記事提供:Conobie

アルミホイルって、どこのご家庭にもあるものですよね。ですが想像以上にいろんな活用方法があるんです!その活躍の場は、キッチンに限りません。知らなきゃ損するアルミホイルの活用術をご紹介します。

意外な使い方がいっぱい!

アルミホイルって、ラップとともにほぼ必ずどこのお家のキッチンにもあるもの。
ですが、意外な活用法がいろいろあるってご存知でしたか?

おすすめの使い方をまとめました。

1. ハサミやナイフの切れ味をよみがえらせる

アルミホイルを何枚か重ね、ナイフやハサミの刃で10回くらい切ります。
それだけで切れ味が回復しますよ!

2. アイロンをかける時に利用

アルミホイルの熱を反射する性質を利用し、アイロンにも役立てられます。
アイロン台にアルミホイルを置き、その上に服を置いてアイロンをかけると、綺麗にかけられます。

時間も電気も節約できて一石二鳥です!

3. シュレッダーの切れ味もよくなる!

切れ味が悪くなってきたシュレッダーも、
アルミホイルを通せばハサミと同じように、切れ味が復活します。

ご家庭でも、シュレッダーを導入しているお宅が増えていますが、
切れ味がイマイチになったな、というときはぜひ試してみてくださいね。

4. 揚げ物をカラッと

揚げ物をオーブントースターで温めなおすとき、アルミホイルを敷いておくと熱伝導がよくなり、さらに油がアルミホイルに溜まるため、もう一度揚げたようにカラッと仕上がります。

必ずオーブントースターのみにし、電子レンジには入れないようにくれぐれも注意しましょう。火花放電が起こり、イナズマのようなものが発生してとても危険です。

5. 乾燥機の静電気を防ぐ

乾燥機って、洗濯物に静電気が起きてしまうことがありますよね。
そんな時もアルミホイルが役立ちます。

アルミホイルをテニスボールほどの大きさに固く丸めて、洗濯物と一緒に乾燥機にかけるだけです。

6. 工具類のサビを防ぐ

工具類をアルミホイルで包んでおくと、湿気をシャットアウトする性質のため
サビを防いで長持ちさせてくれるってご存知でしたか?

ペンチやドライバーなどだけでなく、ネジや釘にも使える活用術ですよ!

7. おろし金を使いやすくする

おろし金にアルミホイルをかぶせてから使うと、野菜の繊維が残ってしまうことがありません。おろし金より大きめのサイズにアルミホイルを切り、載せてからおろします。

アルミを剥がせば下ろしたものがきれいにスプーン等で取れるのも嬉しいですね。

8. ミンチの解凍

ミンチを冷凍するとき、アルミホイルで包んでおき、解凍するときは前日の夜、アルミで包んだまま涼しい場所に置いておくだけでOK。

電子レンジなどで解凍した時のように水分が出てベチャベチャになることがありません。解凍して、翌朝すぐ使わない時は、冷蔵庫へ入れましょう。

9. ヘアカラーを浸透させる

自宅でヘアカラーをするとき、できるかぎり長持ちしてほしいですよね。
薬液を付け終わったら髪をまとめてアルミホイルを頭全体に巻きましょう。

体温で髪が温められ、しっかり染まります。

いかがでしたか?アルミホイルってすごくいい働きをしますね。
私もぜひ使ってみたい方法がいくつもありました。

すぐに役立つ便利な方法ばかりなので、ぜひ一度おためしあれ!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス