・凄すぎたリオ・五輪閉会式

Licensed by gettyimages ®

盛り上がりを見せたリオ・五輪が遂に終わりました。
そんな中、8月21日に行われた閉会式で、バトンがブラジルから日本へ渡った後に、日本が見せた演出が凄すぎて感動したという声が多く聞こえてきています。

・新・東京都知事も現地に登場

Licensed by gettyimages ®

閉会式では小池百合子都知事が登場し、東京へ五輪の旗を引き継ぐ「フラッグハンドオーバーセレモニー」が行われました。世界の舞台で着物姿を見せる小池さんに好感度が上がったという声も多く見受けられました。

今年、日本を騒がせた東京都知事の辞任問題。
新しく都知事になったばかりの小池さんは慣れないことが多い中、現地に向かわれました。閉会式では雨も降っており着物は濡れてしまっていましたが非常に晴れやかで美しく見えました。

・いったい何が素晴らしかったのか

Licensed by gettyimages ®

そんな日本の、「フラッグハンドオーバーセレモニー」は、日本国内のみならず世界中で注目される結果となりました。

・最高の演出で鳥が引くぐらい鳥肌!

SNSも大盛り上がりだった閉会式の模様。いったい何が素晴らしく、人々の心を動かしたのか。
日本の演出についてチェックしていきたいと思います。

1.世界中に「ありがとう」

Licensed by gettyimages ®

国家・君が代と日の丸が一面に映し出された後、まず最初に会場に映し出されたのが世界各国の言葉で書かれた「ありがとう」の文字でした。
これは、東日本代表で被害にあった子供たち1万人により制作された文字で、支援をしてくれた世界中の人への感謝の気持ちを表したものでした。

何よりも先に感謝の言葉を持ってくるところが日本らしい!各国の方も心を打たれたのではないでしょうか。

2.1964年の東京オリンピックをリスペクト

次に東京の映像が会場に映し出されます。そこで登場するのが1964年を思わせる選手たちのポーズ。これは亀倉雄策さんが制作されたポスターのオマージュです!

半世紀前の作品とは思えない素晴らしいポスターで、亀倉さんの偉大さを今になって実感している方もいらっしゃいます。前回の東京五輪に思い入れがある人達も感動ですね。
新しさだけではなくて昔も振り返りリスペクトする姿勢に好感を持たれた方が多かったようです。

3.日本の人気キャラクターが登場

出典 http://www.amazon.co.jp

そして、日本のスポーツ選手たちと共に映像に登場したのが世界中で人気のある日本のキャラクターたち。日本を代表して、キャプテン翼、パックマン、ドラえもん、ハローキティ、スーパーマリオが登場しました。アニメ、ゲームはファンは大興奮です!

・ポケモンはドコ?

Licensed by gettyimages ®

ところでポケモンは?ピカチュウは?と思われた方が少なくともいらっしゃると思います。現在ポケモンGOが世界中で大ブームなので、ポケモンが登場しないのに違和感を感じてしまいますね。しかし、別にポケモンが仲間はずれにされていたわけではないようです。

実はこの演出は今年の1月から考えていたものでポケモンGOが流行る前だったのです。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会によると、演出を考えたときにマリオと比較して悩んだ末、今回はポケモンは登場させないと判断されたそうです。マリオのゲームシリーズは全世界で3億以上の売り上げをほこり、(ポケモンのシリーズは2016年2月時点で2億)ミッキーと同じくらいに人気のあるキャラクターです。
そして、2020年の開会式ではもしかしたらポケモンが見られるかもしれませんね。

4.スタイリッシュな音楽

Licensed by gettyimages ®

そして、映像が終わると会場で生の演出が始まりました。50人のダンサーと共に始まった光のショー。企画と演出を手掛けたのは演出を中心に行ったのはアーティストの椎名林檎さん、クリエイティブディレクターの佐々木宏さん、クリエイティブテクノロジストの菅野薫さん、Perfumeの演出、振付で知られるMIKIKOさんでした。

・日本の伝統的な「和」の曲ではない

Licensed by gettyimages ®

海外からの見た日本は、忍者や侍、またアニメやゲームといったイメージが強いです。そのため音楽もそちらよりの演出にしても良かったのですが、ここで音楽の監督を務める椎名さんはあえてそうはしませんでした。

今のリアルな東京を伝えたい、そういう思いがあったからだそうです。
海外の日本へのイメージと、実際の東京のポップカルチャーとの間のギャップを埋めたいとして、ジャズ、テクノ中心に東京の今の姿であるスタイリッシュな音を選曲しました。

・流れた曲はこちら

Licensed by gettyimages ®

・ジャズトランぺッターの三宅純さんの「ANTHEM OUTRO」
・ピアノトリオ「H ZETTRIO」さんの「Neo Japanesque」「Get Happy!」
・中田ヤスタカさんの「1620」
・椎名林檎さんの「THE CITY OF FESTIVALS」「ちちんぷいぷい」「望遠鏡の外の景色」

中でも注目を浴びた曲は「望遠鏡の外の景色」。この曲は「エッグ」という舞台で椎名さんが提供した曲です。架空の競技「エッグ」で五輪を目指す人々を通して、スポーツ、音楽への大衆の熱狂と、戦争への大衆の熱狂との共通性を浮き彫りにし、戦争の愚かさを描いている作品です。現実世界の五輪の閉会式でこの曲を選んだ椎名さんに何かのメッセージ性があるのではととらえたファンの方もいらっしゃいました。椎名さんはこれについてコメントはしておらず、そのような意図はない可能性が高いです。
なんにせよ、椎名さんが選んだ曲たちが演出にマッチしていて高評価だったことには間違いありません。

・クールな中に熱も感じる

Licensed by gettyimages ®

また、テクノやジャズといった涼しい曲が流れる中での演出でしたが、選手を応援する姿をダンスで表現するなど熱さを感じる場面もあり、そのバランスが良かったようにも思います。また、日本の伝統的な曲は流れませんでしたが、いたるところに日本の国旗や日本のカルチャーが見え隠れする演出となっており「日本だ!」と誰もが感じられる内容だったと思います。

5.まるでPerfumeのライブ⁉

Licensed by gettyimages ®

50人のダンサーと共に繰り広げられた演出では、音楽は中田ヤスタカさん、ダンスの振り付けをMIKIKOさん、AR演出にRhizomatiksさんだったということで、Perfumeと同じクリエイターたちが揃いました。

・世界に注目されるか彼ら

出典 YouTube

Perfumeやキャリーぱみゅぱみゅさんの活躍を見て分かるように、彼らが手がけるアーティストは世界でも人気が高くワールドツアーも行っているアーティストです。
そんなアーティストを裏で支える実力派のクリエーターたち。息の合ったチームワークで、音楽、衣装、演出全てにおいてマッチしていたため、見ていて気持ちのいいものでした。

・Perfumeの演出だ!

出典 YouTube

そんな閉会式を見てまさにこれはPerfumeだ!と興奮するPerfumeファンの声が多く聞こえてきました。Perfumeはライブの演出がスタイリッシュで人気があります。上の公式動画ではPerufumeのライブの模様が少し映し出されていますが、音楽、衣装、照明などが一体となった演出には圧巻です。

これぞ日本のポップカルチャー。今回の演出が若者を中心に高評価を得ている理由もわかりますね。

・Perfume出ないの?という声もチラホラ

今回、歌を歌うような場面はなくPerfumeや椎名さんが登場することはありませんでしたが、ファンの皆さんは「もしかしたら・・・」とドキドキして見ていらっしゃったようです。

6.そして安倍マリオ

Licensed by gettyimages ®

そして、なんといっても世界を驚かせたのは土管から現れたマリオならぬ「安倍マリオ」でした。安倍晋三首相がまさかのコスプレで登場したオチャメな演出にビックリですね。

・世界中で話題に

Licensed by gettyimages ®

今までオリンピックに一国の首相がショーの中に登場したというケースはありません。このサプライズに「平和をアピールした日本」「ユニーク」と称賛する声が多く聞こえてきました。一方で「スポーツに政治を持ち込むな」と批判的な声もチラホラ聞こえてきます。
賛否両論ありましたが、このパフォーマンスが人々の目に止まったことは間違いありません。

・意外すぎて笑っちゃう人も

まさかの首相登場に日本国民も驚きですね。
MARIO(マリオ)とRIO(リオ)をかけているところにも演出家たちのセンスが光りました。日本だけを主張するのではなくちゃんと「リオデジャネイロからバトンを受け取った」というリオを尊重する演出になっているのも素敵です。

・今まで活躍した選手達も忘れずに

Licensed by gettyimages ®

そして、このセレモニーのために駆け付けた北島康介選手など日本のスポーツ界を盛り上げてくれた方も映像に登場したりしていました。色んな立場の方への配慮が出来た演出だったため、多くの方に受け入れられたのですね。

・世界の反応

Licensed by gettyimages ®

最後に実際に世界の方がどういった感想を持たれたのか少しだけ紹介します。

・「日本のTOKYO2020のプレゼンが印象的だった」

・「マリオとドラえもんが出てきた!信じられない!」

・「2020年、待ちきれない!」

・「人生の目標:東京にオリンピックを見に行くこと」

・見逃した方も動画でチェックできる

出典 YouTube

NHKから配信されている動画にてセレモニーの模様は確認できます。こちらからは視聴できませんので、お手数ですが直接Youtubeへアクセスしてご覧ください。

・いかがでしたか。

Licensed by gettyimages ®

あまりにも素晴らしい閉会式だったので、開会式はもっといいものにしなくては…とハードルが上がってしまったことに心配する人も現れてしまうほどの内容でした。

なにはともあれ、2020年の東京オリンピックに向けてバッチリ世界に東京をアピールできたのではないでしょうか。これからますます東京が世界から注目されますね。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス