離乳食を卒業したら親と同じ食事に…って無理無理!

Licensed by gettyimages ®

我が家では現在1歳9ヶ月の息子を育児中です。
1歳半を過ぎた頃に離乳食を卒業し、親と同じ物を取り分けで食べさせるようになってきたのですが、その頃から食事で新たな悩みが出て来ました。

それは1歳半の子供は「ごはんとおかずを交互に食べる事なんて出来ない」という事。
好きなおかずだけを先に食べて、いつもそれ以外が丸々残ってしまいます!

それなら全部ご飯に混ぜ込んでくれるわ…!

Licensed by gettyimages ®

うちの場合は幸いな事に、納豆ご飯だけはいつ出してもよく食べてくれました。
そうなると毎回毎回、「困った時の納豆ご飯頼み」となり、他の栄養素は…バランスは…と気になりながらも「なんでもいいから食べてくれるだけマシ…」と、三食納豆ご飯を出す日もありました。

そんなある日思い付いたのが、「納豆ご飯をベースにしてさり気なく具材を増やしたらバレずに食べるんじゃない?」という試みでした。

結果的にそれが大成功!
納豆ご飯というのはそれだけで結構しっかりと存在感のある味に仕上がったものですので、そこに邪魔にならない程度に肉、魚、野菜のみじん切りを混ぜ込みます。
この「混ぜ込みご飯方式」ならば完食率が上がる事に気付いたのです。

早速そのレシピを公開!

出典 http://ameblo.jp

まずは食材の準備です。

・ひき肉
・しらす
・ミックスベジタブル
みじん切りや角切りって面倒なので、この3つの冷凍品を常備しておくと包丁いらずで気軽に作れるのでおススメです。

出典 http://www.amazon.co.jp



食材を用意したら加熱調理していくわけですが
毎回同じ味付けだと飽きるので、少しバリエーションを付けます

出典 http://ameblo.jp

調味料をどれくらい入れたら良いか分からない…という方は
味見をして確認しながら作ってみて下さい。全体量や好みによるので
少しずつ足して行くと失敗が少ないかと思います。
どの調味料もほんの少しで大丈夫です!

和・洋・中の3パターンからバリエーション付け

Licensed by gettyimages ®

濃くなりすぎないように味付けをしたら、最後の一仕上げと盛り付けです!

離乳食界の常識?「とろみちゃん」

出典 http://www.amazon.co.jp

既にご存じの方やお使いの方も多いと思いますが、このとろみちゃんという商品は片栗粉を水にとく手間を省いて使えて便利です。もちろん離乳食や幼児食以外の普段の料理でも使いやすいです。

荒熱を取ったら保存容器で冷蔵庫常備。

Licensed by gettyimages ®

冷蔵保存の分は必ず2~3日以内に食べ切って下さい。
大量に作ってしまったら小分けにして冷凍。

実際の食べ方!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

出典 http://ameblo.jp

他にも
・中華スープで伸ばしてとろみを付ければ「中華丼風」
・豆腐を入れ、同じく少しスープで伸ばしてとろみ付け「麻婆豆腐」(大人用は豆板醤を足す
・潰したジャガイモと混ぜてパン粉を付けて揚げれば「コロッケ」

などなど、アイディア次第で他の料理への転用ができますよ!

出典 http://ameblo.jp

栄養素的にはあと
海草類、キノコ類、牛乳、チーズなどの乳製品、フルーツ、芋類、豆類、赤身の魚や青魚などを意識して副菜に取り入れて行けば良いかなと思います。

我が家では朝食はフルーツ、パンorシリアルと牛乳を出す事が多いので、昼食は混ぜ込みご飯と汁物、夕食は混ぜ込みご飯プラス副菜、というパターンが多いです。

実際の食卓はこんな感じ

出典 https://twitter.com

親は普通の白飯とおかずの組み合わせ。
息子は混ぜご飯+親と同じおかずの例。

面倒な時は勿論この一品だけで…

立派な丼メニュー!

いかがでしたか?
そもそも「うちの子はお米を食べない…」とか、「うちの子は混ぜ込んでも食べないもんは食べない!」なんてご家庭も数多くある事でしょう。本当に、子供の偏食・小食には親はいつも頭を悩ませます。
…が、食べなくてもいいじゃない!1食や2食抜いても大丈夫、餓死してないなら大丈夫。
どうか食事の場が少しでも楽しくなるように…その為には
…親もできる限り手抜きで(でも栄養は考えたい!)という矛盾と戦いながら、
お互い気楽に頑張りましょう。


「もう何を食べさせて良いんだか分からない~」
「幼児食?毎日毎日考えるのめんどくさーーい!」
という方、一つの候補としてこのレシピを参考にして頂ければ幸いです。

またこの混ぜ込みご飯の良い所は、子供が残した場合に親も割と美味しく食べられる所です。
そのままでも良いですし、チャーハンとかオムライスの中身とか何かしらに使えますので、もしも作ったのに食べて貰えなかったら是非親御さんが美味しくお召し上がりください。笑

この記事を書いたユーザー

椎野タマエ このユーザーの他の記事を見る

育児系の情報発信しています。
2014年11月生まれの一人息子を育て中。
趣味はイラストや漫画を描く事と、料理・裁縫・もの作り。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス