1歳半の子供がごはんを食べません!

Licensed by gettyimages ®

育児で定番のあるあるお悩みの一つですね!

今まで離乳食をパクパク食べて来たお子さんでも、ある日突然偏食、食べムラ、遊び食べ、食事拒否などなど新たな悩みが出て来て困る時期があるのではないでしょうか。

何でも沢山食べてくれるお子さんなら良いですが、偏食や小食のお子さんを持つ親御さんは「これなら食べる、あれなら食べる」と毎日の食事に苦労されているのではないかと思います。

うちの息子も食べる時期・食べない時期の波を何度か乗り越え、食事の時間は今も騙し騙しの毎日です。
ただ、食べたくない時は別に無理して食べなくていいや~と悩み過ぎないようにしています。

今まで食べる子だったのに…どうして急に?

離乳食の頃から一貫して小食な子、消化吸収力の弱い子、食べる事にあまり興味が無い子というのは一定数居て、それは仕方の無い事だと思います。でも

それまではよく食べていた子が…
昨日まで同じ物食べていたのに今日はダメ…
ある日突然食事拒否…なんで!?

というパターンは何故なんだろう?と気になって、
そのきっかけとなる子供の心身の変化について調べてみました。

身体、味覚、精神。その変化と発達。

Licensed by gettyimages ®

1 満腹中枢が完成するのが1歳半頃
2 味覚の本格的な学習中
3 自分の意志を主張したい!

一つずつ詳しく見て行きましょう!

1 満腹中枢…?

Licensed by gettyimages ®

諸説あるようですが、「もうお腹いっぱいだからいらないよ」という信号を出す満腹中枢。これは1歳半頃に完成するようです。
しかしネットを探れば「2~4歳までは満腹中枢は未発達なので、与えれば食べ過ぎる」という説も見かけます。


諸説紛々としているのは何故か…?
発達というのは個人差の大きい問題ですので、「この年齢では絶対にこう」と断言できない事ばかりです。

現に2歳台くらいのお子さんで、「うちの子は食事が好き過ぎて食べ過ぎてしまう…」という悩みを持つ親御さんも少なくありません。

・食べ過ぎる
・食べなさ過ぎる

一見真逆の悩みですが、満腹中枢が完成して行く中でどちらも十分にあり得る事のようです。食べムラというのは、身体が変化して行く過程の自然な「ゆらぎ」だと、私は思います。

食べるのも食べないのも両方勉強!

Licensed by gettyimages ®

■食べないからといって「嫌いなもの」と決め付けるのはまだ早い
 子どもにとって食べ物の好き嫌いはどうやって決まるのでしょうか。先ほど、大人が苦味やえぐみのあるものを「おいしい」と感じるのは「学習によるもの」とお話ししましたが、子どもの好き嫌いも学習によるものです。
 安全学習 →新しい食材に挑戦することは不安や恐怖を伴いますから、子どもは初めて食べる食材には五感を総動員させて警戒します。そしてその食材をクリアすることを安全学習といいます。
 嫌悪学習 →ある食べ物を食べて体調を崩したとき、その味を不快な信号として脳に記憶し嫌いになる学習。例えばカキにあたったら、カキを嫌いになることが挙げられます。
 嗜好学習 →例えば風邪のときに食べたら治ったなど、体調が良くなった経緯で口にした食べ物は、その味自体も好きになることをいいます。
 連想学習 →楽しい記憶とつながっているものは好きになるもの。家族だんらんで楽しく食べたちらし寿司が好きになるなど。逆に、無理やり食べさせられたものが嫌いになることも連想学習の一つです。
 初めて食べる食材を、けげんそうに食べるのは警戒している証拠で、雑食動物におこる当然の反応です。食べずに口から出したからといって、嫌いと判断するのは時期尚早。嫌いだと決め付けて食卓に出さなくなったら味覚の幅が狭まってしまいます。

 パクパク食べていたものをある日突然食べなくなることもありますし、その逆もあります。こうやって味覚の遍歴を繰り返しながら、味覚の幅は広がっていくのです。

出典 http://style.nikkei.com

「食べない=この子はこれが嫌いなのね」と親はついつい決めつけてしまいがちですが…
食べない事すら学習の一環だったんですね!


そうか、だから同じ物でも、食べたり食べなかったり…
少しずつ繰り返して勉強しているらしいです。

イヤイヤ期…?

Licensed by gettyimages ®

早ければ1歳過ぎ頃から、概ね3歳頃まで続くと言われている第一反抗期、通称イヤイヤ期。近年有名な言葉ですので色々と調べている親御さんも多い事でしょう。

自我の発達とともに「自分がこうしたい」という主張を持つのはごくごく自然な事で、それを「イヤ」と明確に発信できるようになってきたのは大きな成長とも言えます。


ごはんよりお菓子が食べたい!
いま食べたいのはコレじゃないから食べてあげない!
とにかく今は何だかイヤな気分なの!

言葉とも言えない叫び声やぐずる声、動作でそんな主張がビンビン伝わってくる事が多々あります。とりあえず一通り反抗したいらしい。


自己主張自体は受け入れてあげて、こちらのイライラもどうにか抑えて、正しく判断したい所です。根負けしてお菓子や好物を与えるのは得策ではありませんし、食べたくない気分なら無理に食べる必要も無いでしょう。


少し出しておくから食べたくなったら食べて。
他の物はないよ。お腹空いたらこれ食べて。
遊ぶならおしまい。食べないならごちそうさま。

食事を制す者はイヤイヤ期を制す…!?
というわけではありませんが、毎日必ず3度ある食事の機会を意識的に対処できるようになると、他の場面でも役立つかもしれません。

ま、イヤイヤ期なら、仕方ないよな~。(諦め確定)

以上の事から、「一歳半の食べない」は、成長過程で当然の通過儀礼だと結論付けました。深刻に悩む必要なし!

この記事を開いた方、タイトルをクリックした方…恐らく
食べてくれないお子さんを持っている親御さんですよね?
食べてくれない悩み…どうしたら良い?何なら食べる?何で食べないの?と
毎日毎日食事の時間が気が重い、イライラしてため息ばかり…悩んでいませんか?

そんな時ネットで検索しますよね。
すると「こんな方法を試してみてね」という記事、たくさん出て来ます

はっきり言って試せる方法は
もう全部試したよ!!!


という感じじゃないですか?

個人的な意見ですが、私は
本人が食べたくないなら
食べなくて良い
と思っている派です。

それは何故かというと、自分自身がとても小食な幼少期だったからです。大して食べたくないのに親に「早く食べなさい」と食事を強要される毎日が苦痛でした。


自分は何故食べるのが遅くて少ししか食べられないのか、ずっと誰も答えを教えてくれませんでした。


でも大人になり、子育てしてみて、色々調べてみて、今ならよく分かります。

食べたくないから食べないんだよ。
それの何が悪いのさ

もちろん、親として子供にバランスの良い食事と栄養を摂らせることは最大の務めの一つです。その為に出来る事があるならまずはやってみるべきですし、その方法は先人達の素晴らしい育児術がこの記事以外に沢山あるのでそちらを参考にしてみてください。

要は出来る事を全部やっても
食べない子は食べないよ
というだけの主張です。安心して下さい。
食べなかったお子さんを持つ先輩ママにその後の事を聞いても
餓死せず皆きちんと育ってますので、それが答えです。

最後になりましたが…

Licensed by gettyimages ®

原因がはっきりしている場合や明らかに病気や異常がある場合はこの限りではありませんので、当たり前ですがまだ病院や保健師さんに相談した事が無い人は、まず専門機関に一度はアドバイスを求めて下さいね。


いつかお子さんと楽しい食事の時間を過ごせる日が来ると信じて…
気を楽にして乗り越えて行きましょう!

この記事を書いたユーザー

椎野タマエ このユーザーの他の記事を見る

育児系の情報発信しています。
2014年11月生まれの一人息子を育て中。
趣味はイラストや漫画を描く事と、料理・裁縫・もの作り。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス