記事提供:ガジェット通信

日本だけでなく世界を席捲している『ポケモンGO』ですが、トレーナー(プレイヤー)のマナーの悪さが指摘されることが増えて、「ポケストップ」「ジム」がある寺社・公園などが注意喚起を出す例も多くなっています。

「ポケストップ」「ジム」が多数ある東京・上野公園内の不忍池近くにある寛永寺の弁天堂もその一つ。ある『Twitter』ユーザーが「通告書」と題して貼り出された書面をツイートしています。

不忍池の弁天堂にポケモンGO遊戯者に対する通告書が張り出されてました。

弁天堂付近でのポケモンGOが禁止となれば屋台の売り上げにも影響が出るためか屋台のおじさんがポケモントレーナーにマナーを守るよう注意してました。改善すればいいね。

出典 https://twitter.com

「ポケモンGO遊戯者へ」と名指しされた通告書には、「一部の不敬者による身勝手且つ常識外れな行為が繰り返されています」として、飲酒・飲食・喫煙行為が刑法第188条の1の「礼拝所不敬及び説教等妨害」に触れるとされています。

同じユーザーは、『ポケモンGO』トレーナー有志によって自動販売機に貼られたマナーを呼びかける張り紙もツイート。

不忍池の自販機に貼られていたビラ。

一部の人のマナーに心を痛めているポケモントレーナー有志の皆さん。

不忍池でポケモンGOがいつまでも楽しめますように。

出典 https://twitter.com

上野公園内に限らず、『ポケモンGO』トレーナーに対してマナーを守ったプレイや行動が求める動きはこれからも増えそうです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス