみで、そしてから拭きでと1台で色んな働きをしてくれるので、いつも実家のようなピカピカの床を保つことができますね。

3. 部屋のすみずみまでぬかりなくキレイに

出典Budimir Jevtic/Shutterstock.com

そのコンパクトなボディと正確なナビゲーションシステム「iAdapt 2.0」によって、家具のすき間や狭いスペースにも入り込み、規則正しい清掃パターンで、見落としがちなお部屋のすみまでまるで、お母さんのようなきめ細かさで掃除してくれます。

ブラーバ ジェット240は幅178mm×奥行170mm×高さ84mmと片手でも持てるくらいのコンパクトなサイズだから、キッチンなどの狭い空間のすみの汚れまで逃しません!

4. キレイな床をキープできて、コスパも最高!

出典MIXA next/Thinkstock

価格も29,880円(税抜・公式ストア価格)と、ひとり暮らしや家族がいる女性でも買いやすい価格帯になっています。

自動で水拭きができて、素足でゴロゴロできちゃうような実家みたいな床をこの値段で保てるのは嬉しいですね。

もちろん、お母さんが愛情込めて拭いてくれた気持ちいい床にはかないませんが、ブラーバ ジェット240で水拭きされた床に寝転ぶと、自然と実家にいるお母さんを思い出して、愛情を再認識するきっかけになるかもしれません。

ブラーバ ジェットで心地の良いお家に

実家のお母さんが丁寧に水拭きしたお部屋は、空気までさっぱりとした気持ちになります。お母さんの床の水拭きは、ただの掃除ではなく家族の心もキレイにしていたのかもしれません。

ブラーバ ジェット240を使えば、なかなか水拭きができない忙しい女性でも、まるで実家のようなキレイな床を保てます。床を歩いた足の裏が汚れてしまったり、子どもの食べこぼしにイライラすることなく素足で気持ち良く過ごせますよ。

キレイな床で暮らすことで、水拭きというお母さんの愛のカタチも再確認できるブラーバ ジェット240を使って、快適な毎日を過ごしてくださいね。

こちらの記事も読まれています!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス