現在、クラウドファンディング「Indiegogo」で出資受付を行っている、1600万色をたった1本で再現することが出来るという…デジタルペン

「CRONZY Pen」

これが

■発売されたら絶対に買う!
■今世紀最大の発明と言ってもいいレベル!
■デザイナーだけど、こんな商品をずっと待っていたんだ!

と、海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

ペン本体と専用アプリで動作するデバイスで、カラーセレクターから色を選択。そして、bluetooth(無線通信規格)でペンにその情報を送り、ペン内部のインクを混ぜ合わせて、その色を模倣するというシステムとなっている…この「CRONZY Pen」。なお、この説明ではイメージが全くわかないと思うので、ざっくりと説明致しますと…

「あっ、この風船。色が素敵だわ!」

と思ったとしますよね。そんな時に「CRONZY Pen」のペン先を風船にあて

情報を読み込めば…

瞬時に、全く同じ色を再現してくれるというのが…この最新デジタルペン「CRONZY Pen」。

どうですか?これ、めちゃくちゃ凄くないですか?

ちなみに「なぜ、瞬時に色を再現してくれるのか?」。皆さん、気になったかと思いますが、それはペン内部にある

シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、ホワイト

の5色を、ミニチュアモーターによって混ぜ合わせる事により、色を再現しているのだそうで、これは、赤・緑・青の3つの色の強度を変えて混ぜ合わせると、ほぼすべての色が再現できる「色の三原色」を基に作られているのだとか。

デザイナーやイラストレーターでなくとも、超絶欲しくなる「CRONZY Pen」。

これならもう、たくさんのカラーペンを持ち歩く必要…ありませんね。

また、好きな色をどんどんスキャンして専用アプリにストックすれば、自分だけのパレットが完成。

これは文房具界に革命を起こすに違いありません。

なお、気になるスペックを簡単に説明致しますと

■サイズ:17×13.5cm
■重量:95g
■電源:
リチウムポリマーバッテリー

充電時間は不明ですが、1度充電すれば連続7時間使用する事が出来るそうです。

ペン先は、万年筆タイプ、ノーマルタイプ、0.7、2、3mmの計5種類。用途に合わせて取り替える事が可能。

インクの交換時期は、使用するペン先にもよりますが、1カラーのみを使った場合、約500メートル近い線が描けるとのことです。

では、世界中から注目を集めている次世代ペン「CRONZY Pen」。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

これは絶対に欲しい!

すでに、9万ドルを集めている「CRONZY Pen」。これは、目標としている「20万ドル」。すぐに到達しそうですね。(受付は10月初旬まで)

先行予約に限り、199ドル(約2万円)から入手する事が出来る「CRONZY Pen」。興味を持った方は是非、専用サイト。チェックしてみてはいかがでしょうか?

こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス