記事提供:AbemaTimes

出典 YouTube

19日放送の報道番組『AbemaPrime』(AbemaTV)で、ヤマザキナビスコ「リッツ」のCMに長年出演してきた女優・沢口靖子(51)をゲストに迎え、「最後のリッツパーティ」が番組内で開催された。

今年2月、山崎製パンの子会社「ヤマザキナビスコ」がライセンス契約の終了により、リッツやオレオなどの商品の製造、販売を8月いっぱいで終了すると発表した。

販売終了のニュースを受けて、インターネット上では、製品自体の販売を惜しむ声とともに、「オン・ザ・リッツ」を合言葉に沢口が、同製品のCMの中で続けてきた「リッツパーティ」の行く末を心配する声が相次いでいた。

沢口は、リッツの販売終了を聞いた時の率直な感想として「すごい突然のことだったんで、驚きましたね」とコメント。

インターネットで「リッツパーティ」の今後について盛り上がっていることに関しては、今回の番組のオファー後に知ったとのことで「みなさんに寂しがってもらって、嬉しいです」とコメント。

また、番組内では沢口が28年間出演しつづけてきた、過去のリッツのCMが紹介された。沢口靖子がリッツのCMに初めて登場したのは、1988年に放送の「グリュエールチーズ編」で、この時からすでにリッツパーティが行われている。

しかし、沢口靖子がCM内で「リッツパーティ」という言葉を発したことは一度もなかったという事実が明かされ、その他の出演者からは驚きの声が出た。

沢口にとっては一番のお気に入りの過去のCMは、パーティの準備をしながら、わくわくしている気持ちを表現した、1999年の「その前にちょっと編」で、好きな「オン・ザ・リッツ」はチーズとフルーツを乗せたシンプルなものだとのこと。

番組内では、色とりどりの「オン・ザ・リッツ」とともに、パーティグッズや弦楽四重奏の生演奏も用意され、出演者たちはスパークリングワインなどと一緒に、「最後のリッツパーティ」を楽しむ様子が映し出された。

沢口は「リッツとともに28年間かわいがってもらったんだなと。本当に嬉しいです」と、改めて惜しむファンの声に感謝の気持ちを述べた。

なお、「ヤマザキナビスコ」は、9月から「ヤマザキビスケット」に社名を変更し、9月初旬よりクラッカーの新製品「ルヴァン」を発売。沢口は、「ルヴァン」のCMでも引き続き出演するとのこと。パーティは新たな主役を迎え、今後も続けられるようだ。

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス