日々ネット上で検索されるさまざまな言葉。中でもいきなり検索数が増えた「急上昇ワード」はまさに今、世の中で大きな注目を集めています。

そこで本コーナーでは、「なんでコレが検索されてるの?」と皆さんが疑問に思う検索ワードの「急上昇なワケ」についてご紹介します!調べてみると意外な事実が見つかることも…!?

本日の急上昇ワードは「NHK受信料不要」

出典 http://search.yahoo.co.jp

本日17時5分時点のYahoo!リアルタイム検索で、2位にランクインしています。

なぜランクインしたのかというと…

ワンセグによるNHK受信料契約の判決があった

出典 https://www.youtube.com

都知事選で一躍有名になった立花孝志さんが代表を務める、NHKから国民を守る党所属の朝霞市議・大橋昌信氏が起こしたワンセグ携帯のNHK受信料支払い義務をめぐる裁判。

「ワンセグ機能のあるスマホを所持するだけで受信契約の義務は発生するのか」という争点について、さいたま地裁の判決が言い渡されたのです。

※大橋市議の自宅にはテレビがありませんが、ワンセグ放送が見られるスマホを持っているということで、NHKに受信契約を迫られました。そのため、受信契約の有無について裁判を起こしています。

結果は…

ワンセグでの受信契約義務は“ない”

出典 https://www.youtube.com

こちらが判決文の原本。

よく見ると「原告(大橋市議)が、原告の現住所において、被告(NHK)とその放送の受信についての契約を締結する義務が存在しないことを確認する」と書いてあります。

つまり、「ワンセグ放送が見られる携帯を持っていることで、受信契約をする義務はありません」という判決が出たのです。

現在、NHKのHPには…

出典 http://www.nhk.or.jp

NHKのテレビの視聴が可能なパソコン、あるいはテレビ付携帯電話についても、放送法第64条によって規定されている「協会の放送を受信することのできる受信設備」であり、受信契約の対象となります。NHKのワンセグが受信できる機器についても同様です。

出典 http://www.nhk.or.jp

NHKの公式ホームページではワンセグが見られる携帯電話、スマホのみならず、パソコンを持っているだけでも受信契約の義務が課せられると書かれていました。

そのため、大橋市議のようにワンセグ機能が付いている携帯やスマホを持っていることで、NHKから受信契約を迫られたことがある人は、少なくありませんでした。

意外に多い「ワンセグによる受信契約」を迫られたケース

ちなみに…

船橋市はワンセグによる受信料は払っていません

立花さんが船橋市議を務めていた際、市議会において「ワンセグによる受信契約をしているか」と質問したところ、契約して“いない”と回答しています。

今回の裁判では、ワンセグでの受信契約の義務がないという判決が出ましたが、NHKは直ちに判決について「放送法64条の受信設備の設置についての解釈を誤ったもの」とコメントし直ちに控訴する意向を表明。まだまだ戦いは続きそうです。

出典 YouTube

判決について、立花さんと大橋市議が語っています。法廷の中の様子も話しているので、気になる方はご覧ください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス