あなたの学校には制服はあった?

Licensed by gettyimages ®

日本は、欧米と比べて組織性・保守性を特徴とする国であるために、学校には制服を着て通学するように定めている所も少なくはないですよね。あなたも、学生時代は制服で通っていましたか?

欧米では個性を主張することを主とし、枠組みの中にはめてカテゴライズすることを嫌がります。だから制服を着用しなければならない学校というのは、日本と比べるとそう多くはありません。

個性の追求が欧米主義であるのは日本と対照的なところですが、だからといって学校にどんな服を着て通ってもかまわないのかというと、そうではないのです。筆者が時折耳にするのは「校則による差別」です。

私服であっても一応のルールがあるという学校では、「学校に行くのに適している服装かどうか」というところが問題となってきます。では、その「適している」私服とはどんなものなのでしょうか。

それは…肌の露出が少ない服装

夏なので、日本でも肌を露出したスタイルをしている女性を見かけるかと思います。ただ、日本の場合は、社会生活においての組織意識が強いために肌を露出した服装と言ってもかなり控えめ。欧米の女性がしているような「涼し気な格好」をそのまま日本ですると「みっともない」「露出し過ぎ」という声が寄せられてしまうことも。

でも、この「露出が多い」服装は『誰にとってそうなのか』というところが問題になってくるわけです。個人を尊重する国でありながらも、実は露出度の高い服を着た女性を「性的な対象」にしか見ていないのではと、一部の女子学生たちは語りました。

去年、カナダのトロントのある学校でデモが行われた

カナダ、トロント在住の一人の生徒が、タンクトップに穴あきジーンズを履いて登校したところ、学校側に「不適切」と判断され家に帰されるという出来事が起こりました。最近、日本でも流行っているクロップドトップスは身丈をウエストや胸の下あたりで切り落としたトップなために、ちょうどおへそが見えるような恰好になってしまいます。

そのような服装も学校には不適切だと言われます。胸を隠しているだけのチューブトップはもっての外、本人がどれだけ自分にとって着心地のいい服を選んだとしても、周りには性的な目でしか捉えられないというのは「性差別だ」ということで、女子生徒たちが全員クロップドトップスを来てデモを行いました。

学校はあくまでも勉強に勤しむ場所。だから目立たない服装をするのは当たり前ではないかという理論も理解はできます。ただ、服装はあくまでも個人の自由であり、肌見せをしていても、それだけに焦点を当てて女性を性的に見ているという社会に問題があるのではないでしょうか。これは「公共の場で授乳をするママ」に共通していえることではないかと思います。

「学校のドレスコード(服装規定)は、女性の体は性的だから隠さなければならないと言っているみたい。着心地がいい服をという割には、自分の着たい服が着られないわ。私は性的に見せようとして露出のある服を着ているんじゃないわ。周り(男子や教師)に刺激が強すぎるというなら、女性に注意するよりも、女性を性的対象にしか見られずに差別意識を持っている彼らをもっと注意するべきじゃないかしら。」

まして、女性が肌を見せているからといって、挑発的な服装をしているためにレイプされても仕方がないという考えは言語道断だとも女性たちは反論しています。

#croptoptodayで団結力を見せつけた女子学生

ツイッターの「#croptopday」では、多くの女子学生のクロップドトップス姿が投稿されています。学校によっては「リスペクトされる服装」と、そのルールを謳っている所もありますが、その服装をしている女性をリスペクトせずに、どうして社会の意識だけをリスペクトしなければいけないのでしょうか。そう考えると、やはり女性を性的対象に見ている社会に問題があるという気が否めません。

女性が公共の場では全体を覆い隠さなければならないという宗教の国もあり、それは本人がその宗教をリスペクトしていて、その服装で心地いいという思いがあるのでしょう。

でもトロントの女子学生にとれば、「この夏の暑い時に、気に入った涼し気な格好をして何が悪いの」と言ったところなのでしょう。「着ていて心地いいんだから誰に何を言われる筋合いもないわ」と…。

学校が、勉学をするための場所だということは理解できますが、ファッションスタイルに関係なく、生徒が学校で真摯に勉学に励んでいるのなら、周りが肌見せを大げさに問題視すること自体が間違っているのではないでしょうか。自分の身体に自信を持ち、肯定的に生きている人の権利をリスペクトすることは学校側にも必要といえるのではないかと思うのですが、みなさんはどう思いますか?

「認めること」の大切さ。それが世間での批判を減少させることにも繋がっていくのではないかと筆者は思っています。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス