ウエディングドレスを着る機会は、ほとんどの人が一生に一度。新しい人生に向けての大切な晴れの日に着るドレスは、一大イベントが終わってしまっても、幸せの余韻を残しながら大切に保管している人もいることでしょう。

最近は、天使ベビーのためにドレスをリメイクするという人も増えています。こちらでも先日、ご紹介させて頂きました。

どんな理由があるにしろ、大切な思い出のウエディングドレスを手放してしまう時は、やはり多少センチメンタルになってしまう人も多いでしょう。ところが、このほどさっさと売り払ってしまいたいと女性が思うほどの「不幸なウエディングドレス」が、大手オークションサイト、eBayに出品中。その理由に世間が賑わっております。

サイトであけっぴろげに事情を話したサマンサ・ラッグさん

Pinned from mirror.co.uk

英サウスヨークシャー州、チェスターフィールド在住のサマンサ・ラッグさん(28歳)は、ファッション&ビューティーブロガーとして自身のサイトにその魅力的なライフスタイルを投稿している女性です。

そしてInstagramアカウントにも「付き合って半年の記念に♡」とメッセージを添えた恋人との写真をアップ。

この恋人と、めでたく2014年にゴールインしたサマンサさんでしたが、なんと式を挙げてわずか1年半で夫は浮気、家を出て既に新しい女性と暮らしているというために、このほど離婚することに。「離婚手続きの様々な費用を支払わなければならないために、今回ウエディングドレスを売ることにした」とサマンサさんは、オークションサイト「eBay」で述べました。

「ドレスはすっごくいい状態!でも裏切りの臭いが…」

出典 http://www.ebay.co.uk

幸せそうな笑みを浮かべて、美しいウエディング姿の花嫁が、まさかネットオークションで幸せの象徴であるべきドレスを売りに出そうとは…。少し悲しい気もしますが、現実としては離婚費用捻出のため。

イギリスでは、離婚となると日本のように「紙切れ一枚」というわけにはいかず、様々な手続きが必要となります。そのため離婚成立まで莫大な時間がかかってしまうことも。通常の円満離婚でも2年ほどかかるといわれています。

どちらかに非があり、裁判で揉めた場合などは弁護士に支払う料金なども含め経済的にも困難になり、精神もほとほと疲れてしまいます。サマンサさんの場合子供がいなかったのでまだ、離婚の手続きは楽と思われます。

出典 http://www.ebay.co.uk

eBayにあけっぴろげに売りたい事情を綴ったサマンサさん。「ドレスはすっごくいい状態です。でも、裏切りの臭いがあるからクリーニングに出してくださいね。現在、離婚手続きに追われていて、こちらでクリーニングに出す時間がないんです」と書かれてあることから、やはり夫の裏切りが、サマンサさんの心に相当な傷を残したということが想像できます。

このウエディングドレスはデザイナーのドレスということで、購入価格は2,000ポンド(約26万円)だったそうですが、500ポンド(約6万5千円)からオークションをスタートさせたサマンサさん。

ドレスの全体写真があまりにも皮肉…

出典 http://www.ebay.co.uk

挙式当日の美しいウエディングドレス姿のサマンサさんが、幸せそうに元夫とパーティーでダンスをしているという何とも皮肉な写真もeBayに掲載されています。ネットオークションで出品する時は、アイテムの全体像の写真は欠かせません。ドレスが全体で写っている写真はこれしかなかったのでしょう。

サマンサさんはメッセージで「写真が2枚しかなくてごめんなさい。元夫が出て行って、既に新しい女性と生活しているから、悔しくて悲しくて、彼とのウエディングの写真はほとんど削除しちゃったの」と綴っています。

現在、売値は約860万円に到達!

出典 http://www.ebay.co.uk

500ポンドから始めたオークションが、現在はなんと65,700ポンドにまで価格があがっています。「このドレスに手を通す人には、幸せな結婚生活を送って欲しい。でも、万が一、うまく行かなくてもあなたもまたここで売ることができるわ!」というサマンサさんのメッセージも添えられています。

「紙面にも載っちゃったわ!」

自身のInstagramには「私の顔が新聞の一面に!」と、このオークションの一件が掲載された新聞のショットも投稿。この一件を英紙などで知ったネットユーザーたちの反応は様々。「誰がこんないわくつきの中古のドレスを買うと思うの?」「離婚の手続きには時間とお金が相当かかるからね…でもその価値はきっとあるよ」「そもそも、元のウエディングドレス代が高すぎよ!お金の無駄だわ」といった声が寄せられています。

確かに「いわくつき」のウエディングドレスを最高の記念日には着たくはないという人も多いことでしょう。でも事実、オークションの値段はうなぎ上りに!いったい誰が落とすのでしょうか。期限はあと1日。サマンサさんにとっては「1日も早く手元からなくなってほしい」という思いなのでしょう。

悲しく辛い経験をしたサマンサさんですが、まだ28歳ですし、今度こそthe One(運命の人)を見つけてハッピーになって欲しいですね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス