記事提供:キングコング西野 オフィシャルダイアリー

8日間、全10公演。

4千数百人を動員する、この夏の大イベント『西野亮廣独演会in東京』の前半戦が終わった。

連日、フルスロットルで叫び続け、公演終了後には死にかけのババアみたいな声になっているが、蒸気マスクや、マヌカハニーなどの最新テクノロジーを駆使し、なんとか翌朝には喉を復活させて、どうにかこうにか生き永らえている。

ありがたいことに連日満員御礼。

世間の皆様からはハゲるほど嫌われているが、こんな私にも、『西野を応援していることがバレたら恥ずかしいから、絶対に他人にバレないように応援するファン』がいるようで、その隠れキリシタンに支えられながら、夏の花火を打ち続けている。

私が一番大事にしなきゃいけないのは、その人達で、何があろうと、私はその人達のことを最後の最後まで肯定し、その人達の為に生きる。

今回の『西野亮廣独演会in東京』では4000枚のチケットが完売。

単独のお笑いライブとしては異例の規模で、これはやはり後世に残そうと、カメラ撮影を計画していたが、公演1週間前になって、ふと思った。

この記録を、数年後の人達に映像で届けることが私の使命なのだろうか?

チケット完売でライブを観に来れない人を犠牲にして、己の名誉の為にカメラ席を確保し、撮影することが私の使命なのだろうか?

…いいや、違う。

私が命を賭けているのは『ライブ』であり、今、その瞬間に目の前にいる『お客さん』だ。

一番大切にしなきゃいけないのは、そこだろう。

そう思い、次の瞬間にはマネージャーに電話をしていた。

「公演直前にゴメン。カメラ席をバラして、そこを『追加席』として販売しよう。

ごめん!俺、間違ってた。記録になんか残さなくていい、お客さんの記憶に残そう!」

撮影は急遽キャンセル。

直前のことなので、当然、キャンセル分の費用はかかる。

この夏のことは、数年後には忘れさられるかもしれない。

それでも守らなければいけないものが私にはある。

お客さんだ。

チケットが手に入れられずに涙している、お客さんだ。

この子達のことを守れないで、何が芸人か。

芸人は誰よりも痛みを知り、誰よりも優しい生き物なんだろ?

だから芸人を選んだのだろ?

私は芸人を貫くことに決め、吉本興業も迅速に対応してくれて、方々に頭を下げ、翌日にはカメラ席がバラされて、追加席が販売された。

これで、いい。

これでいいんだよ。

そして、8月12日。

ついに独演会の幕が上がり、自分の人生史上、もっとも熱い夏が始まった。

そんな矢先、マネージャーから一本の電話が入った。

昨夜のことだ。

『…あの、西野さん。…申し上げにくいのですが、17日の公演だけ、なぜか追加席が、追加席分ほぼほぼ売れ残っています』

おい、ファンよ。

どういう類いの嫌がらせだ?

なんという名前のSMプレイだ?

こちとら、「ファンの為に」とか言って、カメラ席をバラして、キャンセル代とかも払ってんだよ!

糞ブス&ブサイクども!!

金を返せ。

キャンセル代を返せ。

え、どういうこと?

これ、どういうことなの?

チケットが売り切れたから、まだまだ売れると思ってたし、買えなくて泣いている人がいると思っていたんだけれど、販売した分キッカリしか俺のファンはいなかったってこと?

泣いている人は一人もいなかったってこと?

そして、他の日は追加席も全て売れたのに、17日だけ集中して来ないって、どういうこと?

なんで、一斉にそんなことができんの?

どこかで集まってんの?

散々っぱら、「チケットが取れなくて泣いているファンを見捨てちゃダメだ!」とマネージャーに説いたもんだから、今、マネージャーと、ものすごい変な感じになっちゃってるよ?

新人マネージャーに、「おめーのライブのチケットが取れなくて泣いているファンなんて、一人もいねーじゃねぇか…」と思われてるに違いないよ?

今後のパワーバランスが変わってくるよ?

追加席をだしました。

アンチ西野は嬉しそうに、

「追加の客は、いませんでした、いませんでした、いませんでした」

僕は何を思えばいいんだろう。

僕は何て言えばいいんだろう。

ファンの皆様へ。

ちゃんとしてください。

恥をかかせないでください。

『追加席も含め、全公演完売』で、この夏を終わらせてください。

17日は、『これだけは言いたい30のコト』と題して、僕が世の中に物申し続けます。

一番面白いやつです!

いいか?

来いよ。

絶対に来いよ。

来なかったら、俺はお前らのことを絶対に許さないからな。

チケットはコチラからだ!→『西野亮廣独演会in東京』

今日の公演の終了後とかも売ってるからな!

絶対に買えよ!買って帰れよ!!

さいあく、来なくてもいいから、チケットだけ買え!!!

タコがっ!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス