牛丼チェーンの人気店として全国展開している「すき家」が、期間限定でアラビアータ牛丼を発売。発売したばかりだというのに、なかなかの大盛況だという。しかし実際に自分で食べてみない事には「本当にうまいのか」わからない。

・食べる前からスパイシー

ということで、さっそくアラビアータ牛丼を注文。じっくり煮込まれた牛肉に、真っ赤でスパイシーなアラビアータソースがぶっかけられている。

広がる湯気とともに牛肉の甘い香りが漂う。それと同時に、「キンッ!」と鋭いスパイシーな香りもする。食べる前からスパイシー、かなり辛いに違いない。

・ギリギリ我慢できるレベルの辛さ

「気絶するほど辛かったらどうしよう」と不安になるものの、勇気を出して実食!

あひゃあああああああうひゃああああああああクパァアアアアアアアアアアアアア!うんっっっっつめええええええ!うめえ!そして辛い!激しく辛い!だが「ギリギリ我慢できるレベルの辛さ」という感じだ。

これは食べて正解ッ!

・辛いスパイスが合う

生卵をかけて食べると辛さがマイルドになり、より食べやすくなる。

アラビアータ牛丼を食べていた女性(21歳/ロックバンドメンバー)の来店客に感想を聞いてみたところ「うン、すき家の牛丼はやや甘めなンですが、うン、だからこそ辛いスパイスが合う気がする。うン、激辛すぎてSMAPの解散発表よりも泣けましたァ(笑)。うンうン」と話していた。

ちなみに、逆に辛さが足りないという人はテーブルにある唐辛子をふりかけるといいだろう。よりスパイシーになり、激辛マニアも満足の味となる。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス