記事提供:messy

『各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと』(株式会社メタモル出版)

インターネットによって情報があふれかえる今、〈科学的根拠のない効果効能を謳う物件〉が続々と発生しています。

主観による判断が大部分を占めるスピリチュアルな物件の場合は本人が納得してれば他人がとやかく言う必要はありませんが、健康問題がからむ物件となると別問題。

さらにそれらの通称〈トンデモ〉が子育て界へ及ぶと、問題は拡大していきます。子育て真っ最中の親は混乱し、子どもが被害をこうむるからです。

この夏、13人の専門家によって書かれた『各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと』は、そんな罪深き〈育児界周辺に出回るデマ〉を、幅広く解説しています。

同書に取り上げられている物件は、育児章では自然分娩や母乳・体罰・紙オムツなど、医学章ではワクチンやフッ素、発達障害など、食の章では砂糖や牛乳、農薬添加物など。

何が本当なのか、誰に相談すればいいのかわからない…と混乱している親たちに向け、悩みをスッキリ解決してくれるアンサーが続々登場!

それらの解答には、子育て中の親だけでなく、多くの大人が〈リテラシー〉を身につけるためのヒントがたくさんあります。

今回は同書の企画背景を、執筆者のおひとりである小児科医・森戸やすみ先生、メタモル出版の編集担当者に話をおうかがいしました。

感性に頼るのは「考える」ことじゃない

宋美玄先生による<まえがき>で、「玉石混淆の情報の海から、本当に子どものためになるものを選び取るには、『なんかこれよさそう』という感性だけを頼りにするのはよくありません。リテラシーが必要なのは、医学だけでなく育児、食、教育など何事でも同じです」とありましたが、本当に深く頷きました。

このことは一冊を通して伝わってきます。

森戸やすみ先生(以下、森戸)「そもそも〈自分の頭で考えよう〉と投げかけられたって、一般の人に検証できるほどの知識があるはずがなく、とても難しいことです。誰だって自分の専門外のことは、その分野の専門家ほどはわかりません。もちろん私だって同じです。

そして、目新しい極端な意見に影響されて『見抜いちゃった』『気付いちゃった』と思い、自分の頭で考えた気になって、ワクチンを拒否したりする。あやしい情報をうのみにしてしまうのは、〈感性〉を頼りに判断しているケースが多いのではないでしょうか」

担当編集(以下、編集)「本当にそうですね。例えば、私が森戸先生に『経皮毒について書いてください』とお願いしたら、森戸先生は『経皮毒ってウソっぽい気がする』と感性で判断するのではなく、まずは偏りなく論文や資料を探すわけです。経皮毒を提唱している人が書いた本も読みます。それから元々持っている医学的な知識と新たな論文などの情報を総合して、初めて考えたり検証したりするわけです。

『経皮毒って本当っぽい』とか、『経皮毒ってウソっぽい』と思うのは<感じる>であって<考える>ではないと思います。考えるためには、まずは考えるための材料、つまり偏りのない情報が必要なのではないでしょうか」

確かに、よく「自分の頭で考えよう」と主張しているニセ科学支持者を見かけますが、どうしてそうなってしまうのでしょうか?

編集「なぜでしょうか。偏りなく情報を集めて論理的に考える訓練をしていないせいでしょうか。それこそ、教育現場に根拠のない『江戸しぐさ』や『親学』などが入り込んでいますし…。それが<考えること=感じること>になってしまいがちな理由のひとつなのかもしれません」

森戸「ひと昔前までは、医学でも不確かな情報が多く、医者も今ほど厳密ではない方法でモノを言っていた時代がありました。私が研修医になった1990年代に、ようやくエビデンス(根拠)の重要性が指摘されはじめたんですよ」

編集「この本が出てから、ネット上で〈著者たちの子どもがどう育っているのか見てみたい〉という意見を見かけました。でも、この本は〈こう育てるとよくなりますよ〉という著者の個人的な主観や経験則を紹介するものではありません。専門家として、信頼できるエビデンス(根拠)をもとに書かれています。そこの違いをわかっていただけたらいいんですが…」

「普通」で「フェア」なバイブル

同書は、少数派が支持するトンデモをバッサリと斬り捨てない部分があるのも新鮮でした。<体罰>や<新生児にビタミンKの代わりにビタミンKのレメディを投与する>など、絶対ダメなものはっきり明記されているものの、基本的にフェアな姿勢です。

森戸「この本には、ごくごく普通のことしか書かれていません。でも、これだけ極端に変な情報があふれかえっている今は、かえって新鮮に見えるかも(笑)」

編集「一方の立場を極端に貶めるのは、ニセ科学などのあやしい情報を広めている人たちのやり方ですから、著者の方々も私もそうならないように気を付けています。例えば、母乳信仰に苦しめられるお母さんが多いからといって、『母乳も粉ミルクもまったく同じ』と主張すれば〈おっぱい左翼〉になるのと同じこと。結局は、反動を呼んでしまうと思います。ですから、できる限り中立でフェアな本になるようにしています」

「赤ちゃんのためには粉ミルクの栄養が最適」とされていた昭和を経て、昨今の「愛情も栄養も母乳でなくてはならない」という考えに偏ってしまう人が増えている母乳問題ですね。

昨年、森戸先生にお話を伺った母乳記事では、ニッチな分野や一時的な問題だとみなして研究する人も少なく、それが見過ごされる原因というご指摘もありました。

森戸「あやふやな情報に対しては、専門家が否定なり指摘すべきだと言っている人がいて、それは本当にそのとおりです。ところが、NATROM先生も指摘されていますが、学会などのアカデミックな場でないところで否定するメリットがありませんし、ちゃんとした医師はそんなものにかまうなという意見が一般的です。

しかし困るのは患者さんたちなので、やはり野放しにしておくのはよくありません。ツイッターでも、医者にこれはどうなんでしょうと聞いたけど苦笑されたとか、そんなもの読むなと言われるだけみたいな発言もありました。

確かに診療中に同じことをひとりひとりに説明する時間はなかなかとれませんし、診療報酬につながらないうえ、他の患者さんを待たせてしまうというシステム上の問題も出てきますから、ていねいに回答できないのは事実です」

難しい問題ですね。では、厚生労働省や自治体、学会や医師会などが発信すればいいと思うのですが、それではダメなんでしょうか?

森戸「そういった公的機関は、必要な情報を随時発信しています。たとえば、日本小児科学会のサイトにはワクチンを同時に複数打つのは問題ない(http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_1101182.pdf)ことが書かれていたり、日本産婦人科学会のサイトには子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種の勧奨再開を求める声明を発表したりしています。

でも、『ワクチンをそんなにたくさん一度に打っても大丈夫なの?』と思っている人や、『子宮頸がんワクチンは人口を減らすための陰謀だ』と思っている人には届かないんですよね」

正しい情報を発信/受診するには

では、正しい情報を多くの人に届けるためには、何が重要でしょうか。

編集「学会や公的機関の情報よりも、バイラルメディアや育児雑誌などにわかりやすくキャッチーに書かれている情報を身近に感じてしまうのは、仕方がないかもしれません。だからこそ、やはり裏をとった正しい情報を伝えることが重要だと思っています」

森戸「取材もせずネット情報をコピペしただけのバイラルメディアはもちろんですが、変な情報って雑誌や書籍などにもたくさん載っていますよね。作る側も、面白そう!くらいの気軽さで飛びついてしまうのかもしれません。でも、特に子どもや健康にかかわる情報は、きちんと裏付けをとってから載せてもらいたいんです。科学的にありえないことを検証のないまま載せるのは、あまりに無責任ではないでしょうか」

ひとつのテーマに対して肯定派と否定派、両方の意見を掲載して「いろいろな考え方がありますが、どちらを選択するかは自分で考えてみましょう」と判断を読者に丸投げする構成の記事も少なくないもの。

そんなメディアの姿勢が混乱を生む原因のひとつとなっていると、おふたりは指摘します。


森戸「そういう両論併記の場合、片方はトンデモで、片方は専門家の意見であるということも多いんです。でも、読者はどちらも同じくらい支持されていて根拠のある意見だと受け思ってしまいます。たった数人の個人が主張している根拠のない説と、多くの専門家が検証したうえで実証した事実を、同等に扱わないようにしてほしいんです」

では、逆にトンデモな情報を見抜くには、どうしたらいいでしょうか?

森戸「菊池誠先生のあとがきにもあるように、あやしい情報を見抜くための万能な方法というのはなく、難しいことです。でも、少なくとも発信している人が、専門家の中でどんな評価を受けているかという点から判断するのもひとつの手でしょう。さらに論文をどのくらい参照しているかということもポイントです」

編集「誰が書いた記事なのか、誰に取材や監修を頼んでいるのか、どんな媒体が発信したのかをチェックするだけでも違うと思います。疑問に思った情報は、公的機関のサイトや学会などのサイトで確認してみるのもおすすめです。個人的には、<自然>や<伝統>、<道徳>を美化するような説には、おかしいものが多いと思っています。そして、一人ひとりが根拠のわからない情報をシェアしないということから始めると、変な情報に惑わされる人が減るんじゃないでしょうか」

最後に、メタモル出版では『産婦人科医ママと小児科医ママのらくちん授乳BOOK』などの専門医ママの本が既にシリーズで発売されていますが、今回のように幅広いジャンルの子育て系トンデモを詰め込んだのはなぜだったんでしょうか?

編集「私自身が子育てをするようになり、あまりにデマが多いことに驚いたので、専門医ママのシリーズを作ったんですが、分野が違うために取り上げられなかったテーマがたくさんあったんです。それで著者の方々にご相談しながら、幅広いジャンルを入れた一冊を企画しました。子育て中って時間がないですし、これなら気軽に読んでいただけるのでは、という思いもありました」

森戸「もちろん、思想や信条が揺るがない人もいて、既に『ワクチンは危険』だと思い込んでいる場合は、この本を読んでも考えが変わらないかもしれません。それでも読んでみて、少しでも考えるきっかけにしていただければ嬉しいし、何が正しいのかわからないと迷っている方にはぜひ読んでみていただきたいです」

編集「この本は周囲の人があやしい説を信じてしまいそうなとき、保育園や幼稚園、小中高校などで根拠のないあやしい授業が行われそうなときにもお役に立つと思います。なんとなくおかしいと思っても、どこがおかしいのかを個人的に資料を用意して指摘するのは大変ですよね。でも、この本があれば、見せるだけで説得力があるのではないでしょうか。多くの方にお読みいただけたら嬉しいです」

「なんとなくよさそう」「考え方が温かくて素敵、納得できる」「信頼しているあの人が言っているから」「知り合いがその方法で成功した」etc.そんな判断で選んだ情報は身近でわかりやすいけど、もしトラブルが起こったら「失敗しちゃった」とテヘペロですまないのが、子育て。

絶対に失敗してはいけないということではないけど、無駄な苦労やトラブルは、やはり少ない方が望ましいもの。〈リテラシーを持つ〉という姿勢が、まさに「子どもを守るために知っておきたいこと」であることがわかる、ママ必読のバイブルといえそう。

とりあえず自分の場合は、添加物と農薬を嫌う実家の母に食の章を読んでもらうことが、ファーストミッションかも。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス