記事提供:AbemaTimes

『AbemaTV』バラエティCHANNELで8月21日に放送された『探偵!ナイトスクープ #5』で、松村邦洋探偵員が担当することとなった「ヒトデはウニの味か!?」という調査が、視聴者の注目を集めることとなった。

ヒトデと言えば、磯などでしばしば見ることができるあの特徴的な形の生き物で、それを「食べる」というのはあまり聞かないものだが、実際には高級寿司ネタとして知られる「ウニ」と似た味なのだという。

そこで番組では、投稿者である佐藤さん(31)と共に、調査をすることとなったが、いざ、釣り上げたヒトデを前に、たじろぐ佐藤さん&松村。

そこで口にする前に、水生生物に詳しい専門家に話を聞いてみると、ヒトデには毒が含まれており、食べると血液の中にある赤血球を破壊したり、蕁麻疹を起こす危険性があるのだという。

しかし、熊本の天草地方では食べているという文献もあるとのことで、今度は天草地方の人々に電話取材を行ったところ、その人物曰く「小さい頃から食べている」とのこと。

しかも「マヒトデ」という種類のヒトデを塩茹でにし、茹で上げたものを裂くと卵が出てくるので、それを食べるとのことであったことから、そのアドバイスを元に実食することとなったが、実際にその味を体感することとなった松村らによると「超うまい!」「ふわっふわ」「甘い」「ウニとカニ味噌の間くらいの味」とのこと。

そのある意味、グロテスクな見た目とは裏腹に、意外にも噂通りの美味であることが判明したマヒトデ。

しかし、専門家が指摘していたように、必ずしも食べられる種類であるとは限らないので、我々素人がおいそれと手を出せるような代物というわけではなさそうな気配だ。

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス