オーストラリアのクィーンズランドから、感動的なニュースをご紹介しましょう。子供の頃から白血病を患っていた娘の「ママになりたい」という願いを、46歳の母親が叶え、無事に赤ちゃんが誕生しました。

クィーンズランドのイプスウィッチに住むアリス・ホーヘンホウスさん(25歳)は、わずか4歳の時に白血病と宣告されました。治療後、8歳には寛解となったものの、9歳に再発。抗がん剤治療をすることにより、女性は将来妊娠することが困難になると言われています。アリスさんもその可能性があると指摘されていました。

白血病を克服できたアリスさんには、やはり「ママになりたい」という夢がありました。そして23歳の時に自然妊娠したのです。ところが、喜んだのも束の間、お腹の赤ちゃんは15週目で旅立ってしまいました。

これまでの抗がん剤治療によって子宮の組織が脆くなっているために、万が一妊娠できたとしても出産に至るまで赤ちゃんが育つことはできないと医師に言われ、悲しみに暮れたアリスさん。

アリスさんの悲しみを痛いほど感じた母親のテリーザさん(46歳)は、なんとかして娘の願いを叶えてあげたいと、代理出産母になることをオファー。

「最初は私には出産は高齢過ぎると思ったし、娘も私の年齢を気にしてあまり乗り気ではありませんでした。実は、アリスは妊娠している時に脳出血を起こして死にかけたんです。白血病と脳出血で2度も娘を失いそうになったからこそ、娘のために何かしてあげたいと思ったんです。」

アリスさんに是非幸せになってほしい、また、娘にはその価値があるのだ…。テリーザさんはそう思い、46歳ながら代理母になることを決意したのです。テリーザさんにはアリスさん以外にも4人の子供がおり、また、過去に50人もの子供たちの里親にもなっています。

アリスさんの体外受精して保存してあった受精卵がテリーザさんの子宮に移植されると、幸いにもテリーザさんはすぐに妊娠することができました。「超音波検査の度に、アリスと一緒に行って、赤ちゃんの様子がわかる度に二人で泣いたりしました。」そして6月2日にテリーザさんは無事に孫となる赤ちゃんを出産。

普段から絆が強かったテリーザさんとアリスさんは、この出産がきっかけとなり、ますますその絆を深めたようです。「私にとっても、生涯忘れられない素晴らしい経験となりました」とテリーザさん。アリスさんの喜びはもちろん、言うまでもないこと。

この感動的な光景を、一生記念に残すべくアリスさんはプロの写真家セレーナ・ローラソンさんに記念撮影を依頼。話を聞いたセレーナさんは「とても興味深いと思い引き受けました。実際に目の当たりにした時には感動でいっぱいになりました」と豪メディアに語りました。

おばあちゃんになったテリーザさんは「アリスが望むなら、また代理母になってもいいと思っています。私は健康的だし、今回の妊娠・出産も思っていたよりも大丈夫でした。子供たちのためなら何だってしますよ。特にアリスの幸せな顔を見るのは本当に嬉しいわ。」

幼い頃から病気で苦しんで来たアリスさんの辛さを共に支えて来たからこそのお母さんの言葉でしょう。

実は、アリスさんが9歳の時に弟のジェイムズさんの骨髄液を移植しています。もしそれがなければ、アリスさんも、そして新しく生まれたパーカー君もこの世に存在はしていなかっただろうと、テリーザさん、アリスさん、ジェイムズさんは改めて家族の絆を深めました。

ジェイムズさんも甥っ子のパーカー君が無事に生まれて来たことに感動を隠せず嬉し泣きしたそうです。パーカー君の小さな命は、多くの人の愛によって誕生したのです。

白血病という重い病気を乗り越え、奇跡的に助かったアリスさんの命。そしてそれを救った弟のジェイムズさん。更に、愛する子供に幸せになって欲しいと出産代理を申し出たテリーザさん。家族の温かい愛が一つになって生まれたパーカー君。こんなに優しい家族に包まれて、パーカー君もきっと将来、愛溢れる子供に成長することでしょう。

*記事作成は掲載元に許可済みです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら