子育ての苦労って…思い描いてた通りにタスクがこなせないこと

仕事をバリバリやってきたママは、家事だってタスクを決めて上手に片付けていきます。ご飯づくりや洗濯はもちろん、家族にとって過ごしやすい家にするために床の拭き掃除もしたいところ。

出典Oksana Kuzmina/Shutterstock.com

家事は効率よく…と「子どもにおやつを食べさせて、その間に洗濯して、床の水拭きも完璧にしていつでも綺麗な床で子どもを遊ばせる!」。頭の中のプランは完璧です。

でも、実際には「子どものおやつに出したヨーグルトを床に落とされ、床を拭こうと思ったものの、泣きだした子どもをあやすのが先決!」…子どもを寝かしつけて、ダイニングに戻ると、床には乾いたヨーグルトがべっとり…なんてことありますよね。

毎日のタスクが達成できず「どうして!?」という思いから、ママのイライラはつのっていきます。

出典wavebreakmedia/Shutterstock.com

まずは子どもを笑顔にしたいという想いで子どもと向き合うママは、ついつい洗い物や床の拭き掃除が後回しに…。

気が付いたら、頑固な汚れとなってしまい今度は落とすのが重労働になるなんてこと、ママなら毎日のように経験しているのではないでしょうか。

「ママの代わりに、誰かが床の拭き掃除をしてくれたらいいのになぁ…」なんて思ったことはありませんか?

そんなとき、忙しいママの代わりに床をキレイにしてくれる“助っ人”が実は存在するんです!

忙しいママの味方!画期的な“助っ人”が登場

忙しいママの代わり床の拭き掃除を代わりにしてくれる嬉しい“助っ人”、その名も床拭きロボット ブラーバ ジェット240。あのルンバを生み出した、iRobot社が開発した床拭きロボットなんです!

ボタンひとつで念入りな拭き掃除が叶って、しかも3万円以下だという、ブラーバ ジェット240とは?

ママ納得の床の拭きっぷりを、まずは動画ご覧ください!

出典 YouTube

いかがですか?スムーズな動きで、床の汚れをどんどん落としていく様子は見ていて爽快ですね。
使い方もとっても簡単、汚れの種類に合わせて3種類のクリーニングパッドのうち、一つを選んでを装着し、CLEANボタンを押すだけ。清掃モードを選択しなくても、パッドの種類を認識、自動的に最適な清掃モードで動いてくれるのです。

しかも、ごしごしと念入りに水拭きしてくれるので、普段の掃除機掛けでは取りきれなかったベタベタ汚れがキレイになります。

動画の中でも紹介されていた3種類の清掃モードを、子育て中のママが悩まされることの多い“汚れ”別に紹介します。

1. キッチンのしつこい油汚れもスッキリ

出典kazoka/Shutterstock.com

お迎えから帰ったあとの「ただいま!」は、ママにとって大忙しタイムの始まりの合図。

子どもがテレビを見ている間に、夕飯準備。まるで、自分が、大きな厨房で100人分のご飯を作っているシェフになったかのように動き回っていると…

「ママー!今日のごはんなに?まだー?お菓子食べていい?」

と、子どもが抱きついてきて。作っていたオムライスのケチャップが床にベトッ!一瞬、落ちたケチャップに目が行くも、お腹を空かせた子どもがお菓子に手を出したら最後。ご飯なんて食べてくれません。汚れた床を拭きたい衝動に、後ろ髪を引かれつつまずは子どもにごはんを食べさせて…。

気が付いたらパパも帰宅し、「お腹すいた」と一言。床を拭く暇なく、パパのご飯の用意へ。

夕飯の食器を下げにキッチンにきたときには…ケチャップは乾いて床にこびりつき、しつこい汚れに変身。こぼした直後なら、サッと拭けば済むものの、子どもがいるとそうもいかないのんですよね。

そんなガンコなこびりついた汚れに最適なのがウェットモップモード

水色の専用パッドを装着すると、ジェットスプレーで水を噴きつけて汚れを浮かび上がらせます。同じ場所を中央、両サイドと3回念入りにY字に動いて汚れをしっかり拭き取り。こびりついた汚れもスッキリこすり落とします。

ヘッド部分のパッドには洗浄剤がふくまれており、時間が経ってしまった食べこぼしやこぼれた飲み物のベタつきも、キレイさっぱりと拭き取ってくれるんです!

障害物を感知して動くので、壁や家具、ラグなどに水を噴きつけることはありません。

しっかり汚れが落ちるワケ

出典 http://lo.ameba.jp

クリーニングヘッドを振動させながら拭き取るから、床にこびりつた油汚れもきれいサッパリ!まさに手で拭いた時のように、ゴシゴシ拭き取るといった様子。

2. 牛乳をうっかりこぼしても、もう平気!

出典zeljkodan/Shutterstock.com

朝起きて、パパを送り出し、一通りの家事を終わらせて小休止モードのママ。

子どもと一緒におやつタイムといきましょう。大好きなボーロと牛乳で、子どもの機嫌も上々!はしゃいで一緒に歌っていたら、テンション上がりすぎた子どもの手が牛乳にあたり…放物線を描いた牛乳カップは床へ。

バシャッ!


子どもの顔はみるみる歪んで…大・号・泣!こぼれた牛乳カップをテーブルに戻したら、とりあえず、子どもを泣き止ませることが優先タスク!

優雅なおやつタイムは、一転、修羅場へと変わり。泣き疲れて寝た子どもに、ホッとしてダイニングに戻ると床には白い“楽しい時間の跡”が。

そんな時はダンプスウィープモードがとても便利!

ジェットスプレーの水量が少なめの“ダンプスウィープモード”は日常的な汚れやホコリを手早くにキレイにしたいときにオススメです。

クリーニングヘッドを振動させながら同じ場所を、直線的に2度拭き
することにより、日常的な汚れやホコリをキレイに拭き取ります。

3. から拭きで気になる部屋のホコリにも

出典Nazarova Mariia/Shutterstock.com

祖父母から新しくもらったオモチャで子どもが、機嫌よく遊んでいます。今のうちに、ママは洗濯やお皿洗いなどできるだけタスクを済ませておきたいところ。

すると子どもが転がしていたオモチャが、ママの足元に転がってきます。オモチャを拾い上げたママが、子どもにオモチャを渡そうとしゃがんで見てビックリ!!

キレイに見えていたフローリングですが、近づいてみると細かいホコリがいっぱい。床に転がって遊ぶ子どもを見て、ママは慌てて床掃除をすることに。

そんな細かいホコリにはドライスウィープモードが最適。

使い捨てタイプのから拭き用パッドで床を拭きながら、ホコリや汚れ、ペットの毛などからめ取ります。

このようにブラーバ ジェット240はただ床を拭くだけではなく、汚れや用途に応じて3種類の清掃モードがありどんなシチュエーションにも対応できるのです。

ママが困ったときに床を掃除してくれるマシンが家に1台あれば、ママの心にもゆとりが出来てストレスもかなり軽減されそうですね。

また他にも、忙しいママにとって嬉しいポイントがあります。

他にも忙しいママにとって嬉しいポイントが♥

Point①
ブラーバの大きな特徴はとてもコンパクトであるということ。幅178mm×奥行170mm×高さ84mmと片手に乗るくらいのサイズです。

そのコンパクトなボディと正確なナビゲーションシステム「iAdapt 2.0」によって、家具のすき間や狭いスペースにも入り込み、規則正しい清掃パターンで、お部屋のすみずみまで自動でキレイにしてくれます。

置き場所にも困らず、ママが見落としがちなところまで掃除してくれるなんて賢くて便利ですよね。

Point②
また、手が汚れない所も魅力的です。拭き掃除が終わった後のクリーニングパッドの取り外しは、ボタンひとつでOK。使用済みの汚れたパッドに触れる事なく、そのままゴミ箱に捨てられるので、ママの手を汚すこともありません。

Point③
音が気にならないなので、たとえばお昼寝中の子どもが居ても起こすことなく掃除ができて、ママも安心です。

Point④
価格も29,880円(税抜・公式ストア価格)と買いやすい価格帯なのも魅力的!毎日の床の拭き掃除を任せられて、このお値段はとってもお得ですよね。

ブラーバ ジェットでハッピーな子育てを

出典Dubova/Shutterstock.com

素足で歩くのが好きな子どもたちには、きれいな床で過ごして欲しいもの。水拭きをすることで、普段の掃除機掛けでは取りきれなかった汚れが取れるのは、家族にとって嬉しいこと。

だけど、育児や家事、その上水拭き掃除まで、すべてを一人で完璧にしようとすると、どうしても無理が出てきてしまいますよね。タスクに追われて、ママが笑顔を無くしては、意味がありません。

余裕のあるママは、頼り上手なママ。床の拭き掃除はブラーバ ジェット240に頼って、素足で歩いたり寝ころんでも安心、快適な子育てライフを送ってくださいね。そして、子どもとハッピーな時間を少しでも多く過ごしてみませんか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス