記事提供:messy

あと約4カ月…。

SMAPの解散報道で揺れる日本列島。さすがに25年・四半世紀という長きに渡ってアイドル界をけん引してきたグループの解散ともなれば「僕ら、解散します」「あぁそうですか」と簡単に幕引きとはいかないものだ。

ましてそこに、あれやこれやと不穏な影を感じるとなればなおさらであろう。

公式な解散発表から3日経つが現時点ではメンバーの解散についての<声>は、事務所側からマスコミ各社に送られた解散発表の文書の中にある短いコメントのみ。あまりにも短すぎるその内容はとても彼らの本当の<声>であるとは思えない。

お盆休みの最中、そしてリオ・オリンピックについての報道がメインであるこの時期に、どさくさに紛れるように解散を発表したことは、ジャニーズ事務所の思惑なのだろうか。

事務所側は解散ではなく休養をすすめたが「一部のメンバーが解散を強く望んだ」ため、やむなく解散に至ったと伝えている。

詳細は事務所と親しい関係にあるスポーツ新聞がバンバン報じているが、それら情報では、8月9日にジャニー喜多川氏(84)と中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)が話し合いをし、

解散を強硬に主張する香取に草なぎと稲垣も同意、中居も頷くしかなかったという顛末が描かれた。

ちなみに木村拓哉(43)はその話し合いには不参加で、休暇をとり家族でハワイ滞在中だったという。

7月末に出た「女性セブン」(小学館)の『香取慎吾の乱』なる記事は、この解散劇を予告していたと言えるだろう。同記事では、香取が25周年記念コンサートの開催を拒み、木村との確執も他メンバー以上に深く修復不可能だということが書かれていた。

つまり、香取のせいでSMAPは解散に至った、という筋書きだ。

しかし、今年1月の独立・解散騒動に際して、ジャニーズ事務所側、つまりメリー喜多川氏(89)とその娘である藤島ジュリー景子氏(50)の横暴ぶり、そして木村拓哉が他メンバーと行動を別にしたことは明らかになっており、

ファンは事務所側のコメントを元にしたスポーツ紙や週刊誌のストーリーを鵜呑みにはできないだろう。

そんな中で、ファンが喜びの声をあげているのは、8月15日放送の『ワイドスクランブル』(テレビ朝日系)で、自らの言葉でコメントを述べた大下容子アナウンサー(46)の発言だ。

2001年から現在まで、実に15年も『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で香取と共演する大下アナウンサーの誠実なコメントはたしかに心を打つものがあった。

大下アナウンサーは「(解散が発表された14日)昨日、考えるたびに涙が出てしまいました」と一瞬声を詰まらせたあと、

「香取さんが決断されたとかというふうに伝えられて、そういう面もあるんでしょうが…」

「香取さんは本当にSMAPのことが大好きで、いろんなSMAPのことを考えていたのを存じ上げています」

「その香取さんがこの解散という結論を出されたことに、非常に不条理なものを感じます」

とコメントしたのだった。

前述の「年下組が休止ではなく解散を強く望んだ」という説について、香取と共にずっと仕事をしてきた彼女だからこそ、言っておきたいことがあり、それをメディアで伝えなければとの思いに駆られたものだろう。

さらに「(香取は)心で動く方だと思うんです。いま心が動かなくなってしまったのかな」と現在の香取の心境を推測するような発言も。

香取の気持ちを慮るコメントはすぐにSMAPファンの間で拡散され、彼女の発言に対して「慎吾がSMAPを愛してることを伝えてくれてありがとう」「大下さんのコメントには励まされました」などの声がネット上ではあふれている。

<心が動かなくなった>と表現された香取だが、15日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)は、収録時に解散が決定していたわけではないとしても、香取の無表情は視聴者が心配になってしまうほどだった。

「ビストロスマップ」のコーナー内では、司会の中居が笑顔をつくり、声を張り、懸命に番組を盛りたてようと努力する中、香取、そして草なぎの能面のような表情は、観ているこちらまで緊張しまうほどに異様なものだった。

ある程度の事情を呑みこんでいるのだろうゲストの歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)も普段以上に明るく振る舞い、堅い空気をなんとかほぐそうと必死になっている様子が見てとれて、なぜかそんな片岡を「頑張れ」と応援したくなってしまったほどだ。

あのような状況で5人の活動を継続していっても、メンバーたちの心労が募ってしまうばかりか、番組スタッフやゲストも気持ちよくはいられない。もちろん視聴者を楽しませる番組づくりなど出来ない。彼らはそこまで追い込まれてしまったのだ。

はたしていま現在、SMAPメンバーはそれぞれなにを思っているのだろうか。稲垣がパーソナリティを務める文化放送ラジオ「稲垣五郎の『STOP THE SMAP』」の8月18日放送内では、稲垣が解散についてコメントすることが発表されている。

同番組は9月1日分まで収録済みであるが、ファンのためにあらためて収録したメッセージを番組冒頭で発表するようだ。

だが解散以降も全員がジャニーズ事務所に残る、もしくは移籍したとしても芸能活動を存続する意向なのであれば、きっと誰も、今回の騒動の真実を語ることはできないのだろう。

少なくとも<女帝>として誤った方向に権力を振るい続けるメリー喜多川氏がジャニーズ事務所を取り仕切っている限りはおそらく不可能だ。

休暇中の木村拓哉を追って、ジュリー氏とともにハワイ入りしたと伝えられているメリー氏。

1月から続く解散騒動で好感度を下げまくり、解散時の「無念。情けない」というコメントでいっそうファンの反感を買っている木村と、

騒動に際して暗躍したと見られている木村の妻・工藤静香(46)の元へ合流するとの情報を敢えてスポーツ紙に流した意図は何なのだろうか。

現状、<女帝>がどれだけ木村を寵愛しているかを見せつけることは、木村への批判を封じる意味を持つのだろうが、権勢もそう長く続くとは限らない。

マスコミだけをコントロールすれば視聴者もファンも喜んでついてくるような時代はとうに終わっているのだ。

これだけは間違いなく言えることだが、SMAPが解散を選ばざるを得なくなったのは、メンバーのワガママのせいではない。メリー氏自身は、どうしてもそのことを認めたくはないようだが、いい加減に目をそらさずに受け入れるべきである。

なぜ事務所のみならず日本のトップアイドルグループが(SMAPがトップであるということもメリー氏は認めていない。トップは近藤真彦という認識なのである)、このような理不尽な解散を迎えなければならなかったのか。

反省すべきは、個々のメンバーでも、元SMAPマネージャーでもなく、メリー喜多川氏であろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス