記事提供:いいモノ調査隊

本やノートに書かれている重要事項やチェックしたいトコロなどは、とりあえず付箋を貼ってわかるようにしておきます。

最近は凝ったきれいなデザインのものから、思わずクスっと笑ってしまいそうなユニークなものまで、さまざまな付箋が登場していますね。筆者もいくつかご紹介してきましたが、今回のものは従来の付箋とはちょっと違うコンセプトです。

出典 http://kakaku.com

とりあえず4種類を購入してみました。

今回ご紹介するのは、kamiterior(カミテリア)の「POPit(ポピット)」というもの。特徴は、透明シールに印刷されたマークが折り目にそって立ち上がり、マークが宙に浮いているように見えること。そのため、貼った場所がすぐに目に入ってきます。

なお、デザインは全部で8種類。今回は、ピン、ヤジルシ、ハテナ、バンザイを購入しましたが、ほかには、ガイド、エンピツ、ユビサシ、ケッテイがあります。

1セット10枚入り。2種類のデザインで色の違うものが各5枚ずつ入っています。

持ち運びに便利なように、透明で丈夫なケースに入っています。

ケースから剥がして…。

貼るだけです。

剥がして…。

ほかのところに貼ることもできます。

ページを開くとこのようにマークが立ち上がるので、とても見やすいですね。

ページを開くたびにポピットが立ち上がり、さらにマークの影で宙に浮いているように見えて、貼ったところが目に飛び込んできます。シールが透明なので、貼った周囲が隠れてしまわないのも便利です。

透明なので、こんなふうに地図上に貼っておくのもいいかも!

実際に使ってみると、確かに貼ったトコロにすぐに目がいきます。これなら、事前にチェックしておいた重要な場所や、相手に注目してほしいところがひと目でわかりますね。仕事や勉強で使うのはもちろんですが、地図との相性もよさそう。

筆者は次回の旅行で、行きたいレストランやチェックした施設などに「POPit(ポピット)」を貼ったガイドブックを持参することにいたしました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス