記事提供:messy

七菜乃さん

「私にとって、ヌードは着衣のひとつです」「すべての女体は、絶対的に美しいと思っています」。そう語るのは、特殊モデル、そして女体愛好家として知られる七菜乃さんです。現在、神保町画廊で開催中の「私の女神たち -My Venuses-」にあわせてインタビューを行いました。

「私にとって、ヌードは着衣のひとつです」裸の体と裸の目、恥ずかしいのはどっち?

――「特殊モデル」と「女体愛好家」。どちらも耳馴染みのある言葉ではありませんが、ふだんはどのような活動をされているのか教えてください。

七菜乃:単に「モデル」と名乗ってしまうと、みなさんどうしても女性誌に載るような、ファッション要素が強いものを想像されると思います。でも、私の場合はヌードでの撮影や、フェティッシュな作品のモデルをすることが多いんです。

だから、みなさんが「モデル」と聞いて想像されるようなかたちをしていない。だったら「特殊モデル」と名乗った方がわかりやすいし、説明もしやすいのかな、と。今は、「女体愛好家」として、女の人のヌードを撮ったり、自身が女体を持っているので、モデルになったりといった活動もしています。

現在、神保町画廊にて「私の女神たち -My Venuses-」という、森の中で撮影した18名の女性のヌードを展示した写真展を開催しているのですが、こちらも「女体愛好家」としての活動になりますね。

「愛好家」を名乗っている通り、女の人の体がすごく好きなんですよ。美しいものとして、すべての女体を無条件に崇めているという感じです。

――七菜乃さんの「ヌードは着衣のひとつ」という言葉は名言だと思っています。ご自身もヌードモデルとして活躍される七菜乃さんならではの言葉だと思うのですが、実際、これはどういうことなのでしょうか

七菜乃:みなさん、毎日自分が着る洋服を選びますよね。今日はスカートがいい、今日はパンツがいい、というふうに。私にとって「服を脱ぐ」ということもその選択肢のひとつにすぎないんです。

長袖から半袖に着替えるときって、そんなに抵抗がないじゃないですか。それと同じように、おっぱいを出してみたり、全裸になってみたりする。

私の場合は身体を鍛えることが趣味であり仕事なのですが、そのときどきで服装を選ぶみたいに、「今はぷりっとした丸いお尻がいいな」とトレーニングの目標と、自分の体形を変えていくこともあります。

――人前で裸になることについて、恥ずかしさを感じることはありませんか?

七菜乃:よく聞かれるんですけど、恥ずかしさを感じることはありません。私は体が裸になることよりも、その人の「目」が裸になることのほうが恥ずかしいことなんじゃないかと思います。

自分が裸になって撮られているときって、「この人はどういうことを求めているんだろう」とか「どういう媒体に向けた作品なんだろう」ということしか考えていないので、「自分」というものがまったくない状態なんです。

逆に、撮っている人のほうが、裸の「目」を曝しているんだと感じますね。つまり、できあがった作品を見れば、その人が被写体をどういう目線でみていたのかっていうのが分かってしまう。

「自分の」世界に対する勝手な目線というものが露わになってしまうわけだから、そっちのほうがよほど恥ずかしいことだなと思います。

「女体」に押しつけられる「女性性」――「私の女神たち」とは?

――最近は、被写体としてカメラを向けられるだけではなく、写真を撮る側に立つ「女体愛好家」としての活動も広がりを見せていらっしゃいますね。

七菜乃:昨年、渋谷のアツコバルーというギャラリーで、チェキを使った「自撮り」の写真展を開かせてもらいました。「女体愛好家」として、自身の「女体」を撮る、というコンセプトで。

そのときに、お客さんの中からモデルを募って、「ヌードは着衣のひとつ」を体験してもらうためにヌードを撮影する、という企画をしたら、とても楽しかったんです。

それまでは、わざわざ他人を撮る必要性も感じられなかったし、「自分がイメージ通りに動かせる女体を持っているなら、心がある他人を撮るよりも楽だよな」と思っていたんですけど、やっぱり自分で自分を撮るときって、なまじ思い通りにいくぶん「こういうふうに撮りたい」っていう計算が頭を占めてしまって、全然楽しくないんですよね。

ただの作業でしかないというか。でもいざ人を撮影してみたら、被写体の人も喜んでくれるし、自分もすごく楽しくて、「これはなんていいものなんだ!」って思いました。そこから、積極的に他の人の女体というものを撮らせてもらうようになりました。

――七菜乃さんがSNSなどでモデルを募集されるとき、いつも「女性」ではなく「女体をお持ちの方」という表記をされていますよね。七菜乃さんにとって「女体」を持つことが「女性」であること、「女性性」を持つこととイコールではない、ということが強く伝わってきて、言葉の選び方についても非常に誠実な方なのだなと感じました。

現在、神保町画廊にて開催中の「私の女神たち」、この個展タイトルの意味について聞かせてください。


七菜乃:以前、bar星男というお店で、「たくさんの女たち」というコンセプトで写真を撮って、展示をさせてもらったのですが、その撮影のときも、モデルをSNSで募集していたんですね。

当日集まってくれた13名の方の女体を目の当たりにしたとき、すごく神々しいものとして感じられて、「私はこの女体たちを神様みたいに思って撮ってるな」と思ったんです。よく言われるような「触りたくなる」みたいな感情では一切なくて、ただただ神々しい、美しいものとして崇めている。

だったら「女神」という言葉がいいんじゃないかなと思って調べてみたら、「『女神』とは『女性の姿』を持っているだけで、『女性』という性別ではない」と書いてあるのを見つけたんです。

性差ではなくカタチの話であって、そこに「女性性」が押し付けられることもない
。「ああ、私がいつも撮っていたのは『女神』だったんだな」と気がついて、それ以降、私の頭の中ではみんな「女神」に変換されるようになってしまいました。だから今回の個展のタイトルにも「女神」という言葉を使うことにしたんです。

ただ、「女神」っていうのは私の勝手な見方にすぎなくて、その人のすべてを受け入れているわけではないんですよね。とくに写真って、「どの瞬間を切り取るか」とか「四角の枠の中にどう切り取るか」だったりを、個人の勝手な目線で選択することによって成立するものじゃないですか。

大勢での撮影になると、ひとりひとりと向き合うことができないから、なおさら私の勝手な目線で切りとっているんだと思います。だから彼女たちは、みんなにとって「女神」であるわけではない。

あくまで「私の」見方、「私の」「女神たち」だなということで、こういうタイトルになりました。語彙力がないので、誰もが知っているような言葉でしか説明できないんです(笑)。

女の体は男のもの? 「自分のための」ヌードへ

――「誰もが知っていて、無意識に使っている言葉」に誠実でいるというのは、誰にでもできることではないと思います。「私の」という言葉で表されるような、身勝手な目線で人を切り取ってしまう行為も、私たちが日常、ある意味では無意識の暴力として行使してしまいがちなものですよね。

「自分が」そうあってほしいだけなのに、「みんな」そう思っているんだ、だから当たり前のものとして受け入れられなければならない、みたいな。たとえば「女の体は男のもの」といった言説もそうですよね。


七菜乃:男の人が持っている「女の体は男のもの」みたいな見方って、本能的な部分もあるだろうと思うので、ちょっとはしょうがないことかな、とも思うんですよ。だけど話を聞いていると、その認識を当たり前のものだと思っている女の人が意外と多いんですよね。

自分は自分のものであって、男のものでも、親のものでもないはずだし、女の人が裸になるのも、全部が男の人のためっていうことでもない。今世に出ている女性のヌード写真って、男の人のために作られているものが圧倒的に多いじゃないですか。

そういうのも、私はおかしいなと思っています。「男のためだけじゃない、自分のためのヌード」がもっとあっていいんじゃないかな。私が撮るヌードは、男の人が欲情するためのものではないけど、それを「いいね」と言ってくれる人もいる。

「価値観が変わった」と言ってくれる人もいる。前に、ある女の子からお手紙をもらったことがあるのですが、「今まで自分の女としての体を受け入れられずにいたけど、作品を見て受け入れることができるようになった。

自分を解放することができた」というようなことを書いてくれていて、そのときは本当に「活動をしていてよかったな」と思いました。

でも逆に、そういうヌードを「ありえないもの」だと思っている人もいたりするわけで、そういう人にも知ってもらいたいな、受け入れろとは言わないけれども、せめてそういうものがあるんだということだけでも分かってほしいな、と思っています。

――女の体を持っているというだけで、男の望む「女の子」であることを強いられることもありますよね。

七菜乃:「女の子」っていったい何なんでしょう? 一般に認識されている「女の子」像って、人が作った「女の子」像だから、あまり好きではないんですよね。

みんなが同じようなことを想像できるから、記号として使うことはあるけど、「女の子特有のあれだよね?」みたいな決めつけは、やっぱり嫌だなって思っちゃいます。

確かに一言で言ってしまえば簡単だし、「かわいい」とされているものだし、使いやすい言葉ではあるんだとは思うんですけど、やっぱりそれぞれ違った個人がいるわけですし、「女の子」っていってもいろんな女の子がいるわけだし……。

でもそれを言ってしまうと、すべての言葉がそうだから、困っちゃいますよね。私は普段の生活でもそんなことばかり考えてしまうので、なかなか生きづらいです。撮影のときでも、「じゃあ自由に動いて」とか言われちゃうと、「『自由』ってなんだろう……」と思っちゃう(笑)。

「今その人が考えているであろう『自由』を想像しつつ、自由に動いてると見せかけた、計算ずくの『自由な動き』をしなきゃいけない」ってことじゃないですか。「普通」にして、とか「自然」にしてとか、よく分からない言葉ですよね。

人って、本当に「自然」なものは受け入れられないんだと思っているんです。だって、あまりにも生々しいから。私がいつも言うのは、みんな受け入れやすいように「作られた自然」が好きなんだということ。

だから、私の撮っている写真も、「自然」なんかではなく、全部「作りこんだ自然」なんです。「自然」なんていうものは、結局のところ存在しないんだということになってしまいますけど。

――自然といえば、「老い」についてはどういうふうに捉えられていますか? とくにアイドルや女優は老いると「劣化」という表現をされたり、一般的にはネガティブなものとして受け入れられていますよね。

七菜乃:アツコバルーでモデルの募集をしたときに、20代から50代まで、本当に幅広い年代の方が来てくれたんです。

「撮って」と言うくらいだから、自分に自信があるんだろうというのもあるんですけど、それにしてもみなさん本当にきれいで、「無駄に年をとるということはないんだな」と思いました。

この日本では、女性は若ければ若いほどいい、ということになっていますよね。みんなそういうふうに、「いい」とされているものを「いいんだ」と思うようになってしまっている。きっとその方が楽なんですよね。

でも私は、老いていく一瞬一瞬もすべていいものだと思いたいし、タレントの女性のヌードにも、どうしても「最後の手段」みたいなネガティブなイメージが付きまとっているけれど、「それがどうしてダメなのか」ということを問いかけていきたい。

反骨精神みたいなものが強い人間なので、一般的に「いい」と決められているもの、「正しい」とされているものに対して、「もしかしたら違うんじゃないかな」と思って、色々なことをやってみるというのを、これからも楽しんでいきたいですね。

写真展「私の女神たち -My Venuses-」9月4日まで!

■七菜乃さんの写真展「私の女神たち -My Venuses-」は、9月4日まで、神保町画廊にて開催中です。(開廊時間:13時~19時、会期中休廊日:月・火)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス