出典Wikimedia Commons

記事提供:まぐまぐニュース!

何もしてないのに職務質問をよく受ける人と受けない人っていますよね。明らかに怪しい行動をしていたならともかく、街を歩いていただけなのになぜ自分が…?

その驚きの理由を、メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者・ジャンクハンター吉田こと吉田武さんが、現職の交通機動隊員に聞いてくれました。ヒントは服装にあるようですよ。

交通機動隊員から答えづらい話を色々聞いてきた

Sさん:裏ワザっていうわけではないんだけど、民間の方の職務中は邪魔してはいけない暗黙のルールがあったりするので、自転車運転中に携帯電話を手にして走るのは今だと違反になる。

そこが盲点なんだけども、グーグルマップを使ったりすることからナビ代わりに自転車のハンドル位置へスマートフォンを設置できるユニットが売られているでしょ。

つまりハンズフリーにして自転車で会話しながら運転をしていればそれが仕事の案件などで話している可能性もある……っていう懸念材料となり、警官は職質を限りなくしてこなくなるよ

。片手運転はクルマでもバイクでも自転車でも危険運転扱いにされちゃうから、全ての車両において携帯電話で通話したければハンズフリーにすると問題なくなるってこと。

吉田
:最近のクルマではブルートゥースで車内通話はハンズフリーでできるようになっている車種増えましたね。バイクだと片耳へイヤホン状になっているマイクが付いたヘッドセットみたいなものもあったりしてます。

自転車もそこまでして走行中に通話したかったらそういうのを買えばいいわけですな。さらに通話状態であれば職質防止にも繋がる(笑)。

Sさん
:まぁ職質されにくくなるだけだからね。あくまでも(笑)。でも吉田みたいなヤツだったら、有無を言わさず職質する!

吉田
:うぇ~~~、酷い(苦笑)。

Sさん:結局のところさ、ミリタリー系衣装を着用している民間人を率先して職質するよう上からの指令で促されているんで、自転車乗ってなくて普通に歩いててもそういうミリタリー系男子みたいなのは最優先の職質対象者になっちゃうわけだ。

吉田:差別すぎるわ、警察って。

Sさん:でもな、実際にミリタリー系の格好している民間人は危険なエアガン所持やらナイフ所持とかとても多いわけよ。そうなるとお上はやむを得なく迷彩服などを着ている者を積極的に職質するようになるので、俺個人の意見なんだけど、当然であり、防犯に繋がっていると思うんだな。

秋葉原でレンタルしたトラックで突っ込んだうえにダガーナイフで殺人犯したヤツがいただろ?あの事件以降、職質が秋葉原だけではなく、全国的に強化されるようになったわけ。

吉田:秋葉原ですとミリタリー系の衣装だけじゃなくバッグを持っているだけでも職質されるようになりましたね。ちょっと大きめのバッグを持っていても中身確認させて欲しいと言われることも多々。

しかも毎回警官が2名だったところ、どういうわけか応援呼ばれて4名ほどになる野次馬から奇異な目で見られる酷い羞恥プレイへと……。

Sさん:それはお前がデカくて暴れたら2人じゃ勝てないかもしれないという風に捉えられているってことなんだよ。未然に防ぐことが警官の仕事だしな。

吉田:その未然に防ぐことが警官の仕事というのは全力で否定させて頂きますよ!

Sさん:なんだよソレ。

吉田:交通取り締まりですってば!

Sさん:例えば?

吉田:一時停止無視するのを待っていたり、時間区分で通行禁止になっている場所の出口で待っていたりとか諸々!

Sさん:我々交通機動隊はそんなセコいことやらないぞ。まぁ、他の地区の交通機動隊員はやるのかもしれないけど、少なくても俺らはそんなチマチマした形で待ち伏せなんぞはスピード違反者ぐらいしかターゲットにしない。

吉田:結局やってるじゃないですか(笑)

Sさん:そりゃ当たり前だろよ。スピード違反者を待ち伏せして捕まえるのって世界共通だぞ。

吉田:へー、そうなんですか! やはり待ち伏せしてスピード上げそうなヤツがいたらロックオンして追尾していくって形ですか?

Sさん:まぁ、普通にパトロールしてて飛ばしそうなヤツがいたら同じく走行中のクルマの後ろに隠れて追尾したりもするし、200メートル追尾しないと速度違反で取り締まれないから、そこは注意しながら追尾するね。

吉田:追尾の際、赤色灯を回しながら200メートル追尾しなきゃいけないのに、白バイなんかは赤色灯を回さずに追尾して、計測後の速度オーバーした人を捕まえることが多いんですけど……あれって裁判で争ったら勝ち目ありますよね?

Sさん:鋭い質問がきたなぁ。

吉田:僕の知人がこのケースで29キロオーバーで捕まったことがあるんですが、バイクのミラーで背後をしっかり確認した形で走行していたらしいんですね。

で、トラックの後ろに隠れて白バイが走行していたそうで、トラックの脇から車線変更してきたと思ったら赤色灯回して凄い速度で追いかけてきて捕まったっていう感じなんです。

Sさん:うーん、このケースは微妙なところだなぁ。

<次回へ続く>

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス