日本や北欧に捕鯨文化があるように、その国々でいろんな文化が存在します。外部の者はその文化を理解することなくただ忌み嫌う人もいます。でも、それは仕方のないこと。文化はその国のみに根付いていることであり、その国民にしか理解できないことでしょう。

例えば、捕鯨文化に反対している人は大勢います。でも捕鯨をして生活している人たちからすれば、それは大切な生活の糧だといえるのでしょう。他国の文化をあれこれ批判すること自体が間違っていると言えばそうなのかもしれません。でも、世の中に「批判」が止むことはありません。

Facebookに批判が殺到したニュージーランドの父と娘

出典 http://www.mirror.co.uk

このほど、ニュージーランドの一組の親子がSNSで大きな批判を受けてしまいました。既に彼らの写真は削除されていますが、ニュージーランドに住むジョニー・ユールさんと娘のクロエちゃん(8歳)はFacebookのアカウント「NZ Woman Hunters」に数枚の写真を投稿。それがたちまちネット上で拡散し大炎上となったのです。

ニュージーランド人が誇る「マオリ文化」

Licensed by gettyimages ®

みなさんは、ニュージーランドの「マオリ文化」をご存知ですか?ニュージーランドがイギリスの植民地となる前から住んでいた先住民「マオリ族」による文化のことです。彼らの伝統的な民族舞踊である「ハカ」という踊りを耳にしたことがあるでしょうか。これは現在でもラグビーの試合に選手たちが踊っています。

マオリ族がいつどこからやって来たのかは明らかにはされていないのですが、彼らは先住民としてニュージーランド北島や諸島に根付き、狩猟生活を中心にしていました。それがやがてニュージーランド全土の文化となり、現在でも狩猟を趣味とする人が多く存在します。

Facebookのアカウント「NZ Woman Hunters」には、女性をメインとして、男性や子供など、狩猟好きの人がいろんな動物を狩った勇姿が紹介されています。

ジョニーさんとクロエちゃんも狩猟文化を大切にしていた

Licensed by gettyimages ®

写真を投稿したジョニーさんは、娘のクロエちゃんが生まれてまだ8ヶ月の頃から抱っこ紐で抱っこしながら狩猟に連れて来ていたそう。家族がこのニュージーランドに古くから根付く狩猟文化を大切にしていて、ニュージーランド人としての誇りを持って生きていました。

狩猟で捕まえた動物は、家族の食料となります。決して遊びで狩るのではなくあくまでも生活のため。今回、ジョニーさんは8歳になったクロエちゃんに初めて狩りの機会を与えることにしました。そして見事、鹿を仕留めたのです。

そして仕留めたばかりの鹿の体から心臓を取り出し、生で食べている写真をジョニーさんはFacebookに投稿。「娘の勇姿を見てやってください!」と誇らしげにメッセージを綴ったのです。

するとたちまち大炎上!

Licensed by gettyimages ®

「NZ Woman Hunters」に投稿された写真は、アカウントのメンバーたちにとっては何の問題もない「伝統的な狩猟風景」であり、ジョニーさんの娘クロエちゃんの勇姿も理解できました。

特に最初の狩りで仕留めた獲物の心臓を食べるという行為は、ニュージーランドでは伝統的な儀式の一つとなっており、ハンターを称える意味が込められているそう。ところが、世間は黙ってはいませんでした。この投稿を目にした海外のユーザーはジョニーさんたちを猛批判したのです。

「8歳の子供に動物を殺させるなんて!動物虐待だわ!」
「殺した鹿の心臓をえぐり出したですって⁉サイコパス!」
「精神科に行くべき。普通の人間のすることじゃないよ」
「狩猟って…ただ動物を殺してるだけじゃないの」
「世の中には、ごく普通に吐き気がする奴がいるもんだ」

批判をしたのはほとんどがニュージーランド以外の国の人でした。そして、「NZ Woman Hunters」のアカウント全てが批判の的となったのです。これまで狩猟をした写真を投稿してきた人々を「残酷」と批判する人たち。

批判を受けた後もジョニーさんは、「これが娘の初めての狩猟だったんだ。」と説明。そしてクロエちゃん自身も「楽しかった!叔父さんが鹿の心臓を生で食べていたのを見たことがあったから、私も食べてみたの。美味しかったよ。ハンティングをすると、家族に食料を持って帰ることができるし、私はパパとハンティングに行くのが好き!」とメッセージを投稿。

ニュージーランドの伝統的文化と共に育って来たクロエちゃんの正直な気持ちだったのでしょう。そしてそのままFacebookに投稿したジョニーさん。でも、ユーザーたちはますます批判をし続けました。このことは英各紙でも取り上げられるほど話題に。

そして、ジョニーさんはその後、投稿を全て削除してしまいました。

「NZ Woman Hunter」管理局はメッセージを投稿

Licensed by gettyimages ®

アカウントが炎上する事態となってしまった「NZ Woman Hunters」はメッセージを投稿。「ここ数日、大変なことになっていました。海外の多くの人から狩猟に対する批判を受けました。でも、その人たちのほとんどは、私たちニュージーランド人の文化を理解していない人たちです。」

「ジョニーさんとクロエちゃんの素晴らしい写真も削除されてしまって、私たちはとても残念です。他にも狩猟文化を大切にしている人たちへの心無い批判もありました。でもどうかみなさん、そういう人たちの批判は無視してください。私たちの文化にこのような批判が起こることは、最も望んでいなかったことなのです。」

今回、最も攻撃的な批判をしてきたのは、海外のベジタリアンやヴィーガンの菜食主義者だったそうです。美しい大自然が広がる国、ニュージーランド。そこに暮らす人々は、そこに深く根付いてきた伝統文化に誇りを持って生きているのでしょう。それが、狩猟であれ何であれ他人にあれこれ批判される筋合いはないといったところでしょうか。

それも一理ある気もします。ただ、8歳の子供が狩ったばかりの鹿の心臓をえぐって食べている画像というのは、いくら肉好きでも見たいと思う人はあまりいないのでは?とも思ってしまいます。何が正しくて何が間違っているのか、その判断はみなさんそれぞれの考えにお任せします。

Facebookでは「見たくなければ見なければいい。批判など必要ない」と「NZ Woman Huntings」のメンバーは反撃しています。それができれば、SNSの世界は全くもって平和になることだけは間違いないでしょう。

*記事掲載に関しては出典元の許可済みです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス