記事提供:日刊大衆

民放の王者が総力を挙げて取り組む、8月末の一大イベントに危ない噂が!あの涙の陰にあった衝撃の事実とは?

今年も“あの番組”の季節がやってきた。今夏で39回目を迎える『24時間テレビ愛は地球を救う』(日本テレビ系=8月27日~28日放送)のことだ。

「1978年から続くチャリティ番組で、視聴者に文字通り24時間、国内外の福祉・環境・災害援助活動への募金を呼びかけるというのが、番組のコンセプト。その効果は絶大で、昨年の寄付金は約8億5000万円。過去38年間の寄付金総額は、356億6732万304円になるといいます」(芸能ライター)

視聴率も上々だ。「80年代から90年代初頭に、平均視聴率が1桁台に落ち込んだ時期もありましたが、以降は盛り返し、ここ10年は15%以上と好調です」(テレビ誌編集者)本誌では、放送に先立ち、『24時間テレビ』の裏側を徹底取材。

ちょっと笑える秘話から業界激震のタブーまで、読めば10倍面白くなること間違いなしの情報をお届けしたい。

まずは、今回の主な出演者を紹介しよう。

「メインパーソナリティーは、手越祐也(28)ら4人がメンバーのNEWS。チャリティパーソナリティーは女優の波瑠(25)が務めます」(芸能関係者)

波瑠といえば、NHK朝の連ドラで今世紀最高視聴率を記録した『あさが来た』の主演を務めた旬の女優。優等生的な印象だが、不安な点があるという。

「心配なのは“声”です。以前、波瑠はドラマの番宣で、『スッキリ!』や『ミヤネ屋』に出演しましたが、声がまったく出ず、放送事故かと騒がれたことも。昔から喉が弱いようで、『あさが来た』の収録時も数日間、声の出ない状態が続き、撮影が中断したこともあったとか」(前同)

24時間、ほぼ出ずっぱりの同番組では、声が枯れ、途中で姿を消すなんて緊急事態が心配されるのだ。また、別の不安もある。

「タッグを組む、NEWSの手越祐也の存在です。手越といえば、過去に柏木由紀、小嶋陽菜、益若つばさ、紗栄子、ベッキー、さらにファンや夜のお店の女の子など、多くの女性と浮き名を流してきた“超肉食系”です」(女性誌ライター)

生放送とはいえ、男女が24時間も一緒にいれば、何かあるのではと、双方のファンが今から心配しているというのだ。番組中は2人の“距離”にも注目したい。

同じく手越の毒牙が心配されるのが、羽鳥慎一(45)とともに総合司会を務める水ト麻美アナ(29)だ。昨年、関ジャニ∞の横山裕(35)との交際が噂された彼女だけに同じジャニーズの手越とまた…と不安視されている。

それに加えて、別の不安もあるという。「食べることが好きな水トアナは太りやすい体質。昨年、彼女は24時間テレビ専用の“Tシャツ”を美しく着こなすため、減量に取り組んだことが話題になりました」(夕刊紙記者)

見事、ダイエットに成功し、スッキリしたTシャツ姿を披露した彼女。

だが、「24時間テレビの5日後、『ヒルナンデス』で有吉弘行に“太った?”と突っ込まれた水トアナは、24時間テレビの放送後、5日間で焼き肉店に3回も行ったことを告白。早々に“ぽっちゃりボディ”に逆戻りしていたんです」(前同)

今回も、肉感ボディの増減に注目したい。

話は戻るが、波瑠やNEWSなど、番組のメイン出演者は、どうやって決めているのか?大ブレイク中の波瑠は納得としても、NEWSが抜擢された理由は何か?

「NEWSは09年に一度、司会をしていますが、当時は、人気者の山下智久や錦戸亮がいた。2人が脱退して人気が落ち、解散間近といわれていました」(スポーツ紙芸能班デスク)そんなグループを起用した日テレの狙いは…。

「簡単です。解散寸前だったアイドルグループが“懸命な努力をして復活した!”――24時間テレビが得意とする感動の演出をしたかっただけですよ」と日テレ関係者は暴露する。

そもそも、ジャニーズ事務所のタレントが毎回のように、24時間テレビに出演するのはなぜか。

「“ジャニタレ”の起用で、募金額が上がるんです。何より熱心なファンが多いですから。過去に募金額が10億円を超えた9回のうち、7回はジャニタレがパーソナリティーでした」(前同)

当然、ジャニーズサイドにも“うま味”はある。

「チャリティ番組に協力すれば、好感度はアップする。また、老若男女が視聴する24時間テレビは、ファン層を広げるには絶好機です」(芸能ライター)

同様に、ファン層を広げる大チャンスが、チャリティマラソンのランナーだ。昨年はDAIGO(38)が、北川景子(29)との結婚前に激走したが、この夏、その重責を担うのが、日テレの長寿番組『笑点』のメンバー・林家たい平(51)。

「これは司会者が替わり、新メンバーが加わった『笑点』へ注目を集めたい日テレの狙いでしょう。ただ、正座して噺をするのが仕事の落語家はヒザが命。走ってヒザを痛めたら、落語家人生を縮めかねない、なんて心配の声も上がっています」(別の日テレ関係者)

ちなみに局内では、ゲス不倫騒動で総スカンを食ったベッキー(32)も、ランナー候補に挙がったという。

「ベッキー復活の“みそぎマラソン”にしようという意見があったんです。だが、ほどなく却下に。その理由は“ベッキーがTBSでテレビ復帰したから”というものでした」(前同)

かつて『世界の果てまでイッテQ!』など、日テレでレギュラー番組を3本持っていたベッキー。

復帰も日テレかと思われたが、「TBSの『金スマ』で中居正広を相手に不倫騒動を赤裸々に語り、同番組の高視聴率に貢献した。これが日テレ上層部の逆鱗に触れ、マラソンでの日テレ復帰は夢と消えました」(同)

その一方で、24時間テレビで総合司会を3回務め、以降、出演が途絶えたと思いきや、消えそうで消えないのが徳光和夫(75)だ。

「今年もサポーターに起用されましたが、あの人は24時間テレビには、うってつけの“泣き男”。視聴者をもらい泣きさせるには、欠かせない存在なんです。ただ最近は、衰えがあまりにも目につきます。昨年もエンディングで、マラソンを完走したDAIGOに感動しすぎて、他の出演者がコメントしている最中に、“胴上げしよう。胴上げ!”と大声で連呼。周囲を困惑させ、フィナーレに水を差す事態を引き起こしました。卒業は時間の問題でしょう」(前出の芸能ライター)

ところで、24時間テレビはチャリティ番組だけに、ノーギャラと思われがちだが、さにあらず。

「日テレは“拘束時間の長い方など、場合によっては謝礼という形でいくらかのお支払いをしています”と回答していますが、基本的に全員に謝礼を払っているようです。過去の実績では、メインパーソナリティーの嵐には5000万円、総合司会の羽鳥慎一には500万円、徳光和夫がマラソンランナーを務めたときには1000万円が支払われたといわれています」(前同)

アメリカのチャリティ番組を参考に生まれた同番組だが、どんな大物でも基本、ノーギャラの米国に対し、謝礼ありの汐留の夏の風物詩。それに対する反感か、出演しない大物もいる。

「明石家さんまが過去に出演した際、日テレからギャラを払うといわれ、“チャリティだから全額寄付して”と伝えたところ、局側は“お支払いします”と。それでブチ切れて以降、出演は途絶えました。ビートたけしは、ラジオで“あんな偽善番組に誰が出るか”と吐き捨てています」(前出のスポーツ紙デスク)

ちなみに、“謝礼”はCM収入から支払われる。

「企業にすれば、チャリティ番組にCMを出せばイメージアップにつながる。そうしたスポンサーが殺到するので、日テレはCM枠を通常の1.5倍の値段に設定しているとか」(前同)

では、最後に番組内における感動のコーナーに目を向けてみたい。障害者や被災した子どもが出演するコーナーでは、あざとい演出が批判された過去がある。

「03年には、番組に出演した、手足に障害を持つ子どもの父母らの会が“今後はもう協力しない”“事実は曲げないでほしい”と日テレに猛抗議。行き過ぎた演出に、不信感を抱いたようです」(芸能ライター)

13年には震災で被災した子どもたちを“富士登山”にチャレンジさせたが、

「人混みを避けるためか、マイナーで過酷なコースを登らせ、風雨で子どもたちの姿がレンズから消えるほどの悪天候なのに、登山を断行。テレビ的に“苦労を乗り越えた!”という画が欲しかったんでしょうが、演出のためなら子どもの命を危険にさらしてもいいと考えていると勘違いされかねない映像でした」(前同)

芸能ライターの三杉武氏は、こう苦言を呈す。

「番組が始まった当初は、もっとチャリティ色が強かったんです。でも、タレントやCMスポンサーが群がることで、おかしな方向に向かっている気がします。看板番組として安定した今こそ、知名度は低くても日頃からボランティアに勤しんでいる方を取り上げるなど、“チャリティの原点”に戻るべきときですよ」

今夏は“民放の王者”にふさわしい、感動的なチャリティ番組に期待したい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス