記事提供:Photrip

マクドナルドは「どこの国に行っても同じ美味しさ」がウリ。マクドナルドのテイストは潮流とともに改良を重ねられているものの、基本のテイストは創業当時から受け継がれてきたもの。

その味が受け入れられている事が、その美味しさを物語っていると言えるでしょう。

・食材は国によって違う

マクドナルドのメニューは一貫したレシピによって作られていますが、食材は国によって違います。

同じジャガイモでも、産地や品種が違えば風味も違います。それでもできるだけ「世界共通のテイスト」にするべく、マクドナルドが企業努力をしているわけですね。

・より美味しいマクドナルド

ですが、ヨーロッパのマクドナルドはズバ抜けてテイストが違うと言われています。「テイストが違う」という言い方は誤解を受けるかもしれませんね。他の地域のマクドナルドに比べて「より美味しい」と言ったほうが適切でしょう。

だったら日本やアメリカもヨーロッパのマクドナルドのレシピを見習えば良いと思うかもしれませんが、そうもいきません。

・フランスの味を忠実に再現できない

ヨーロッパのなかでもロシア、ドイツ、フランスのマクドナルドが美味しいと言われているのですが、それは小麦と乳製品が素晴らしいから。特にフランスのマクドナルドが使用している食材は秀逸です。

日本でその美味しさを実現するのは、食材のみならず、気候や湿度も関係して無理といえるでしょう。もちろん日本のマクドナルドも美味しいのですが、フランスの味を忠実に再現することはできないのです。

・美味しい料理にならないはずがない

フランスに行くことがあれば、ぜひともマクドナルドに立ち寄ってみてください。普通のハンバーガーも美味しいのですが、期間限定で販売されている特別なパンを使用したハンバーガーを強く推奨します。

肉、チーズ、そしてパン、そのすべてがヨーロッパが自慢できる美味しい食材。そんな食材を世界的企業のマクドナルドが本気を出して研究すれば、美味しい料理にならないはずがありません。

本格的なレストランにも負けないグルメ。マクドナルドで体験してみてはいかがですか?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス