記事提供:favclip

世を席巻しているポケモンGO。13歳未満の子供たちのポケモンGOアカウント作成には、親の同意と確認が必要というルールがあるため※子供たちは、1人で勝手に遊ぶことができません。また様々な危険が伴うので、親御さんもなかなかアカウント作成に意欲的でないのが実情。

そんなポケモンGOをやりたい子供たちに大人のポケモントレーナーがスマホを貸して一緒にプレイすると、大人とは異なる楽しみ方で遊んでいることに気付き、驚かされます。

大人のポケモントレーナーの楽しみ方

街中や通勤電車の中でポケモンGOに熱中しているポケモントレーナーたち。こんなにも大人たちをポケモンGOに熱中させるのは、大人の遊び心を強く刺激することが大きな理由ではないでしょうか。

大人たちの多くは、子供の頃にポケットモンスターをゲームボーイやニンテンドーDSなどのゲーム機器で遊んだ思い出があり、その思い出がポケモンGOの熱中度を一層加速させています。

ポケモンたちがゲームの画面を飛び出して現実世界に現れ、街中を冒険する臨場感を楽しんでいる人が多いはずです。また健康志向の高まりからゲームよりも外に出て歩くということに焦点が向けられ、ゲームの付加価値にもなっている側面もあります。

そして自身のキャラクターのレベルアップや、ポケモン図鑑のコンプリート、ジムを制覇するという達成体験を大人たちは楽しんでいるのではないでしょうか。

子供のポケモンGOの楽しみ方

そんな大人のポケモントレーナーがスマホを子供たちに貸してみると、その楽しみ方に驚かされます。子供たちは、モンスターボールを投げてポケモンをゲットする達成感や、次第に揃っていくポケモン図鑑を眺めるというコレクション性を楽しんでいる部分が大きいのですが、これは大人とも共通する部分ですね。

しかし一番大きな違いは、ポケモンたちの鳴き声を楽しむことです。捕まえたポケモンをタッチすると鳴き声が出ますが、それを単調子でタッチしたり、連打したり、何台もスマホを並べて違うポケモンの鳴き声を聞き比べたりして、音の出るおもちゃとして楽しむということをします。

特に小さな子供たちが音が出るおもちゃとして熱中しがち。

多くの大人のプレイヤーたちは、音を切ってプレイしているので、ポケモンの鳴き声を楽しむというのは気が付かない点。ずいぶん前のことで忘れてしまっているのかもしれませんが、かつての私たちもそうやって鳴き声を楽しんでいたのかもしれませんね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス