こんにちは!藤田シャケラッチョと申します。
4歳の女の子と1歳の男の子と8歳のチワワの育児に奮闘中です。

最近、姉弟で比較してみると、男の子は甘えん坊だと感じる所が多々あります。
そこで今回は、一姫二太郎を育てている私が感じる「1歳男児の生態」をご紹介したいと思います。

お母さんファンクラブ会長!

うちの息子1歳11ヶ月。
最近やっとパパやじじばばに慣れてきましたが、とにかく私の金魚のフンのようでした。どこへ行くにもついて回り、姿が見えないと大泣き。
体の一部が触れていないと落ち着かない…
付き合い始めのカップルのようにベタベタです。

力強いハグ!

1歳児と思って侮るなかれ。やはりそこは男の子。なかなかの力で抱き寄せます。
ご飯を食べていようが洗濯物を畳んでる最中だろうが、強引にグイー!です。
きっと突然、甘えたさんスイッチが入るのでしょう。

所構わずキッスの嵐!

外出先でも御構い無しに熱いキッスです。
可愛いです。もうとにかく可愛いです。
時折イジリー岡田さんのように舌がベロベロ出てることもありますが
それもよし!

やっと2人きりだね…

とにかく母を独り占めしたいのでしょう。
躊躇なくトイレの個室に入ってきます。そして鍵を掛けて微笑みます。
なんだかファンクラブの域を超えてきましたが、まぁ良しとしましょう。

忙しいなんて言わせない。

母もやる事がありますから、のんびりもしていられません。
お構い無しの1歳児の熱狂的な攻撃に、毎日苦戦しております。
座れば膝に乗ってくるし、立てば足に絡みつく。歩けばズボンをずり下げられ…

母、最終的にパンツ一丁です。

熟睡してても敏感センサー!

朝早く上の子のお弁当を作る為に、そーっと寝床を抜け出したつもりでも
絶対に気がつかれる不思議。
母が側にいなければ5分位で目が覚めてしまう敏感なセンサーの持ち主です。
なんで気がつくのかなぁ…匂い?ぬくもり?
もう少し眠っててほしいのに〜!

大変だけど可愛い。そんな甘えん坊も今だけ。

甘えん坊で可愛い…だけど身動きが取れず大変な日々ですが、そんな毎日も今だけ。
息子も来月2歳になりますが、本当にあっという間でした。
どんどんできる事が増え、主張をし、その内悪態を吐くようになるのかなぁなんて思うと寂しくもあります。
「あんた小さい頃、お母さんにベッタリの甘えん坊やったよ!」と言えるよう
今この瞬間を、ずっと忘れないようにしていきたいものです。

この記事を書いたユーザー

藤田シャケラッチョ このユーザーの他の記事を見る

大分県で一姫二太郎と、気の強いチワワを育てています。胞状奇胎という珍しい病気の後、子供を2人授かりました。趣味はブログで子供の成長を漫画にすることと温泉巡りです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス