記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

女性らしさを保つためには、豆腐や納豆など大豆製品を取り入れるといい、という話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

今回はそんな、特に女性は積極的に摂取したい、大豆に含まれる「イソフラボン」について医師に話を伺ってみました。

そもそも「イソフラボン」ってなに?

イソフラボンは大豆に含まれているポリフェノールの一種で、大豆の胚芽部分に多く含まれています。食品安全委員会による、大豆イソフラボンの1日上限摂取目安量は70〜75mgとされていますが、サプリメントに頼らず普通に大豆や大豆製品を食べて上限となることはなかなか難しいので、たくさん摂るようにしましょう。

大豆製品が女性らしさを保つために効果があるというのは、この大豆イソフラボンの化学構造が、女性ホルモン「エストロゲン」と似ており、エストロゲンと似た作用を生じると言われているためです。

以下のような効能が期待できるといわれています。

・LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の上昇を抑制する
・骨粗しょう症を予防する
・美容やアンチエイジングの効果

更年期障害への効果

更年期障害とは、女性が閉経を迎える前後に身体に現れるさまざまな不調のことをいいます。40代〜50代に悩まされることが多いです。症状は身体ののぼせや発汗、イライラや倦怠感などさまざまで、その程度や症状にも個人差があります。

更年期障害の原因は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが急激に減少することです。そのため更年期障害の症状改善にも、この大豆イソフラボンの摂取が効果的だと考えられています。

大豆イソフラボン由来の「エクオール」に注目!

そんな女性の味方である「イソフラボン」ですが、ここ数年の研究で、イソフラボンよりもエストロゲンと同様の作用に優れている「エクオール」という成分が注目され始めています。エクオールとは、体内で大豆イソフラボンと腸内細菌によって産生される成分で、女性ホルモンのエストロゲンによく似たパワーを発揮するといわれています。

また、エクオールの摂取効果は、ホットフラッシュや肩こりの軽減、メタボリックシンドロームや骨粗しょう症の予防など、さまざまな研究で実証され始めています。

エストロゲンを補充することによる乳がんなどの副作用について、通常の量の大豆の摂取や大豆フラボノイドのサプリメントではこの副作用は心配ないとされています。エクオールの安全性についても検討が期待されています。

その症状、更年期障害かも?医師監修のセルフチェックで確かめよう!
1分で簡単チェック【更年期障害度】を診断してみる

医師からのアドバイス

味噌やしょう油などの調味料はもちろん、豆腐や納豆、厚揚げなど、重要なたんぱく源として、古くから日本人の健康を支えてきた「大豆」。
イソフラボンで期待される効果はもちろんのこと、“畑の肉”と呼ばれるほど良質な栄養素がたっぷり含まれていますので「最近食べていないな」という方は、積極的に取り入れていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス