記事提供:スゴいい保育

1~4歳の子どもの死亡事故(交通事故を除く)は112件。対して、報告に上がった保育施設における死亡事故は17件です(平成26年)。一概には言えませんが、保育園では子ども達の安全に、細心の注意が払われていることが伺えます。

今後、さらに安全で、のびやかな保育にシンカさせるためにはどうすればいいのか。保育におけるリスクマネジメントのプロ、産業保育エデュケーショナル代表取締役の遠藤登さんに聞いていきます。

出典 http://sugoii.florence.or.jp

保育者は、「安全な保育」を求めている訳ではなかった

遠藤:私は救命救急講習の講師をつとめていますが、保育者から、「安全を意識するほど、子どもたちをのびのびと遊ばせてあげられなくなる・・・」という悩みをよく聞きます。救命救急は、事故が起きた時のためのスキルです。しかし、本当に保育者が知りたいのは、「安全で、子どもたちが伸びやかに過ごせるようにするためのスキル」だったんです。

そこでまず、応急処置については、(1)深刻な事故に繋がらないようにする。そして、(2)応急処置を丁寧に行うことで、子ども達が「遊びに対しての恐怖心」を抱かず、元気にまた遊べるようするに指導しています。そんな保育のリスクマネジメントを、体系づけなくては、と考えました。

―まさにそうだな、と思います。私もある保育園で実習をしましたが、子ども達の安全を守るために”ガチガチ”で、子ども達が本当にのびのび、楽しく遊べているかな?と疑問に感じたことがあります。

遠藤:”ガチガチ”の保育も、とても大切です。しかしながら、環境設定の方法や、目の配り方ひとつで、子どもたちに「"ガチガチ"であることを感じさせない」ことが出来ます。そして実現するためには、高度な専門性が問われます。さらに、第三者に、その"ガチガチ"を感じさせず、「子どもたちは自由に遊んでいて、先生も子どものように無邪気に遊んでいたね」と、思ってもらえるようにするには、さらに難易度が上がります。

―なるほど、「保育士さんが子ども達と無邪気に遊んでいる」と勘違いされる理由かもしれませんね。

そして、自然にのびやかな保育を実現出来る人もいますが、一つ一つ教えてもらって…、それこそ"ガチガチ"の保育を経て、学んでいく人がいます。私自身も、一つ一つ教えてもらいながら進んでいくタイプでした。

特に「保育×安全」という領域は、まだまだ学問として確立されていないので、ひとりで安全な保育を実現することは困難です。

やみくもに、「"ガチガチ"な保育」、となってしまうと保育者にとってもつまらないし、その保育は、子ども達にとってもつまらないですよね。だからこそ、「安全に、そして子どもたちが伸びやかに過ごせる保育」を体系立ててお伝えする必要があります。

「もう事故は起きない」では通用しない保育のリスクマネジメント

―今の保育現場では、リスクマネジメントはどのように扱われていますか?

遠藤:今は、事故後の改善案が、「マニュアルに一文加わっただけ」、になることもしばしばです。事故が起きた後に、PDCAサイクルを回す、という考え方が保育現場ではまだまだ不十分です。

PDCAサイクルとは:Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の繰り返し、継続的に改善していくこと。

分析をしても、事故を起こさないための分析・改善で終わってしまいがちなんです。保育者は、「同じ事故が起きないようにする」だけではなく、「子どもたちにとっての保育をよりよくする」ことまで、行う必要があります。ここまで出来て、はじめてPDCAサイクルが回ったといえます。

例えば、「A君がB君に噛み付いた」、という事例があったとしましょう。対策として、園児がイライラして噛み付いたのだから、AくんとBくんを離し、ぴったりと保育者がつくようにしました。この対策も間違ってはいません。

―それだけでは不足しているのですか?

「Aくんがイラライラした気持にならないために、どんな保育を作っていくか」、という対策をして、保育のPDCAサイクルが回った、と言えます。そのためには、「Aくんは、なぜイライラしたのか?」を反映し、「保育を改善する」ための分析が必要になります。

「保育方針」をスタッフで深く理解し、リスクを減らそう

―事故が起きない保育を行うためには、どうすればよいでしょうか?

遠藤:皆さん、感覚的に理解し、一生懸命やっています。ただ、細かい所を落とし込み切れていません。事故は、小さなリスクが重なり起きます。リスクを小さく、少なくすることが出来れば、事故が起きても、結果も小さくすることが出来ます。

そして、リスクの中には、「教育効果を考えると、しょうがないリスク」があります。例えば、「園庭で子どもたちを駆け回らせたい」、という保育者の想いに対して、「子どもが転ぶ」、というリスクは必ずあります。

でも、それはどうしようもありませんよね?その小さな要素をいかに小さく、少なく出来るかが大切です。

―事故に至る要素を、小さく、少なくしていくためにはどうすればよいですか?

例えば、「自然の中でのびのび生きる」という保育方針の園があるとしましょう。保育士が、体育館と、砂利ばかりの場所の、どちらで遊ぶか迷っているとしましょう。砂利の上で子どもたちが走り回ると、転んだ時に大怪我に繋がるリスクがありますよね。でも、体育館は「自然でのびのび」なのか・・・と迷っています。

―このリスクとのびやかな保育を両立するには・・・?

はい、砂利の上で走らせるのか?と検討する時に重要になるのが、保育方針です。「自然の中でのびのび生きる」という保育方針は、砂利の上で走らせる方針なのか、それとも、自然ではないけれど、のびのび遊ぶことが出来る体育館を選ぶのか。それは保育方針を、個々が深く咀嚼出来ているかにかかっています

まず、保育方針についてスタッフの間で深く認識を合わせましょう。そして、リスクとのバランスをとり、よりよく保育方針を表せているかを、スタッフひとりひとりが判断していけるかどうかが、安全でのびやかな保育に繋がっていきます。

*第3回に続く

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス