夏休み後は『ポケモンGO!』はカノジョたちで楽しめ!

リリース以来、日本中を席巻した『ポケモンGO!』ですが、夏休みも終盤になって、やっと落ち着いてきたようです。それでもスマホを片手にポケモンを探す親子連れもよく見られ、一過性のブームではなくジャンルとして定着してきた感じです。

安定して人気のあるタイトルだけあって、「FRESH! by AbemaTV」でもかなりの数の実況チャンネルが開設されています。今回は、その中で女性が実況しているものに絞って紹介してみます。

視聴者数を伸ばすために彼女たちもいろんな手段で『ポケモンGO!』を実況しています。彼女たちがどんな差別化をはかって視聴者を獲得しているのかも解説します。

セクシー&クールなコスプレイヤーなっこさんは実況も安定

コスプレでビジュアル面で視聴者をつかむなっこさん
普段は『グランブルーファンタジー』などを実況しているなっこさんは、歌手活動も行っているコスプレイヤーです。豊富なオタ情報で視聴者とのコミュニケーションをとりつつ、ゲームプレイをみせていくのがなっこさんの実況スタイル。

『ポケモンGO!』でもその実況法は変わらず、アニメ、そしてゲームへと話題を切り替えて、視聴者を飽きさせません。

もちろん、なっこさんの魅力はトークだけなく、コスプレの完成度も大きいです。ゲームキャラのコスプレ中心に多彩な衣装を着こなし、時にかわいく、時にセクシーに視聴者の眼を楽しませてくれます。

小悪魔たぴみるは意外にオーソドックス

タピオカミルクティー好きだから「たぴみる」という安易なネーミングがかわいいたぴみるさんは、ロリな容姿と小悪魔的な性格が魅力です。ゲーム実況中に時折見せる黒い部分が、Mな視聴者をキュン♪とさせてしまいます。

彼女はとにかく明るくてオープンな雰囲気。彼女の実況は女性ゲストが多く、女子会を覗き見しているような感覚になります。ディープなオタ臭さはなく、ライトなテイストで女性でも楽しめる実況です。

『ポケモンGO!』実況ではコスプレしたまま渋谷の街を歩き回り、お笑い芸人の体当たりロケのようなアグレッシブさでポケモンを探します。その後の反省会も配信され、たぴみるさんの人柄がさらけだされています。

エクストリームプレイが持ち味のサイコパスガール・紅巴

『ポケモンGO!』実況で圧倒的な機動力を誇るのが紅巴さんです。車を使って首都高を疾走したり、ピカチュウを探してテレビ東京に乗り込んだりと行動範囲の広さは抜群です。

普段は『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』『シャドウバース』を中心に実況していますが、彼女の舌足らずな口調のかわいさと、サイコパスな言動は下手なバラエティ番組を上回る面白さです。だって、生放送で普通に画面からいなくなるんですよ? 野生動物ドキュメンタリー並の計算の難しさです。

実況ではゲーム攻略サイトGAMYの編集長はっちーさんがアシスタント(?)として参加することが多く、1人では破綻しがちな紅巴さんのトークを軌道修正しています。

これが若さか……元気なら一番のなつ&ももちゃん

女子高生コミュニティ・ブリランテ学園のゲーム部が『ポケモンGO!』を実況しているのがこちらです。
なつちゃん&ももちゃん姉妹の和気藹々としたトークが魅力で、女子高生ならではの「意味は特にないけど、何か楽しそう」な雰囲気が魅力です。

実況主がリアルに若いので、リアクションがいちいち新鮮で見ていて飽きません。大人が持つ女子高生のイメージをいい意味で裏切ってくれる実況です。

多様な実況によって広がる『ポケモンGO!』

ほかにも多くの『ポケモンGO!』実況はありますが、今回は顔出ししている女性を中心にとりあげてみました。

今までのゲーム実況といえば、画面を映していればよかったのですが『ポケモンGO!』によって、実況主のキャラクターがより重要になってくる時代になったのかもしれません。
女の子たちが視聴者獲得に奮闘する姿は、アイドルたちの総選挙にも通じる面白さがあります。もし、興味を持ったのなら、彼女たちのチャンネルをフォローしてみてはどうでしょうか?

この記事を書いたユーザー

GAMY編集部 このユーザーの他の記事を見る

ゲーム攻略サイト・GAMY(ゲーミー)です。ゲーム実況動画に関するトピックスをメインにお伝えしてゆきます。https://gamy.jp/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス