SMAP初のミリオンセールスとなった曲『夜空ノムコウ』

Licensed by gettyimages ®

SMAPには、『世界に一つだけの花』『らいおんハート』といったミリオンセールスを達成した代表曲が数多くありますが、98年に発売された『夜空ノムコウ』もそのひとつ。

この名曲を作詞されたのは、みなさんご存知でしょうが…

作詞は実力派アーティスト・スガシカオさんが担当、作曲は川村結花さんでしたね。

SMAPにとって初のミリオンセールスとなった記念すべき1曲であり、スガさんもこの曲を機にその名を一躍全国区のものとしました。また同曲は中学生の音楽の教科書にも掲載されるなど、世代を越えて語り継がれる名曲となりました。

なおスガさんはSMAP以外にも嵐の『アオゾラペダル』、KAT-TUNの『Real Face』などジャニーズの他グループに曲提供をされていることでも知られていますね。

「自分の曲なのに、SMAPさんのカバーさせてもらいます」と言ってきた

出典 https://www.facebook.com

スガさんのアーティスト人生にとってのターニング・ポイントにもなった曲、その後の活躍はいわずもがな。

彼は『夜空ノムコウ』とSMAPについてこんなことをおっしゃっていました。

スガシカオさん「デビューして間もないころ、知名度のなかったオレを起用してくれて、大ヒットしまして、初めて全国区になるきっかけになった曲。

いつも自分の曲でもあるのに、SMAPさんのカバーをさせてもらいますと言ってました。オレの中でSMAPさんは大きな存在。人生を変えてくれた存在。」

出典 http://www.daily.co.jp

97年にデビューした直後に訪れた転機、『夜空ノムコウ』は当時まだまだ知名度の低かったスガさんを一気にメジャーへと押し上げました。

スガさんは同曲ならび提供したSMAPへの感謝、思い入れが非常に強かったことから、公の場でカバーするようになったのは、発表から数年が経過してからのことだったそう。

ライブなどで『夜空ノムコウ』を演奏する際には、いつも「SMAPさんのカバーをさせてもらいます」と言って感謝の気持ちを忘れないよう、自分に言い聞かせてきたといいます。

そして、楽曲提供から18年が経ち…

リオ五輪の男子テニス中継中、目を疑うテロップの内容に日本中が震撼!

出典 https://twitter.com

14日の午前1時18分、NHK総合のニュース速報テロップにて、「SMAPの解散が正式に決定したと事務所が発表」と報じられました。

同時間帯ではリオ五輪のテニス男子シングルス、錦織圭選手vsアンディ・マレー選手の準決勝が放送中。筆者もまさにこのタイミングで知ったのですが、「ええっ、いまこのタイミングで!?」と、みなさまと同じように狼狽しておりました。

そしてこのニュース速報が流れる数分前、スガさんのTwitterには…

SMAPの解散決定のニュースが日本列島を揺るがしたその日、スガさんは自身のTwitterで「うそだろ…」とひと言だけツイート。ここではSMAPの名こそありませんが、この短さが事態の衝撃度をより強く物語っているように感じられました。

また今年の1月に解散危機が報じられた際には、「事情は何も知らないのだけれど1人のファンとしてSMAPにはずっと歌い続けてほしい、彼らとの出会いがなければ、今の自分もなかったかもしれない」と言及。SMAPと『夜空ノムコウ』へのただならぬ恩義が感じられるコメントですよね…

そんなスガさんは、8月20日に都内で開催された音楽イベント「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016」に出演。この日のステージでは「夜空ノムコウ」も熱唱されたのですが、そこで彼の口からとんでもない言葉が飛び出したのです…!

『夜空ノムコウ』を封印をしようと思う、とファンに報告

出典 https://www.facebook.com

演奏前のトークでは「(SMAPへ)今日は大きな感謝を込めて歌いたいと思います」と話し、来月から始まる全国ツアーの10月21日開催の東京公演をラストに同曲を封印すると宣言されたのです!

「そこ(豊洲PIT)で歌って、自分的には封印しようなんて思ってます」とその胸中を吐露。会場からは困惑と悲しみが合わさった悲鳴が上がりました。

感謝の一曲は、時に目をつぶり、胸元で手のひらを上に向け、感情を絞り出すような熱唱。悲しみはいつか消えてしまうものなのかな」と歌う歌詞が、解散への思いと重なるようで、奇妙な一体感に満ちた会場には大きな拍手が響き渡った。

出典 http://www.daily.co.jp

筆者も『夜空ノムコウ』は大好きな1曲なので、聴くと当時の懐かしい記憶がありありと蘇ってきます。東京タワーをバックにビルの屋上で歌うMVがクールだったこと、キムタクのソロがめっちゃ格好良かったこと、間奏部分の口笛を真似したこと…

改めて歌詞を思い出し、聴き直してみるのもいいものですよ。

この“封印宣言”にファンたちは…

Licensed by gettyimages ®

・封印しないで下さい(T_T)

・ジャニーズを知るきっかけになった曲

・SMAPに敬意を表しての封印なんだろう

・「スガシカオの「夜空のムコウ」のほうが万倍かっこいいから封印しなくていいよ」

・「夜空ノムコウはこれからもずっと歌い続けてほしいです!」

・「封印する前にもう一度聴けるといいなぁ…」

・「今日夕方、渋谷駅ハチ公前でも新宿南口ガード下でも、『夜空ノムコウ』を演奏してた。みんなやり場のない想いを抱えている…」

・「夜空ノムコウを封印するスガさんも、世界に一つだけの花を歌い継ぐという槇原さんも、それぞれのSMAPへの愛を感じる」

※上記はSNS上に寄せられた声の一部を紹介しています。

スガさんの“封印宣言”についてはやはり惜しむ声が多かったのですが、スガさんの曲への思い入れ、SMAPへの敬意の深さゆえの決断であること、その思いを汲んで尊重したいという声も多くみられました。

筆者もスガさんの歌う『夜空ノムコウ』が大好きなので、もうライブやテレビなどで聴くことはできなくなるのかと考えるとほんとうに寂しい限りですが、これも愛あるゆえの封印なんですよね…

解散とは違いますが、2011年に当時の所属事務所から独立したスガさん

Licensed by gettyimages ®

スガさんは2011年、長年所属していた音楽プロダクション『オフィスオーガスタ』から独立し、レコード会社やマネジメント会社との契約を結ばないインディーズの立場で再スタートをきります。

その後2014年にはメジャー復帰を果たされるのですが、メジャーの第一線で成功、活躍を続けていた順中満帆な時期に、大手を離れてインディーズでやろうと決意した当時の理由と胸のうちを、彼はこんなふうに語っていらっしゃいました。

スガシカオさん:「メジャーのパッケージ感がすごく嫌だったんですよ。自分が心血注いで作った曲って、生々しい形で人に伝わってほしいんですけど、生々しさがなくなっちゃう感じがしたんですよね。

商品になって僕のところに戻ってくる頃には、生々しさがなくなっちゃう感じがしたんですよね。その感じって、リスナーにも届いちゃうと思うんです。歌詞のメッセージ性にしても、「もっと生々しく響かないと意味ないじゃん」って思ったんですよね。

僕がメジャーの方法論についていけなくなった部分があり、もう戻ることはないと思っていたのですが、僕の考えを理解しつつ、「インディーズの延長線上で、最大限協力させてほしい」という話をもらえて、1年ぐらい話し合った結果、「新しいやり方を見つけられるのかもしれない」と思って再度メジャーレーベルでの契約をしました。

出典 http://www.cinra.net

SMAPの解散とスガさんの独立問題が同じ類のものというわけではありません。ただ今そこにあるものを変えて、あるいは捨てて、“何か新しいことを始める”という意味では通ずるものがあるかと思うのです。

自分が心血を注いだ作品に“メジャー”というフィルターを通すことで「生々しさがなくなる」というアーティストならではの気質、こだわりを重要視したスガさん。でもそのこだわりの根底にあるものは、「聴いてくれるファンへ、一番いいものを届け続けていきたい」という純粋な想いからです。

そんな想いを持ち続ける彼だから、SMAPのメンバーそれぞれの考えや葛藤、置かれている立場や状況を察し、深く思うことがたくさんあるのではないでしょうか。

「いいものを届けていきたい」という気持ちは、SMAPやスガさんに限らず、プロフェッショナルのエンターテイナーであれば誰もが思うこと。その為にはどうすればいいのか?何が必要なのか?を考えた選択肢が、解散というカタチだったということ。

スガシカオさんでおすすめの曲を3つご紹介します

・『青空』(2002年)

出典 YouTube

「世界中の涙なんか僕じゃ…」と続くフレーズが、今回の解散報道に少し重なる部分があるような気がして、胸にじわっときます…

・『愛について』(1998年)

出典 YouTube

「僕らがもう少し愛について…」と続くフレーズに、どこかSMAPメンバーの現状を思わせるようで泣けてきます…

・『春夏秋冬』(2007年)

出典 YouTube

日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマソングで流れていた曲なので、覚えていらっしゃる方も多いと思います。筆者のなかではスガさんの作品のなかで一番のお気に入りです。聴くだけで目が潤んできます…

この流れで…『夜空ノムコウ』はないんかい!と思われたでしょうが、残念ながらSMAPとスガシカオさんの『夜空ノムコウ』MVは公式サイトでの動画配信がなく、著作・肖像権上紹介できませんので、筆者の個人的なチョイスで3曲を引用させて頂きました。

『夜空ノムコウ』はぜひ、お近くのショップや音楽配信サイトにてご購入ください(笑)

封印宣言前には、東京・六本木の空に浮かんだ虹の写真をアップ

8月19日付けのInstagramで、「六本木に虹が出てたよ。よく見るとトリプルレインボウ。」というコメントと共に、美しい虹の写真を投稿していたスガさん。

ちなみに虹が出るために必要な条件を知っていますか?虹が現れるには「晴れ→雨→晴れ」の空模様が絶対条件です。虹は雨と太陽の光が無いと空に現れることはありません。たとえ雨が上がっても、どんよりして日が差し込まなければ、虹は現れることってないのです。

いまのSMAPは、いわば晴れたあとのどしゃぶりの雨の真っ最中。でもまた晴れがやって来れば、五色の虹はいつの日かまた私たちの前に揃って現れてくれる筈です。スガさんはそんなことを想像し願いながら、この虹を見つめていたのかもしれませんね…

この記事を書いたユーザー

hiraku このユーザーの他の記事を見る

ヘタクソながら執筆してます。読み手の発見、驚き、笑顔につながるような内容を心がけています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス