8月16日、リオ五輪・競歩イギリス代表のトム・ボスワース(Tom Bosworth)選手が、リオデジャネイロのビーチでボーイフレンドにプロポーズしたとTwitterで報告しました。

自身の世界ランキング37位を大きく更新して見事6位入賞を果たしたトム・ボスワース選手。

ボーイフレンドのハリー・ダインリー(Harry Dineley)さんの答えは、もちろん「イエス」
リオ五輪が2人にとって更なる素晴らしい人生のスタートとなりました。

「愛は勝つって証明したかった」

8月8日には、女子7人制ラグビーの表彰式直後にブラジル代表のイザドラ・セルーロ選手が、大会関係者で交際相手のマルジョリエ・エンヤさんから、公開プロポーズされるというサプライズも。

「彼女が代表入りしたと知ってすぐ、これを特別なものにしなければと思いました」とプロポーズしたエンヤさんはBBCのインタビューに答えました。「ラグビー関係者はすばらしい人たちですから、絶対に受け入れてくれると信じていました。」

ブラジルでは、2013年に最高裁判決で同性婚が認められました。しかし残念ながら、未だなお同性愛者が殺害されるなどのヘイトクライム(憎悪犯罪)も他国に比べて多く、根強いLGBTへの差別があります。2011年〜2015年の4年間で500人以上のトランスジェンダーが殺害され、2016年に入って最初の26日だけで、57人もの殺人事件が報告されています。そんな中、このリオ五輪での公開プロポーズは大きな意味を持ちました。

「私は愛は勝つって証明したかったんです」

今回のリオ五輪では、LGBTIを公にカミングアウトしている人は、2016年8月18日現在で過去五輪最多の50名。競技後のカミングアウトも多く増え続けています。また他にも、コーチ3名、パラリンピックの選手も数名がカミングアウトしています。

この流れには、リオ五輪組織委員会の大きな働きがありました。

ソチ五輪では抗議のカミングアウトも

前回の2014年のソチ五輪では、2013年6月に成立した反同性愛法も含め、ロシアの同性愛規制への抗議で欧米各国の首脳が開会式への出席を見送りました。また、選手達の中にも抗議の意味を込めてカミングアウトした人もいました。

Licensed by gettyimages ®

フリースタイルスキー米国代表として銀メダルを獲得したガス・ケンワーシー(Gus Kenworthy)選手もその一人。

ゲイであるからといって、僕がどんな人間か決まるわけじゃない。僕を定義づけているのは、僕が母にいつも言われていたこと――どんな人にも尊敬をもって接し、いつも努力家であり親切であること。それが僕という人間なんだ」

出典 http://taranofsdiary.jugem.jp

2010年のバンクーバー五輪では世界で初めてLGBTアスリートの為の「プライドハウス」が開設され、2012年に開催されたロンドン五輪では更にGBT支援の姿勢を積極的に打ち出してきました。しかし、ソチ五輪でその改革の連鎖が断ち切られてしまったのです。

リオ五輪ではLGBTの権利を尊重・公式グッズも

「オリンピック憲章に性的指向による差別禁止を盛り込む」

2014年12月、国際オリンピック委員会は総会でこう決議しました。今回のリオ五輪ではもちろん「プライドハウス」は復活し、公式グッズのピンバッジやマグネットも作製、大会の公式ショップで販売しています。

この動きに伴いリオ五輪では、ロンドン五輪の23人の2倍にあたる50人もの選手たちがカミングアウトしています。

出典 https://www.instagram.com

松本薫選手が銅メダル獲得となった女子柔道57kg級で、開催国ブラジル最初の金メダルを獲得したラファエラ・シルバ(Rafaela Silva)選手。現在同棲中の3年越しのガールフレンドが、トレーニングからメンタルに至るまでのほぼ全てをサポートしてくれていると語りました。

「彼女は私が病気やそうでない時でも、私がどう感じているか知っていました」シルバ選手は語る。「私に必要であった全てをしれくれた。彼女はこの勝利(金メダル)におけるとても重要な存在です」

出典 http://genxy-net.com

Licensed by gettyimages ®

ソチ五輪開会前日に抗議のカミングアウトをしたフィンランド代表の水泳.アリ=ペッカ・リウッコネンフィンランド(Ari-Pekka Liukkonen)選手。

忘れようと思ったんだけど、高校生の時に、僕はこういう運命なんだって受け入れるようになった。時間はかかったし少しずつだけど、今僕はこうしている。やっと自分らしくいれるって最高に素晴らしい気分だよ

出典 http://secretbox.life

Licensed by gettyimages ®

女子サッカー、オーストラリア代表のミシェル・ヘイマン(Michelle Heyman)選手。

カミングアウトしたことで周りの反応が気になって仕方ないけど、やっと幸せになれた

出典 http://secretbox.life

Licensed by gettyimages ®

飛び込みブラジル代表イアン・マトス(Ian Matos)選手。

小さい頃から自分がゲイだって分かっていたんだ。そのセクシャリティとともに生きていかなきゃいけないことも

出典 http://secretbox.life

スポンサーがいなくなったりとキャリアに傷がつくのではないかと、カミングアウトすることを恐れていたけども、隠し通すという選択肢は一切なかった

出典 https://www.youtube.com

男子10mシンクロ高飛込で銅メダルを獲得したイギリス代表・トーマス・デーリー(homas Robert Daley)選手。パートナーの映画脚本家・ダスティン・ランス・ブラック(Dustin Lance Black)さんと昨年婚約しました。

『ある人と出会った時、僕の人生が大きく変わりました。それはとても僕を幸福に、そして安心にさせてくれ、すべてにおいて素晴らしい気分です。ある人というのは、男性です。そして今、最高に幸福です』

出典 https://www.youtube.com

Licensed by gettyimages ®

ボート・ニュージーランド代表ロビー・マンソン(Robbie Manson)選手。自分の体験が誰かの救いになればと、エッセイを綴りカミングアウトしました。

「ゲイの人たちをどこか見下していたんだ……自分がゲイなことも理解していたよ。だからそんな自分が嫌いだった」

出典 http://secretbox.life

それを受け入れゲイだってことを打ち明けると、ロビー選手の予想に反して、チームメイトの誰ひとりとして嫌悪を示すことなく、みんなサポートしてくれたのだそう。

Licensed by gettyimages ®

水泳・フランス代表のメラニー・エニク(Melanie Henique)選手。カミングアウト後の2015年、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の対象になって鼻を骨折するという被害にもあいました。

「フランスでは反LGBTの思想がはびこっていることに気付いているわ、残念ながら。それは人種差別よ。どんな形でも差別は良くない、そして咎められるべきだと思う」

出典 http://secretbox.life

Licensed by gettyimages ®

バスケットボール・カナダ代表エンジェル・マコートリー(Angel McCoughtr)選手。女性のパートナーと婚約したと発表しました。

「私たちは友人を失ったし、家族も動揺が隠せないみたい。宗教を冒涜しているって。でも、私が知っていることは、愛とは素晴らしい感情だということ」

出典 http://secretbox.life

Licensed by gettyimages ®

バスケットボール・米国代表エレーナ・デレ・ダン(Elena Delle Donne)選手。パートナーのアマンダ・クリフトン(Amanda Clifton)さんと婚約中であることを公表しました。

「女性と結婚することを明らかにしても、私の顔が変わるわけではありませんし、自分のイメージに影響することでもありません。ブランドイメージに影響するというのであれば、そのブランドの一部になる気はありません」

出典 http://www.afpbb.com

「この状況が素晴らしいのは、いつの日かこうした話題が騒がれなくなり、私たちも告白する必要がなくなるということです。事実を隠していれば、永遠にそのままです。世間は確実に変化しています」

出典 http://www.afpbb.com

また、リオ五輪では、トランスジェンダーの女性が聖火ランナーを務めました。

聖火リレーでは、ゲイカップルがキスした瞬間をカメラが捉え、世界に配信されました。

この功績を、東京五輪ではどうつないでゆくか。全てのアスリートたちが安心して競技に打ち込める、そんな環境作りを期待します。

こちらの記事もオススメです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス