■お寿司を食べる時、どんな風にたべますか?

みんな大好きお寿司。ねたにお醤油を付けて口に運ぶ…という一般的な食べ方をされるかと思いますが、その口に運ぶ際のお寿司の上下」ってどうなっていますか?

多くの方がこんな感じかも

Licensed by gettyimages ®

恐らく、「ネタ側が上」で「ご飯側が下」という、上の写真のように食べる方が大半かと思います。

しかし、実はよりおいしく食べるには、上下を逆にするべきって知っていました?

その理由は「舌」にある

舌が旨味を感じるのだから、お寿司のメインであるネタの部分を舌つけて食べることが出来る食べ方が正解らしいですよ。

ちなみに、そのように食べるには、お箸ではなく「手」で食べる方がいいんだとか。

箸で寿司をつまみ、そのまま醤油につけて食べる。誰もがやっている寿司の食べ方かもしれませんが、実は寿司は手で食べたほうがおいしいのです。

理由は「ネタに醤油をつけ、ネタの部分が舌に当たるように食べる」と、同じ寿司でも何倍もおいしいから。それには箸よりも手のほうがやりやすい、だから手で食べるのです。

「おいしい部分が舌に当たるように食べる」のは、食べ方全体の基本です。

出典 http://toyokeizai.net

確かにお箸だと、上下逆にして食べるのは難しいですからね。マナー上は手でもお箸でも問題ないようですが、手のほうがより簡単においしく食べられるのは間違いないようです。

■この様に「上下逆」がおいしく感じる物は他にも…

▽例えば…「エクレア」

Licensed by gettyimages ®

中にはクリームが、上部にはチョコがコーティングされたスイーツ、エクレア。

こんな風に食べてしまいそうですが…

Licensed by gettyimages ®

これもお寿司と同じように、上部にコーティングされたチョコ部分をより味わうには、上下逆にしてチョコが舌に触れるように食べるほうが美味しいんです!

大手メーカーであるモンテールさんが言うのですから間違いないですね。

みんな美味しさを実感してます。

▽ちなみに、「シュークリーム」も上下逆に食べると良い

出典 http://forestpub.com

実は理由は違いますが、隙間なく中にクリームが入っているタイプのシュークリームも、上下逆にして食べたほうが良いんだとか。

その理由は、その方がクリームが溢れること無く上手に食べられるからのようです。

これも成功ツイートが沢山。ぜひお試しあれ。

■手順を逆にしたほうが美味しい食べ物も

▽イチゴ、先端から食べてませんか?

Licensed by gettyimages ®

ヘタを持って、先端から口に運ぶという方が多いかも。

いちごはヘタ側よりも先端のほうが甘味が強いので、ヘタ側→先端の順で食べると甘さが強調されてよりおいしくいただけます

洗うときはヘタをつけたままザルに入れて薄い塩水で手早く。いちごは農薬使用量が厳しく制限されているので土汚れを落とす程度で十分。念入りに洗いすぎると甘味が逃げてしまうこともあります。またヘタを取ったまま水につけると大切なビタミンCが水に溶け出してしまい、味も水っぽくなってしまうので注意しましょう。

出典 http://www.tochigi-ichigo.net

どうやらイチゴは先端のほうが甘みが強いので、ヘタ側から食べたほうがより全体をおいしく味わうことが出来るらしいんです。

ということで、ヘタを手で持って食べるのではなく、まずはヘタを取ってからヘタ側から食べるのが正解です!


※ちなみに、この先端が甘いことを知ってか知らずか、イチゴ農園の食べ放題で先端だけ食べる観光客が多く農園の方が困っているんだとか…。そんな事はくれぐれもしない様にしましょうね。

▽卵かけご飯、醤油をさいごにかけていませんか?

出典 http://www.tetsujin-no-tamago.jp

たまごに醤油をかけるのではなく、ご飯に先に醤油をかけて混ぜるのが美味しく食べるコツなのだとか。大空さんによれば、そのほうがたまご本来の味を存分に楽しめるのだそう。

出典 http://www.ohtabooks.com

芸能界屈指の卵かけごはんフリークと言われる大空眞弓さんが提言する食べ方なんだとか。確かにいい卵を使う場合はその方が美味しいかもしれませんね。

同じような食べ方をする方も

卵の味がダイレクト!

醤油の風味がよく立つとの声も

なるほど、なんだか分かる気がします。

醤油の香りが立って、卵の味がダイレクトに味わえる。いいとこずくめですね!

▽納豆の醤油を入れるタイミングは??

Licensed by gettyimages ®

よくパックに入っている、「醤油とカラシ」を入れてから混ぜる…というパターンの方が多いかもしれませんが…

先に醤油を投入してから混ぜてしまうと納豆の粘りが弱くなり、醤油の味が強く出過ぎてしまい、結果的に納豆の旨味を殺してしまう事になります。

逆にからし等スパイスを最後に加えると、納豆に十分絡まないだけでなく、スパイスの香味が強く出過ぎてしまい、納豆の美味しさが失われるとの事。

出典 http://rothatokyo.main.jp

最初に醤油を入れるのはダメ。
からしなどのスパイスを最後に加えるのもダメ。

つまり、パックに入っている2つのアイテムは基本的には同時に加えてはいけなかったらしいんです!

①まず納豆にからしを加えよく混ぜて粘りを出します。
※ネギなどの薬味も醤油投入前に混ぜて、納豆と馴染ませるのが良い

②これらが馴染んだところで、醤油を投入。

こうする事で、からしのツンとくる辛み、ネギの風味で納豆の初期の臭いを抑えつつ、それらと納豆との相乗効果もあり、咀嚼により引き出される旨味も感じやすい。

出典 http://rothatokyo.main.jp

納豆の臭みを取るという意味でも、この順番がオススメなんだとか。

タレを先に入れてまぜてしまうと、タレの水気でふっくら感が薄れてしまいます。先にかきまぜた方が、ふっくらして面積が広がるので、舌がうまみ成分と触れ合う部分が増えます。なのでタレは後に入れた方が美味しく感じます。

出典 https://www.buzzfeed.com

全国納豆協同組合連合会もこの様に回答。確かにタレを入れる前に混ぜると納豆がふっくらしますね。理にかなってるかも。




■ちょっとしたことで、食事が更に美味しく!

上下を逆にしたり、よくやる手順を逆にしたりするだけで、いつもの食べ物がよりおいしくなるというお話でした。

卵かけご飯や納豆は今日から使えそうですね。
どうせ同じものを食べるなら、よりおいしく食べた方が絶対得!
ぜひお試しください。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス