記事提供:TABIZINE

島国に住んでいると、自分たちの生活が普通だと思ってしまいますよね。不意に外の国の人から「なんだそれ?」「すごい!」などと指摘されて、「え、普通じゃないの?」と驚いてしまう瞬間も少なくありません。

そこで今回は筆者の友人であるロシア人たちに、日本に来て驚いたことを聞いてみました。話を聞いた友人たちは主に極東に住む人たち。サンプル数が少ない上に地域的にも偏っていますので、ロシア人全体の意見にはなっていない可能性も・・・。

それでも興味深いコメントが集まりましたので、特にユニークだった意見を紹介したいと思います。

1:日本人は若い男が頼りない

最初は日本人の若者について。物まねタレントとしてロシア各地のナイトクラブを回っている30代前半の男性らによれば、日本の若い男は頼りなく見えるそう。

奇麗な女の子を見かけても、もじもじして声を掛けないし、体の線も細くて、いつも静かで残念な感じがすると語っていました。

「それは思い違いだろ」と静かに抗議してみると、「ならば日本人はライフルを撃てるか?」と聞かれ、言葉を失ってしまいました。

ロシアは徴兵制があるため、男子であればライフルを撃てるのだとか。“頼りがい”の次元が、ちょっと違っているようです・・・。

2:宇宙から見ると国土が隅々まで発展している

夜の日本を宇宙から見ると、国土の隅々まで光が行き届いていると分かります。各地に道路が通り、町が発展し、車が行き交っているからですね。しかしロシアを宇宙から見ると、広大な国土のほとんどが真っ暗闇。極東などはまさに暗黒地帯です。

国土の広さが比較になりませんが、隅々まで開発された日本の発展ぶりに驚きと、尊敬を覚えるみたいですよ。また、日本は建物から道路、ガードレールに至るまで、全てが奇麗だというコメントもありました。

3:日本人は国と自国の通貨を信用している

「日本人は国を信用している。でもロシア人は国と自国の通貨を信用していない」と、少なくないロシア人が口をそろえて言っていました。

ロシア人は20世紀の終わりにハイパーインフレを経験しているため、自国の通貨(ルーブル)を心の底では信用していないのだとか。

話を聞いた人の中には、自国の通貨でなく、米ドルを貯蓄している人も普通に居ました。あるいはインタビューをしたロシア人たちの多くが、政治の中心であるモスクワから9,000km近く離れた場所で生まれ育ったからかもしれません。

しかし、農奴の時代は遠い昔でも、ロシア革命からソ連の誕生と崩壊、そして現在のロシア連邦へと移り変わっていく中で、国にはさんざんな目に遭わされてきたのだとか。

中には物価が数年で1,800倍になり手持ちのお金が紙くずになったとき、壁紙を食べて飢えをしのいだという人も・・・。その意味で、国を基本的に信用している日本人に、どこか違いを感じると言っていました。

以上、ロシア人が驚く日本人との違いをまとめましたが、いかがでしたか?

もしも身の回りにロシア人の友人が居たら、あるいはこれからロシア人と出会ったときには、真偽のほどを確かめてみてくださいね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス