記事提供:mamaPRESS

授乳期のママにとって欠かせないアイテムが『授乳ブラ』。締め付け感もなく、授乳のときにもサッと準備ができてとても便利なのですが、最近ではカップ付きキャミやタンクトップなどを授乳ブラとして使うママが増えているそうです。

着心地も良く、卒乳後も普段使いはもちろん、ヨガやピラティスのウェアとしてもずっと使えるブラトップ、その王道はやはり『ユニクロ』でした。

なんで授乳ブラとしてブラトップが人気なの?

ブラトップは、実はわざわざ授乳ブラを買わずとも妊娠中から授乳期にも使える超便利アイテム。 妊娠中は、徐々に大きくなる胸やつわりの気持ち悪さ対策として、ブラトップに切り替える妊婦さんも多いといいます。

しかし市販のブラトップの中には、ただカップがついているだけであったり、アンダーバストの支えが期待できず、バストの形が崩れやすいものも。

ユニクロに限らず、他にもブラトップを発売しているアパレルメーカーはたくさんありますが、そんな中でもユニクロがママたちから人気を集める理由はどこにあるのでしょうか?

『ホールド力』と『へたりにくさ』が人気の秘密

実際に愛用している人の声をご紹介します!

他にも、「着ているときはピッタリフィットで胸も上がり、授乳するときには胸だけをガバっと出せて、授乳後はサッとしまえるので便利」「生地がしっかりとしていて洗濯にも耐える」

「妊娠9ヶ月でお腹もかなり出てきていますが、締め付け感もなく快適」など、愛用者の声が続々!

ユニクロのブラトップは、しっかりとホールドしてバストの型崩れを防いでくれたり、脇や背中にぜい肉が流れるのを防いでくれるという機能性の高さがポイントです。

そのため着たときのラインがすっきりと美しく、さらには洗濯を繰り返したり、授乳時に襟ぐり部分を引っ張ってもへたりにくい丈夫さがあります。

また、生地の伸びの良さから、襟ぐり部分を下げるだけで簡単に授乳できるという便利さを兼ね備えているのが、授乳ブラとして人気の理由なのです。

肩や背中のハリ・コリ対策にも◎

また、ブラトップに変えてから『肩こりがしなくなった』との声も。

産後の肩や背中のこりに悩まされるママにとって強い味方になってくれそうですね。

カラーも豊富で、素材も一年を通して着られる『コットンタイプ』と暑い夏を快適に過ごせる『エアリズムタイプ』があり、自分の好みによって好きなものを選ぶことができるのも魅力。

一度着ると普通のブラには戻れない!?その着心地の良さをぜひ体感してみてくださいね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス