ミニマリスト論いっときましょうか。

東京時代は、ミニマリストでした

「年収150万円ぼくらは自由に生きていく」という本を昔書きましたが、東京時代、ぼくはモノを持たないミニマリストでした。

正確にいうと、狭いワンルームに住んでいたので、そもそもモノを持とうと思っても持てませんでした。洗濯機置き場すらないワンルームでしたからねぇ。

何度か引越しをしたんですが、東京って床面積が広くなると家賃も比例して高くなるんで、常に「できるだけ小さい間取り」で探していました。

東京って、そもそも節約しようとすると、自然と「ミニマリスト」になるんですよね。かっこよく言っているだけで、単に狭い家にしか住めないだけじゃないかと。

モノを持たないことは確かに豊かなんですが、東京的ウサギ小屋ミニマリストって、「その先」がよくわからないんですよね。

「モノを持たないのはわかった。で、あなたは何をするの?」みたいな。でっていう。

「冷蔵庫は外にあるコンビニと自動販売機だぜイェイ」みたいなものもわかるんですが、それって結局、消費的というか、外部に依存しているわけじゃないですか。コンビニなかったらどうするの?死ぬの?

あなたの生活はミニマル(最小限)に見えるけど、よくよく見ると大きなシステム(小売、物流サービス)に依存しているんですって。

都会的なミニマリズムって、ここが気持ち悪いんですよねぇ。ぜんぜんミニマルじゃない。むしろ前時代的な大量消費・大量生産、どまんなか。

田舎に来て増えたモノ

ぼくは田舎に住んでから、すっかりミニマリストではなくなりました。どんどんモノが増えています。うち、42平米しかないスモールハウスなのに…。

ぼくが田舎に来てから買ったモノ、買おうとしているモノを、ざっとリストアップしてみましょう。

・草刈機
・シャベルやスコップ、レーキなどの農機具
・クルマ(しかも2台!)
・軽トラ(購入予定)
・100Wの太陽光発電システム
・発酵容器
・キャンプ道具一式
・ジェラートメーカー(いただきもの)
ソーダストリーム
スペースドラム(25万!)
・ガスオーブン(購入予定)
・業務用冷凍庫(購入予定)

あと、8000平米くらいの土地を購入する予定です。イケハヤ村を作りますぞい。

土地を買ったら、当然またモノも増えます。農業を本格的にやりたいので、トラクターとかもほしい。開墾したいので、ミニユンボもほしいなぁ

「生産」までやって、はじめてミニマリスト

上のリストを見てピンと来る方は、わかってます。

「クルマ買うなんてミニマリストじゃない!」と青スジ立てて怒っちゃう人は、ウサギ小屋ミニマリストです。そのまま東京で消耗していてください。

わかりますか?

ぼくは「生産」までやりたいんです。

草刈機も、軽トラも、ガスオーブンも、業務用冷凍庫も、「生産」活動に必要なんです。

こうした道具があれば、地域にあるものから、自分たちの生活を作ることができます。大きなシステムに依存するまでもなく、自分たちの住む集落だけで、生活と経済を循環させることができちゃうのです。

都会的なミニマリストは、消費社会に依存しています。それは大きな視野で見れば、ちっともミニマル(最小限)ではない。

田舎なら、消費社会からの依存を脱却して、より「ミニマル」で暮らすことができます。

そのためには、ある程度の生産設備が必要なのです。草刈機ないと作物も育てられませんからねぇ。

追記:広大な土地も買いました

都会的ミニマリストでは考えられない「土地の購入」も完了しました!8,000平米くらいあるので、かなり広いです。

関連記事【初公開】イケダハヤトが購入した山奥の土地、8,000平米

ここを開拓して家を作るので、ますますモノが増えそうです。ふふふ~、ここを拠点にいろいろ生産していきますよ!

みんな、こっちにおいで

いわゆる「ミニマリスト」の行き着く先は、結局ここなんですよ。

ウサギ小屋で消費社会に依存することは、ちっとも「ミニマル」ではないことは、断捨離を極めた人ならわかることなので。その生活、裏では電気とかものすごく使ってるわけですから。

モノを捨てて自由になる。

大量消費大量生産の社会から決別する。

そのために、広い土地に移住し、消費ではなく「生産活動」を始める。

こうした本格的なミニマリストたちが増えてくると、日本はますます面白くなっていくでしょうね。

こういう「煽り」はミニマリスト的ではない!というお叱りを受けそうですが…まぁ、これは趣味みたいなものなので、ご容赦ください。ミニマリストになると、芸風を磨きたくなるんですよ!

おすすめ本

余談ですが、ぼくは最近、「発酵」と「うんこ」にハマっています。発酵とうんこは、ミニマリストが必ず行き着くところなんですよ。意味がわからない人は、まだまだ修行が足りませんよ。ふふふ。

ほんとうのミニマリストたちの暮らしを知りたいなら、この本がおすすめ。断捨離本とは一線を画す内容です。

日本でも始まっている小さな住みかた。都市との距離、住まいのありかたを見直し、実行した先駆者たちの言葉。

出典 http://www.amazon.co.jp

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス