お盆を過ぎて、うだるような暑さがほんの少し和らいでくるようになると、そろそろ秋の風を感じるように。そうなると、自然と増すもの、それが「食欲」。
深夜に読んだら危険かも?!食欲を刺激する、美味しいももの満載のグルメ漫画と、登場する実在のお店やレシピも紹介します。食欲の秋と読書の秋を先取りしましょう。

女子共感度100%「いつかティファニーで朝食を」

理想の朝ごはんめぐりをする独身OLが主人公。
毎回実在する店舗が登場し、主人公やその周りの女性たちが日々仕事に恋に、家事育児にと奮闘する中で、美味しい朝ごはんに癒される姿に共感します。

千駄ヶ谷のカフェで食べるラタトゥイユ入りの新鮮サラダボウルに、バンズはパリふわ、カリカリジューシーなパテのハンバーガー。栄養満点アサイーボウルに、とろとろ卵のスクランブルエッグ。(グッドモーニングカフェ 千駄ヶ谷駅徒歩3分)

また別の日は、築地の魚がし横丁で身がぷりぷりの銀ダラ西京焼きによーく味がしみ込んだカレイの煮つけで和食の朝ごはん。(現在移転中)

そして、元カレと最後に食べる有名店billsのリコッタチーズパンケーキに古オージーブレックファスト。(bills 神奈川県七里ガ浜 )
楽しいときもつらいときも、美味しい朝ごはんがあれば頑張れる。

実在店舗が登場するので、行ってみたい!と思えるのも魅力。
明日、いつもより早起きして美味しい朝ごはんを食べたくなる、そんな一冊です。

出典 http://www.good-morning-cafe.com

第一話で登場する朝ごはんを食べられるカフェ。
アサイーボウルやフレンチトースト、ハンバーガーなど豊富なラインナップ。

グッドモーニングカフェ
東京都渋谷区千駄ヶ谷
7:00-23:00
http://www.good-morning-cafe.com/asaichi/

出典 http://tabelog.com

「世界一美味しい朝食」としてパンケーキが有名な「bills」。
その代名詞ともいえるリコッタチーズパンケーキは一度食べてみる価値あり。
七里ガ浜を一望できる絶好のロケーションで視覚と味覚で癒される銘店です。

bills七里ガ浜店
火ー日7:00-21:00
月7:00-17:00
http://www.transit-web.com/shop/bills-shichiri/

おうちごはんが一番おいしい「きのう何食べた?」

弁護士と美容師、男ふたり暮らしの食卓には、毎日幸せの湯気が上がります。

鮭とごぼうの炊き込みごはん、いわしの梅煮、トマトとツナのぶっかけそうめん、鶏肉のオーブン焼き、イチゴのジャムにフレンチトーストなど、手がかからないけれど、ちゃんと美味しい、食欲をそそるおうちご飯。

主人公が頭の中でつぶやく独り言がそのままレシピになっているので、どれもすぐに作れるのも魅力です。
今夜はこれを作ってみようかな、と思える献立が盛りだくさん。
おうちごはんが食べたくなる一冊です。

「なに食べ」から鮭とゴボウの炊き込みご飯 レシピhttp://www.recipe-blog.jp

一巻に登場する鮭とごぼうの炊き込みご飯。
数あるレシピブログの中にも、同漫画に登場する料理を再現したレシピが多く載せられています。

今すぐ食べたいグルメ漫画の鉄板「孤独のグルメ」

輸入雑貨商の主人公が、行く先々でひとり食事を楽しむシーンを淡々と描いたグルメ漫画。
食べる、ただひたすら食べる。それだけなのに、なぜかみていておなかがすいてくる。

東京都台東区山谷の800円でボリューム満点のぶた肉いためライスに豚汁。
川崎セメント通りでは、汗をふきながらジュージューと焼肉。
東京発新幹線ひかりで食べるシュウシュウと音をたてるシュウマイ弁当。
白いごはんが恋しくなる渋谷百件店のこってり餃子と大盛り焼きそば…。

今すぐ同じものを食べたくなる衝動に駆られます。
実在する店が登場し、テレビドラマ化もされた元祖グルメ漫画です。

ほっこりして野菜が食べたくなる「まんまるポタジェ」

都会で働くバリキャリOLだった主人公は、体を壊したのを機に、カフェ開業を目指す夫と、娘のハナと三人で田舎に移住することに。
大の野菜嫌いの主人公が、娘との距離を縮めるためにポタジェ(美しい家庭菜園)作りに奮闘するハートウォーミングなストーリー。
登場する美味しそうなカフェごはんに、新鮮な採れたて野菜がみずみずしくて美味しそう。
トマトにきゅうり、ナスにピーマン、カボチャに玉ねぎ、ズッキーニ。
新鮮なら、それだけでごちそうに。
レシピはありませんが、ほっこり優しい気持ちになって、おいしい野菜でカラダにもやさしくしたくなる一冊です。

今すぐ白いごはんがほしくなる「ごはんのおとも」

これさえあれば、何杯だって食べられる。ごはんのおとも。あなたにはありますか?

独身男子が早くおうちに帰りたくなるほど美味しい、たまごの黄身のしょうゆ漬け。
女子大生が一人暮らしの孤独を忘れられる、家族の思いが詰まったしそ味噌の焼きおむすび。
どんなごはんのおともも出してくれる、店主思い出のとりそぼろ。

路地裏にある料理店に集う老若男女が心から愛する8つの「ごはんのおとも」を紹介するショートストーリー。
どれもこれもみんな美味しそうで、ひとつずつ試してみたくなるようなものばかり。
ふんわり優しい絵柄に、いただきますで始まりごちそうさまで終わる秀逸なストーリー展開、最初から最後までほっこりした気持ちでいられます。
やさしい気持ちになって、白いごはんが恋しくなる癒しの一冊です。

たまごの黄身のしょうゆ漬け

出典 http://www.j-n.co.jp

箸でつかめる絶妙な固まり具合の黄身とほかほかごはんが相性抜群。
ぜひ一度お試しあれ。

美食がすべて忘れさせてくれる「忘却のサチコ」

29歳の文芸誌編集者の主人公サチコは、「あるできごと」を境に、美食を求めて全国を駆け巡ることに。おいしいものを食べた時だけは、何もかも忘れられる…!

人生どん底の悲しみをも忘れさせてくれる絶品さばの味噌煮。出張先の長崎で出会った、中学生が部活終わりにがっつくようなボリューム満点の名物トルコライス。「幸せの黄色いハンカチ」の名シーンさながら、徹夜明けに食べるラーメンとかつ丼。
美味しいものがあれば、大丈夫…!
極端なまでにしっかり者のサチコが巻き起こす珍事と、登場する美味しそうなごはんのコントラストがやみつきになるグルメコメディー。
落ち込むことがあったら、うーんと美味しいものを食べてみようと思える一冊です。

いかがでしたか?秋の夜長に読みたくなる、美味しい漫画ばかりです。
まだ夏バテだという人も、登場する美味しそうなごはんに食欲を刺激されるかもしれませんよ。

この記事を書いたユーザー

namo このユーザーの他の記事を見る

インテリア、プチプラファッション、おうちカフェが好きなアラサー既婚主婦です。

得意ジャンル
  • インテリア
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス