記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
現代人にとって問題となっている「ストレス」 ストレスから心の病、頭痛腹痛など、さまざまな身体の不調があらわれます。
そのなかで、「ストレス」が原因となって「腰痛」を引き起こす症状があることをごぞんじでしょうか。
症状の名前は「心因性腰痛症」 マッサージや整体では治らない恐ろしい心因性腰痛について、医師に解説していただきました。

「心因性腰痛症」とは?

「心因性腰痛症」とは、ストレスが原因で腰痛が現れるものを指しますが、このメカニズムとしては複数のものが考えられます。

過去のトラウマ

以前、非常に腰の痛い思いをしたり、痛みに対する不安が内面で強いために実際に痛みを感じてしまうというものです。
脳の記憶を受け持つ分野と、怖いという恐怖心を持つ分野が深くかかわりあっていることが原因となっていると考えられます。

長時間のストレス

強いストレスが長い間かかり続けると、人間の体が正常に機能していればしっかり働いているはずの身体の痛みを感じにくくする神経系のシステムが機能しにくくなるということも挙げられます。
このことにより、本来機能すべき痛みの緩和機能が弱まることで通常であれば、生活に影響がなかったり、感じない程度の痛みでも非常に増幅されて完治してしまうということがあります。

「心因性腰痛症」の特徴的な症状

心因性腰痛症の特徴としては、まずレントゲンやCTその他の検査結果に異常がないことが挙げられます。
また、痛む部位が時によって変わったり、腰痛だけでなく頭痛や胃痛などほかの症状も随伴していることが多いようです。

他にも、痛み止めや湿布など、通常の治療法を試しても今一つ効果がないということもあります。
ストレスの強さによって症状が強まったり弱まったりすることも一つの特徴といえるでしょう。

「心因性腰痛症」を患いやすい人の特徴

やはり、心因性腰痛症は日常生活で悩みが多い方に多いといえるでしょう。
家庭や職場の人間関係でストレスが大きかったり、経済的な悩みがあったり、健康上の悩みがある方も、心因性腰痛症のハイリスク群といえるでしょう。

性格的には細かい物事を気にしやすい性格であったり、ストレスが全般的に体調に影響しやすいタイプの方に比較的多いとされます。
また、何となく医療不信があって治療効果に猜疑的になりやすい傾向がある方も心因性腰痛症を患いやすい場合があります。

「自律神経」と「心因性腰痛症」の深い関係

自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があって、この二つがバランスをとって私たちの体調を様々な面からコントロールしています。

心配事やストレスが高い状態だとこのバランスがいわば「戦闘モード」である交感神経優位に傾いてしまい、常に気が抜けない状態になります。

このことにより、心因性腰痛症を含め、全身のいろいろな部分に不調が生じることが多くあります。

≪自分でも気がつかないうちに心が病んでいるかも…≫
心のお疲れが爆発する前に、今の心の状態を知るには

「心因性腰痛症」はお医者さんで治しましょう

ストレスが強い生活を送っていて、腰痛を強く感じているのに検査結果に何ら異常がない、といったことなどが診断のための基準になります。
心因性腰痛症と診断されれば、原因となっていると思われるストレスや不安にアプローチする治療を行うことになります。

自分が実際に感じている腰痛が心因性であるとは最初は誰しも考えないものだと思いますが、検査しても、どうしてもはっきりした原因がわからない場合は、一度疑ってみる必要があるでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス