・オリンピックのアイドル!

Licensed by gettyimages ®

8月8日に行われたリオデジャネイロ・オリンピックの競泳女子100メートル背泳ぎである人に注目が集まっています。

・あの選手がかわいすぎる!

Licensed by gettyimages ®

結果は、ハンガリーのカティンカ・ホッスー 選手が金メダルをゲット。 銀メダルにはアメリカのキャスリン・ベーカー 選手が、そして銅メダルには二人とも同タイムであったカナダのカイリー・マッセ選手と中国の傅園慧(Fu Yuanhui)選手が獲得しました。

どの選手も美人で笑顔が素敵ですが、この中でひときわ注目を集めることになった選手がいました。

・傅園慧選手がかわいい

Licensed by gettyimages ®

世界中で一躍人気者になったのは銅メダリストの傅園慧選手!笑顔がまぶしい彼女、彼女が注目されることになった理由はそのキャラクターにありました。

彼女は1996年生まれの競泳の中国代表選手です。2015年8月6日にロシアで開催された水泳世界選手権競泳女子50メートル背泳ぎにて金メダルを取得している実力の持ち主です。

・準決勝で「もう大満足!」発言

そんな彼女はリオ・五輪の100m背負泳ぎ準決勝の準決勝後、メディアからインタビューを受けることになりました。
すると、豊かな表情でとても前向きで元気いっぱいの言葉を次々と発言したのです。

・自分のタイムに対しては…
58秒95?59秒かと思った!私そんなに速かったの?大満足!

・まだ準決勝という事で余裕だったのではないかと聞かれると…
余裕なんてない。もう十分に力を出し尽くしました!

・明日の決勝に期待することはと聞かれると…
何もない!もう大満足!

・かわいすぎてネットアイドル化!

このインタビューがきっかけで傅選手は人気者に!中国ではかわいすぎるとアイドル並みの人気に、また他の国でも注目を集めることになりました。これまで中国の選手は「練習を重ねてメダルを取るためのロボット」といったイメージが強かったようで、このような表情豊かな選手が中国にいることが世界からは驚きだったようです。

・いつも明るい傅選手

彼女が天真爛漫なのはインタビュー時だけではありません。どの試合に出ても、どの場面でも明るくきさくで豊かな表情を見せてくれます。表彰台でも満面の笑みでピースです。
この素直な表情に人々は魅了されるのですね。

・その時のインタビュー動画がこちら

出典 YouTube

中国語でしゃべっていますが、言葉が分からなくても表情だけで引き込まれてしまいます。
他にも普段の姿からもおもしろい行動が目立ち、動画で紹介されています。
ずれた水着を直そうとしたところ、パチンッと脇の下あたりをはじいてしまい全力で「いたい!」と顔をしかめる姿などが紹介されています。

・競技中も感情表現が豊か

Licensed by gettyimages ®

競技中も自分の感情を全力で表現していますね!普段はキュートな感じですが、こちらの写真は勇ましいです。

・日本でも人気に

日本でもSNSを中心に傅選手が話題になっています。とてもキュートですよね!

・めっちゃ笑える天然キャラ

実力があるだけでなくその性格も魅力的な選手です。

・決勝戦後にタブー発言!?

Licensed by gettyimages ®

天然キャラで愛くるしい傅選手ですが、銅メダルが確定した決勝戦後のインタビューでも驚きの発言をされました。

銅メダルという結果についてどう思うか記者に聞かれると…
「今日の泳ぎはよくなかった。チームメイトに申し訳ないです。お腹がとても痛くて。昨日、生理になって…。力が出なかったの。とてもだるい。でもこのせいじゃないの。私の泳ぎが悪かっただけ」

・各国のメディアで取り上げられることに

この発言が波紋を呼び、各国のメディアでとりあげられることになりました。

・毎月やってくる生理は女性のスポーツ選手にとっての悩み

Licensed by gettyimages ®

生理(月経)は健康な女性であれば毎月やってきます。5日ほど続き、その間は体がだるくなったり腹部に痛みを感じたりして体調が悪くなる方も少なくありません。一分一秒を争うスポーツの世界で生理が来てしまったらタイムに響きかねません。ましてや、世界の舞台であるオリンピック中に…と想像すると大変ですね。

・スポーツ選手にとって生理はタブーだった

Licensed by gettyimages ®

これまで、女性のアスリートが生理について発言することはタブーでした。男性にはない女性特有の悩み、デリケートな事なので言い出しにくいのです。生理の辛さは体験した人にしかわからないものですから、男性の中には「負けたときの言い訳」という風にとらえる方もいらっしゃるかもしれません。監督も男性が多いため言い出しにくかったところがあるかと思います。

・選手たちはどうしているのか

Licensed by gettyimages ®

実際生理が来た場合はタンポンを使用し競技に参加する方もいらっしゃいます。しかし、これでは腹部の痛みなどは解消はされません。
ですので、ピルを飲んで生理が来るのを止めるという選手も少なくないのです。

・生理が来てしまうとパフォーマンスが落ちる

女性の身体はデリケートなモノです。生理周期によって体調が左右されてしまうのはしかたありません。しかし、勝負の世界は厳しいモノです。生理が来るのをピルで抑止したいと思う気持ちが出てくるのも仕方ない事でしょう。

・女性アスリートの苦労を実感

世界中で話題となった傅選手のこの発言。今まで女性のスポーツ選手が抱えていた悩みを多くの人が実感した瞬間でした。

・とても生々しい。でも、とても意味のある発言。

世界はもちろん日本でもネットを中心に傅選手の発言に反響が寄せられています。
女性選手の体への負担の大きさ、それを言えない選手が多いんだなという事について改めて考えさせられました。

・その時のインタビュー動画がこちら

出典 YouTube

辛そうな表情で率直に試合後の感想を述べる傅選手。飾らない姿に好感を覚えます。

・傅選手の人気が止まらない!

そんな彼女にファンが急増!傅選手を応援したくてたまらない人でネットは溢れかえっています。

・「オリンピックを彩る最高の表情」の選手

傅選手を見るだけで心が和んで元気をもらえてしまう!そんな彼女に世界中が釘付けです。

・みんなを笑顔にさせる力

傅選手もそうですが、スポーツ選手の一生懸命な姿をみると本当に元気をもらえますよね!

・人気過ぎてキャラクター化

人気過ぎてファンで自作のイラストを描く方が出現しました。

・こちらも

似てる!とっても可愛いですね♪

・いかがでしたか。

Licensed by gettyimages ®

生理についての発言には驚かされましたが、傅選手が何を考えているのか、どういう気持ちで競技に挑んだのかがストレートに伝わってきましたね。
そんな正直者で愛らしい傅選手、ファンになり応援したくなった人も多いのではないでしょうか。彼女の今後の活躍にも期待です。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス